« 番外:独断的歌舞伎感想文:新橋演舞場五月大歌舞伎(夜の部) | トップページ | 独断的映画感想文:マイ・バック・ページ »

2011/05/29

独断的映画感想文:ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う

日記:2011年5月某日
映画「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」を見る.1
監督: 石井隆.出演:竹中直人(紅次郎),佐藤寛子(加藤れん),東風万智子(安斎ちひろ),井上晴美(田中桃),宍戸錠(山神直樹),大竹しのぶ(加藤あゆみ),津田寛治.
冒頭,何事か叫びながら若い女性達に殴る蹴るの暴行を働く老人,殴られていた田中桃が包丁で老人を刺殺する.
戻ってきた母親を加え今度はこの死体を解体し始める3人.何とも凄惨なシーンで映画は始まる.
親子3人はポールダンスを披露する小さな酒場を経営しているが,その傍ら老人を色仕掛けで内縁関係に持ち込み,保険をかけて自殺を装った殺しで片付けるという荒っぽい家業.
死体を富士山麓の樹海で処理するが,れんは誤って老人のローレックスを一緒に捨ててしまう.
身元がばれる証拠になりかねないローレックスの回収を桃に責められ,れんは何でも代行屋の紅次郎を訪ね,ローレックスの回収を依頼.2
奇跡的にローレックスは回収されたが,れんは更に次郎に接近して,たえと云う女を探し出して欲しいと依頼する….
父との間に凄惨な過去を背負ったれんの,次郎を巡る愛と狂気を描いたサスペンス.前作の「ヌードの夜」は未見.
しかしこの監督の「天使のはらわた」シリーズ以来の何とも言えぬ濃密な雰囲気は,この作品にも残っているようだ.
物語は荒唐無稽だが,親子3人の女優陣の働きは大きい.
特に佐藤寛子の量感豊かなヌードの圧倒的な存在感は,この映画の殆ど全てと言って良い.3
最近の竹中直人は極めて苦手な俳優の一人だが,佐藤寛子のおかげか変な芝居に走らずエピローグまで無事に勤めたのは,有り難いことである.
★★★☆(★五個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 番外:独断的歌舞伎感想文:新橋演舞場五月大歌舞伎(夜の部) | トップページ | 独断的映画感想文:マイ・バック・ページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/51800974

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う:

« 番外:独断的歌舞伎感想文:新橋演舞場五月大歌舞伎(夜の部) | トップページ | 独断的映画感想文:マイ・バック・ページ »