« 独断的映画感想文:阪急電車 片道15分の奇跡 | トップページ | 独断的映画感想文:ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル »

2012/05/26

独断的映画感想文:一枚のハガキ

日記:2012年5月某日
映画「一枚のハガキ」を見る.12
2010年.監督:新藤兼人.
出演:豊川悦司(松山啓太),大竹しのぶ(森川友子),六平直政(森川定造),大杉漣(泉屋吉五郎),柄本明(森川勇吉),倍賞美津子(森川チヨ),津川雅彦(松山啓太の伯父・利ヱ門),川上麻衣子(松山美江),絵沢萠子(利ヱ門の女房),大地泰仁(森川三平),渡辺大(下士官),麿赤兒(和尚).
森川定造は小作で妻と両親を養う貧農.
戦争末期に招集され,松山啓太と出会う.
二人のいた部隊は次の任地をくじで決めることになり,100名の内60名はフィリピンへ,30名は潜水艦乗りへ,10名は国内に留まることになる.
定造はフィリピンのくじに当たった.13
その妻友子は定造の死後,義父の指示で定造の弟三平と結婚するが,その三平も招集され戦死する.義父は失意の内に病に倒れ死亡,その葬儀を済ませた後,義母は自殺する.
一方松山啓太は国内に留まるくじに当たり,終戦後無事復員するが,招集中に妻と実父は大阪に駆け落ちしていた.
啓太は暫く無為に時を過ごしていたが,故郷を捨てブラジルに行くつもりで家と船を売り払う.荷物整理のさなか啓太は定造から預かった妻友子からのハガキを見つけ,友子を訪ねることにする….
これが物語の前半,後半は啓太と友子が出会い,どのような結末にいたるか.11
新藤監督の映画作りは誠に自在なもの,前半のややこしい状況の無理のない説明も達者であるが,後半の啓太と友子の物語も実に融通無碍な展開.ユーモア有り,感情の爆発有り,そして感動有り.
観客は,大竹しのぶとトヨエツの芝居を存分に楽しむだろう.
ところでこの映画には如何にもという悪人は出てこない.友子と啓太の物語は,戦争の愚かしさ・酷さを訴えて余りあるが,それではその戦争は誰が起こしたのか.
何時か僕たちは,ああ戦争はこの様にして起きるのか,と愕然と悟る時があるかも知れない.
100歳の監督は,そんなことにならないようにと,せっせと映画を撮り続けているのではあるまいか.
その迫力を感じて★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:阪急電車 片道15分の奇跡 | トップページ | 独断的映画感想文:ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/54806283

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:一枚のハガキ:

« 独断的映画感想文:阪急電車 片道15分の奇跡 | トップページ | 独断的映画感想文:ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル »