« 独断的映画感想文:リンカーン | トップページ | 独断的映画感想文:マリーゴールド・ホテルで会いましょう »

2013/09/29

独断的映画感想文:LOOPER/ルーパー

日記:2013年9月某日
映画「LOOPER/ルーパー」を見る.Looper6
2012年.監督:ライアン・ジョンソン.
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ヤング・ジョー)、ブルース・ウィリス(オールド・ジョー)、エミリー・ブラント(サラ)、ポール・ダノ(セス)、ノア・セガン(キッド・ブルー)、パイパー・ペラーボ(スージー)、ジェフ・ダニエルズ(エイブ),ピアース・ガニォン(シド),シュイ・チン(オールド・ジョーの妻),ギャレット・ディラハント(ジェシー).
2044年.ジョーはルーパーとして稼いでいる.
ルーパーとは,30年後の未来世界からタイムマシンで送られてくる人間を処刑する殺人業務だ.未来世界ではタイムマシンが発明されていたが,使用は禁止され使うのはもっぱら非合法な悪事目的.この世界では殺人捜査は完璧なため,犯罪組織は標的を捕らえ,30年前に送り込んで抹殺するというシステムを考え出した.
犠牲者は拘束され決められた時刻・場所に出現,待ち構えたルーパーが即座に射殺し死体を始末する.犠牲者は背中に銀の延べ棒を貼り付けているので,これがルーパーの報酬となる.Looper2
時には金の延べ棒を貼り付けた犠牲者が現れるが,これは30年後のルーパー自身で,自身を射殺したルーパーは引退し,30年の余生を送ることになる.親友のセスは自身の射殺に失敗し,無残な最期を遂げた.
荒稼ぎしていたジョー,ところがある日処刑場所に送られてきたのは30年後の自分だった.しかもそのオールド・ジョーは拘束されていなかった.一瞬の隙を突かれ彼を取り逃がしたヤング・ジョーは,オールド・ジョーを射殺する以外に生き延びる道はない.一方オールド・ジョーはある標的を捜して30年前に舞い戻ったのだった….
タイムマシンと念動力を絡めた近未来SFものだが,複雑なプロットとど派手なアクション,更に母子の愛憎関係がテーマとされる印象深いドラマとなった.Looper3
以前は同一時空間内に同一人物がいてはならない等とタイムパラドックスの禁止事項がやかましく,それがプロットの制約となっていたが,今回の作品はそんなこたあお構いなし,物語優先で突っ走るのがいっそ気持ち良い.
またブルース・ウィリスが強いのなんのって,ヤング・ジョーが今ひとつひ弱な悪党なのに比べ,オールド・ジョーは一人で犯罪組織を全滅させてしまう迫力(組織が弱すぎるのか?),これも痛快なり.
テンポが速いのであれよあれよと見てしまうが,後で考えてなるほどと思い当たることが出てくるのも面白い(例えばヤング・セスが取り逃がしたオールド・セスの,悲惨な最期の恐ろしさ).Looper7
舞台となる2044年は何とも荒廃した世界で,先進科学の恩恵を受けられるのは全く一部の市民のみ.やたらどこにでも張ってある太陽光パネルと一部の情報機器以外は,一般人はむしろ現在より遅れた生活を強いられているようだ.これも物語の背景としてリアル感を醸成している.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:リンカーン | トップページ | 独断的映画感想文:マリーゴールド・ホテルで会いましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/58287335

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:LOOPER/ルーパー:

» LOOPER/ルーパー (試写会) [風に吹かれて]
愛は未来を救う公式サイト http://looper.gaga.ne.jp1月12日公開監督・脚本: ライアン・ジョンソン  「BRICK ブリック」タイムマシンが開発されたが、その使用が禁じられた近 [続きを読む]

受信: 2013/10/02 14:35

« 独断的映画感想文:リンカーン | トップページ | 独断的映画感想文:マリーゴールド・ホテルで会いましょう »