« 独断的映画感想文:かぞくのくに | トップページ | 独断的映画感想文:007 スカイフォール »

2013/04/21

独断的映画感想文:リンカーン/秘密の書

日記:2013年4月某日
映画「リンカーン/秘密の書」を見る.1
2012年.監督:ティムール・ベクマンベトフ.
出演:ベンジャミン・ウォーカー(エイブラハム・リンカーン),ドミニク・クーパー(ヘンリー・スタージス),アンソニー・マッキー(ウィル・ジョンソン),メアリー・エリザベス・ウィンステッド(メアリー・トッド・リンカーン),ルーファス・シーウェル(アダム),マートン・ソーカス(ジャック・バーツ),ジミ・シンプソン(ジョシュア・スピード).
リンカーンは幼いとき最愛の母を原因不明の病で失う.
弁護士を目指し法学を学ぶ彼は,ある夜その母の命を奪ったと目される男を襲うが,男は実はヴァンパイアで逆襲される.
危ういところを救ってくれたヘンリーという男は,ヴァンパイアと戦うハンターだった.リンカーンは彼についてヴァンパイア・ハンターとしての修行を積み,やがて銀の斧でヴァンパイアを殺しまくる活躍を始めるが….
まあとんでもない設定の映画ですね.4
目的の実現に暴力の使用を躊躇わないアメリカの,面目躍如という感じがする.逆に言えば日本人はリンカーンを理想主義の人と捉えすぎているのかも知れない.
まあ設定を一旦受け入れれば映画としては面白い.
プロットはまずまず,ヴァンパイア一統もそれなりに魅力(?)と存在感がある.
リンカーンが大統領となってからも斧を振い殺戮(映画としては,既に死んでいるヴァンパイアを殺すのは殺戮ではないという立場だが)を重ねるのは何だかなーと思うが,リンカーンがヴァンパイアを追って疾走する野生馬の背から背を跳んで追跡するシーンは面白かった.3
後には何にも残らないが,暇つぶしにはどうぞ,の B級映画.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:かぞくのくに | トップページ | 独断的映画感想文:007 スカイフォール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/57217333

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:リンカーン/秘密の書:

« 独断的映画感想文:かぞくのくに | トップページ | 独断的映画感想文:007 スカイフォール »