« 独断的映画感想文:ホワイトハウス・ダウン | トップページ | 独断的映画感想文:旅立ちの島唄 ~十五の春~ »

2014/03/23

独断的映画感想文:はじまりのみち

日記:2014年3月某日
映画「はじまりのみち」を見る.7
2013年.監督:原恵一.音楽:富貴晴美.
出演:加瀬亮(木下惠介(正吉)),田中裕子(木下たま),ユースケ・サンタマリア(木下敏三),濱田岳(便利屋),斉木しげる(木下周吉),光石研(庄平),濱田マリ(こまん),山下リオ(木下作代),藤村聖子(木下芳子),松岡茉優(やゑ子),相楽樹(義子),宮崎あおい(学校の先生),大杉漣(松竹・城戸四郎).5松竹映画監督の木下惠介は,「陸軍」のラストシーンが軍官僚の不興を買い,企画が進行中だった次回作から降ろされる.
失意の木下は辞表を提出,浜松の実家に帰って脳溢血を療養中の母の介護に専念する.
しかし戦局の悪化で浜松にも危険が迫る.木下はリヤカー2台に母と荷物を積み込み,兄と便利屋の3人で山越えの疎開を試みるが….
木下惠介の監督としての再生と,母子の愛情を描く物語.
物語の背景には戦争という過酷で悪意に満ちた状況があるが,映画で描かれるのは周囲の人々の優しさ,母との絆,便利屋青年のしたたかで率直な真情等で,登場人物には悪人は誰も居ない.4
彼等との交流の中で再び映画作りに立ち上がろうとする木下の姿が,感動的である.観客としてはここで,木下青年に励ましの声援を送らないでは居られない.
また,映画中では「陸軍」の最終シーンが,ノーカットで収録されている.これにも涙を禁じ得ない.
劇中では他にも「カルメン故郷に帰る」「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」「楢山節考」等の木下作品が紹介されるが,改めて木下惠介監督の力を思わずに居られない.1
俳優では加瀬亮,濱田岳,田中裕子が素晴らしい.富貴晴美の音楽も出色の出来.見て損はなし.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ホワイトハウス・ダウン | トップページ | 独断的映画感想文:旅立ちの島唄 ~十五の春~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/59344555

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:はじまりのみち:

« 独断的映画感想文:ホワイトハウス・ダウン | トップページ | 独断的映画感想文:旅立ちの島唄 ~十五の春~ »