« 独断的映画感想文:鑑定士と顔のない依頼人 | トップページ | 独断的映画感想文:ウォルト・ディズニーの約束 »

2014/08/18

番外:独断的歌舞伎感想文 歌舞伎座八月納涼歌舞伎第1部第2部

日記:2014年8月16日
「八月納涼歌舞伎第1部第2部」を見る.Kabukiza_201408f
第一部:「一、恐怖時代(きょうふじだい)」出演:お銀の方(扇雀),磯貝伊織之介(七之助),茶道珍斎(勘九郎),細井玄沢(亀蔵),お由良(芝のぶ),氏家左衛門(橘太郎),梅野(萬次郎),春藤靱負(彌十郎),春藤釆女正(橋之助).
「二、龍虎(りゅうこ)」出演:龍(獅童),虎(巳之助).
第二部:「一、信州川中島合戦(しんしゅうかわなかじまがっせん)輝虎配膳」出演:長尾輝虎(橋之助),直江山城守(彌十郎),唐衣(児太郎),越路(萬次郎),お勝(扇雀).
「二、たぬき」出演:柏屋金兵衛(三津五郎)、太鼓持蝶作(勘九郎)、妾お染(七之助)、門木屋新三郎(秀調),松村屋才助(市蔵),倅梅吉(波野七緒八).隠亡平助(巳之助),芸者お駒(萬次郎),狭山三五郎(獅童),備後屋宗右衛門(彌十郎),女房おせき(扇雀).
「恐怖時代」は谷崎潤一郎原作の」暗愚な殿様のお家乗っ取りを謀る悪党一味の殺しの芝居.
中村柴のぶの凄惨な斬殺シーンが秀逸.萬次郎の梅野も味があった.橋之助の殿様はもうちょっと切れてても良かったのでは.茶坊主の勘九郎が剽軽な演技.
「たぬき」は大佛次郎原作の人情喜劇.
火葬場で生き返った商家の旦那,婿養子暮らしには戻れないと妾の家に密かに行くが,その妾も色男がいて戻ることは出来ない.隠し金を持って悄然と姿を消すが…という話.
三津五郎が,人生の機微を味わい尽くす旦那を演じて心に残る.チラシの配役には出ていないが,隠亡を演じる山左衞門がしみじみと味があって良い芝居.太鼓持の勘九郎が剽軽な演技.
七緒八君は「チャンだ,チャンだ」という台詞を立派に披露.この2つが面白かった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:鑑定士と顔のない依頼人 | トップページ | 独断的映画感想文:ウォルト・ディズニーの約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/60172746

この記事へのトラックバック一覧です: 番外:独断的歌舞伎感想文 歌舞伎座八月納涼歌舞伎第1部第2部:

« 独断的映画感想文:鑑定士と顔のない依頼人 | トップページ | 独断的映画感想文:ウォルト・ディズニーの約束 »