« 番外:独断的歌舞伎感想文:新橋演舞場十月花形歌舞伎 當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん) | トップページ | 独断的映画感想文:エンディングノート »

2011/10/16

独断的映画感想文:小さな村の小さなダンサー

日記:2011年10月某日
映画「小さな村の小さなダンサー」を見る.5
2009年.監督:ブルース・ベレスフォード.
出演:ツァオ・チー(リー・ツンシン),ジョアン・チェン(リーの母親),ブルース・グリーンウッド(ベン),アマンダ・シュル(エリザベス),カイル・マクラクラン(フォスター弁護士),グオ・チャンウ(青年時代のリー),ホアン・ウェンビン(少年時代のリー),ジャック・トンプソン(判事ウッドロウ).
実在のバレー・ダンサー,リー・ツンシンの自伝をもとにした映画.
1961年,山東省の山村に生まれたリーは,1971年,毛沢東の文化政策により始められたバレー団育成にスカウトされ,北京舞踏学校に入学する.
リーは次第に頭角を現し,やがて北京舞踏学校を訪問したヒューストン・バレー団との交流で,1981年,3ヶ月間の研究生として訪米することになった.
ヒューストンでバレーの勉強を始めたリーは,初めて見る「資本主義社会」に瞠目する….
毛沢東とその文化大革命,その後の後継争いの政治闘争が吹き荒れる時代を背景に描く,バレーダンサーの数奇な運命である.6
この映画の印象は,誠実でまっとうな作り方と言えるだろう.
リーの生まれ故郷の両親の描写,北京舞踏学校での英才教育の様子,ぎごちなくも次第にアメリカ社会に慣れ親しんでいくリーの姿が過不足なく描かれる.
また,中国出身で現在英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとして活躍する主演のツァオ・チーのバレーシーンは実に素晴らしい.
バレーには門外漢の僕だが,舞台芸術の迫力というものを目の当たりにした感がある.
特に大詰めで,両親が見守る中での現代バレーのシーンには心を打たれた.
エリザベスとの微妙な関係等,敢えて踏み込んで描かない部分もあるが,映画の感動には影響しない.3
一見の価値あり.
但し,邦題には営業的偏りが感じられる.原題は「毛沢東最期のダンサー」といったところか.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 番外:独断的歌舞伎感想文:新橋演舞場十月花形歌舞伎 當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん) | トップページ | 独断的映画感想文:エンディングノート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/53007080

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:小さな村の小さなダンサー:

« 番外:独断的歌舞伎感想文:新橋演舞場十月花形歌舞伎 當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん) | トップページ | 独断的映画感想文:エンディングノート »