« 独断的映画感想文:映画 鈴木先生 | トップページ | 独断的映画感想文:テイク・ディス・ワルツ »

2013/10/20

独断的映画感想文:舟を編む

日記:2013年10月某日
映画「舟を編む」を見る.1_2
2013年.監督:石井裕也.
出演:松田龍平(馬締光也),宮崎あおい(林香具矢),オダギリジョー(西岡正志),黒木華(岸辺みどり),渡辺美佐子(タケ),池脇千鶴(三好麗美),鶴見辰吾(村越局長),宇野祥平(宮本慎一郎),又吉直樹(戸川),麻生久美子(ポスターの女優),伊佐山ひろ子(佐々木薫),八千草薫(松本千恵),小林薫(荒木公平),加藤剛(松本朋佑).
玄武書房では新しい辞書「大渡海」の編纂を開始している.
担当編集者の荒木は,自分の定年後の後任に社内の変わり者・馬締光也をスカウトする.営業は大の苦手,コミュニケーション能力に著しく欠ける馬締は,しかし下宿先の1階の殆どを書庫にしてもらっている程の本の虫,早速異動してきて,調子は良いが地味な辞書編集にはいまいち向かない先輩西岡,ベテランの女子契約社員佐々木と共に,主管・松本の指導の下,気の遠くなるような辞書編纂の仕事に取り組む.8
更に馬締は,下宿の小母さんと同居するようになったその姪・林香具矢に満月の夜に一目惚れしてしまう….
結局15年かかった「大渡海」の編纂と馬締・林のロマンスを描くほのぼの映画.
辞書編纂という地味な作業を気負うことなく淡々と,しかしテンポ良く描く監督の腕はなかなか素晴らしい.上映中観客席からは幾度も笑い声が上がったが,この映画の笑いは主に間の良さと間の外し方にある.
若いが達者な俳優からベテランまで(猫も含む),皆この呼吸が良く発揮されていて見応えがあった.
男性3人のキャラクターの配置も宜しい.
松田龍平は只のオタク社員から,ところを得てどんどん仕事に没頭し力強くなっていく,しかしやはり変わり者の編集者・馬締を好演.これに対する,辞書には向いていないが辞書作りがやはり好きで,営業的才覚で「大渡海」をサポートする西岡の対比が面白い.5_2
また,ベテラン加藤剛の,辞書の監修者で動かざること山の如き人物に見えて,用例採取のために女子高生の溜まり場に出没し「チョベリグ」等と書き留める老研究家が印象的.特にこの人の,深い暖かみのある台詞術は,実に聞き応えがある.
女優陣もいつも通りで素敵,安心して笑ったり涙ぐんだり最後まで楽しめる映画である.見て損はなし.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:映画 鈴木先生 | トップページ | 独断的映画感想文:テイク・ディス・ワルツ »

コメント

こんにちは。原作本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

投稿: 藍色 | 2015/10/06 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/58423452

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:舟を編む:

» 「舟を編む」三浦しをん [粋な提案]
玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。 20...... [続きを読む]

受信: 2015/10/06 15:56

« 独断的映画感想文:映画 鈴木先生 | トップページ | 独断的映画感想文:テイク・ディス・ワルツ »