« 独断的映画感想文:悪人 | トップページ | 独断的映画感想文:笑う警官 »

2010/10/24

独断的映画感想文:番外 阿佐ヶ谷ジャズストリート

日記:2010年10月某日
今日と昨日は生まれ在所の東京・阿佐ヶ谷で,第16回目の阿佐ヶ谷ジャズストリートが開催された.Dscn0510
阿佐ヶ谷生まれのジャズピアニスト,山下洋輔が今年も村の鎮守ともいうべき神明宮能舞台で演奏をするので早速見に行く.天気は快方に向かっているらしいが,昼間から黒雲に覆われた怪しげな雰囲気,無事演奏が行われるかどきどきする.
案ずるより産むが易し,演奏は6時定刻通りにスタートした.早めに並んだおかげでかぶりつきまん真ん中の席をゲット.
山下洋輔N.Y.トリオは素晴らしい出来.この日のセッションは数づくしの様で,1曲目は名前のない曲で,テーマの途中の3連打が特徴である.各パートで繰り返される3連打の強調が印象的.こういう3連打をたたみかける構成が情感をどうしてこれほど刺激するのか.終盤に向け頭に血が上ってくる.終わって思わず拍手喝采.
次は「トリプルキャット」という山下家の3匹の猫に捧げた曲,猫踏んじゃったや子猫のワルツの断片がちりばめられた楽しい曲.
3曲目はマイナーのブルースコードのワルツで(3拍子)これもまだ無名の由.
4曲目は「スパイダー」という8拍のメロディを単位に構成される曲で,各パートの完全な単独パフォーマンスがあり各員思う存分の大暴れ.
最後は変則拍子でお馴染みの「クルディッシュダンス」.
3人の実力が素晴らしい水準で聞く方もついていくのが大変.しかし山下洋輔はもう68歳だと思うが,この新作を生み続け,しかもエモーショナルな作品をライブツアーで演奏し続けるエネルギーには感動する.
終わった後は歩いて5分の聖ペテロ教会へ移動,ここでは鈴木良雄のカルテットが演奏.ここの礼拝堂は音響効果が素晴らしく,ピアノ,ベースの響きが最高.
鈴木良雄のオリジナルをピアノの野力奏一がアレンジしたナンバーが美しく素晴らしい.この他はパーカッションとフルートという構成ながら,チームワークの良い演奏で楽しかった.
この後更に街を抜け駅前に戻ってジャズバー「クラヴィーア」へ.ここのマスターは小学校の先輩である.ここでは右近茂(ts)八木隆幸(p)大表秀具(b)のトリオがスタンダードナンバーを演奏.
特にピアノの八木隆幸が素晴らしい.リリカルでかつスピーディーな演奏を素晴らしいテクニックで弾きこなす.ここでも頭に血が上って拍手喝采.
生まれ育った勝手知ったる街並みを縫って,2日間に亘ってジャズを楽しんだこのジャズストリート.仕事の都合で来られないときもあるが今年は運良く堪能できた.
期間中は夕方までは区役所前や商店街でフリーライブが,公共施設や学校では有料ライブを開催,夕方から深夜にかけては阿佐ヶ谷の各ジャズバーはもとより,飲食店や喫茶店果ては串カツ屋蕎麦屋美容室までが会場となって一斉にライブを繰り広げる.これをご覧になったあなた,来年は是非阿佐ヶ谷においであれ.毎年10月第4週の金・土曜日が阿佐ヶ谷ジャズストリートです.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:悪人 | トップページ | 独断的映画感想文:笑う警官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/49837011

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:番外 阿佐ヶ谷ジャズストリート:

« 独断的映画感想文:悪人 | トップページ | 独断的映画感想文:笑う警官 »