« 独断的映画感想文:大鹿村騒動記 | トップページ | 独断的映画感想文:再会の食卓 »

2012/04/01

番外:独断的歌舞伎感想文:六代目中村勘九郎襲名披露平成中村座 三月大歌舞伎

日記:2012年3月某日
歌舞伎「六代目中村勘九郎襲名披露平成中村座 三月大歌舞伎」を見る.
夜の部:「一、片岡十二集の内 傾城反魂香(けいせいはんごんこう)  土Nakamuraza201203b
佐将監閑居の場」.
配役:   浮世又平後に土佐又平光起(仁左衛門),土佐将監光信(亀 蔵),土佐修理之助(新 悟),狩野雅楽之助(猿 弥),又平女房おとく(勘三郎).
仁左衛門の魂を込めた演技に胸が熱くなる.
この役は台詞も満足にしゃべれない吃りの役である上,白塗りではない素の仁左衛門が演ずるのだが,素直に感動した.
女房役の勘三郎との絡みがまた宜しい.師匠・土佐将監の亀蔵も好き.
「二、六代目中村勘九郎襲名披露 口上(こうじょう)」.
勘太郎改め勘九郎,幹部俳優出演.新勘九郎を励まし期待する声と共に,歌舞伎を守り育てようという熱意が伝わってくる,中村座の口上であった.
「三、曽我綉侠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)  御所五郎蔵」
配役:御所五郎蔵(勘太郎改め勘九郎),星影土右衛門(海老蔵),傾城逢州(七之助),梶原平蔵(亀 蔵),新貝荒蔵(男女蔵),秩父重介(国 生),二宮太郎次(猿 弥),花形屋吾助(笹野高史),傾城皐月(扇 雀),甲屋与五郎(我 當).
この芝居は1年ぶり,前回は五郎蔵が菊五郎,傾城逢州は菊之助だった.
何と言ってもこの芝居は傾城逢州が哀れである.
それで五郎蔵はというと,これは格好の良い親分の様でいて,実は素寒貧のうえ頭が悪い.
しかし勘九郎が若々しく演じると,その圧倒的な美しさで,悲劇的運命に翻弄される五郎蔵の姿に涙を禁じ得ない.芝居というのは不思議なものである.
「四、元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」.
配役:元禄の衆(児太郎,虎之介,鶴 松,宜 生,国 生).宜生が愛らしく懸命に踊って可愛らしい.鶴松は達者,虎之助が女形らしくうまかった.なかなか見応えのある夜の部である.
さあ来月は「法界坊」だ.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:大鹿村騒動記 | トップページ | 独断的映画感想文:再会の食卓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/54367334

この記事へのトラックバック一覧です: 番外:独断的歌舞伎感想文:六代目中村勘九郎襲名披露平成中村座 三月大歌舞伎:

« 独断的映画感想文:大鹿村騒動記 | トップページ | 独断的映画感想文:再会の食卓 »