« 独断的映画感想文:マイ・バック・ページ | トップページ | 独断的映画感想文:TAKESHIS’ »

2011/06/05

独断的映画感想文:エクスペンダブルズ

日記:2011年5月某日
映画「エクスペンダブルズ」を見る.1_2
2010.監督:シルヴェスター・スタローン.
出演:シルヴェスター・スタローン(バーニー・ロス),ジェイソン・ステイサム(リー・クリスマス),ジェット・リー(イン・ヤン),ミッキー・ローク(ツール),ドルフ・ラングレン(ガンナー・ヤンセン),エリック・ロバーツ(ジェームズ・モンロー),ランディ・クートゥア(トール・ロード),スティーヴ・オースティン(ダン・ペイン),デヴィッド・ザヤス(ガルザ将軍),ジゼル・イティエ(サンドラ),カリスマ・カーペンター(レイス),ゲイリー・ダニエルズ(ザ・ブリット),テリー・クルーズ(ヘイル・シーザー),ブルース・ウィリス(チャーチ),アーノルド・シュワルツェネッガー(トレンチ).
金で軍事行動を請け負うプロの傭兵集団「エクスペンダブルズ」.
海賊に乗っ取られた船を奪還する作戦も無事成功,ただしヤク中で暴走し,作戦を乱したガンナーはクビになってしまう.4
次の仕事は南米の島国ヴィレーナの独裁者,カルザ将軍の抹殺.早速偵察に出かけたバーニーとリーは,港の酒場で案内役のサンドラと落ち合うが,何と彼女は将軍の娘だった.
遭遇した軍のトラックと撃ち合いになり,これを全滅させた2人は港の飛行艇に飛び乗って脱出するが,同行を勧めたサンドラは島に残ると強硬に主張.帰還して背景を調べたバーニーは,事件の裏には資金源たる麻薬の利権を巡るCIA内部の抗争があると知る.
CIAの依頼は断るが,サンドラのため独自にヴェレーナに行こうとバーニーは決意するが,彼らをヴィレーナ側に雇われたガンナーが襲ってきた….
まあロートルのアクション俳優がこんだけ揃うというのも珍しい.ブルース・ウィリスやシュワちゃんは別撮りであろう,仕事依頼のシーンで会話を交わすだけで絡まないまま別れそのまんま.
ミッキー・ロークはそこそこ芝居はしていたが,アクションは無し(無理でしょうな).
結局現役ジェイソン・ステイサムがもっぱら活躍することに.5_2
後はもうとにかくぶっ殺すぶっ放すぶっ壊すのオンパレード.ワンパターンだが楽しい.
それと別に,飛行艇というものは素敵な乗り物ではないかという気がしたのも,この映画の感想の一つ.公式サイトによるとアルバトロス水陸両用機というのらしいが,どんな飛行機なのだろう?世界の何処にでも行けそうで楽しそうだが?
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:マイ・バック・ページ | トップページ | 独断的映画感想文:TAKESHIS’ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/51865946

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:エクスペンダブルズ:

« 独断的映画感想文:マイ・バック・ページ | トップページ | 独断的映画感想文:TAKESHIS’ »