« 独断的映画感想文:別離 | トップページ | 独断的映画感想文:アウトレイジ ビヨンド »

2013/05/07

独断的映画感想文:SAFE/セイフ

日記:2013年5月某日
映画「SAFE/セイフ」を見る.Safe1
2012年.監督:ボアズ・イェーキン.
出演:ジェイソン・ステイサム(ルーク・ライト),キャサリン・チェン(メイ),ジェームズ・ホン(ハン・ジャオ),クリス・サランドン(トラメロ市長),ジョセフ・シコラ(ヴァシリー),ロバート・ジョン・バーク(ウルフ警部),レジー・リー(チャン・クワン),アンソン・マウント(アレックス・ローゼン),サンドール・テクシー(エミール).
冒頭,ロシア人マフィアのボスに脅されている中国人少女メイ.
彼女は数学の天才で記憶した数字は決して忘れない.それを知ったギャングのハンは彼女を拉致,コンピュータの代わりにあらゆる数字を覚えさせる為ニューヨークに送る.
ある時メイは長い数字列を記憶させられるが,その直後連れ出されたメイは今度はロシアマフィアに拉致されたのだった.メイは警察の手入れ騒ぎの隙に辛うじて脱出し,地下鉄の駅に逃げ込む.
一方,格闘家として金網リングでの対戦を日々繰り返すルークは,もとニューヨーク市警の特命刑事.
ところが組織ぐるみの賄賂取得に参加を拒んだため,クビになった過去を持つ.
ある日リングで八百長で負ける筈の相手が弱すぎ,うっかり病院送りにしてしまう.八百長に乗っていたロシアマフィアは多額の損失を出し,ルークの愛妻を殺した上,ルークが親しくなるものは全て殺すと宣言,ルークを監視して実際にそれを実行する.Safe2
追い詰められたルークはホームレスに身を落とし,遂には自殺しようと地下鉄ホームに立つが,そこでロシアマフィアに追われる中国少女を発見,彼女を救うために地下鉄に飛び乗る….
ジェイソン・ステイサムお得意のノンストップ・ハード・アクション.
中国人少女メイとルークがどのように出会うのかが判るまでのスリリングな展開,二人が逃亡しながら反撃に移る過程が,共に面白い.
メイの覚えた数字は何かを巡る謎をルークが解き明かし,中国マフィア・ロシアマフィア・汚職警官グループをそれぞれに利用しながら,情け無用とばかりにルークは死体の山を築いて逃亡していく.
ギャング達も何の躊躇もなく街中で銃撃戦を始める始末で,その描写は,爽快感さえ感じる.
メイは只の天才少女ではない,そのど根性も見もの.
血なまぐさい映画だが,面白い.Safe3
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:別離 | トップページ | 独断的映画感想文:アウトレイジ ビヨンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/57333823

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:SAFE/セイフ:

« 独断的映画感想文:別離 | トップページ | 独断的映画感想文:アウトレイジ ビヨンド »