« 独断的映画感想文:居酒屋兆治 | トップページ | 独断的映画感想文:ホビット 竜に奪われた王国 »

2014/09/10

独断的映画感想文:鬼平犯科帳劇場版

日記:2014年9月某日
BSで映画「鬼平犯科帳劇場版」を見る.1
1995年.監督:小野田嘉幹.
出演:中村吉右衛門(長谷川平蔵),岩下志麻(荒神のお豊),藤田まこと(白子の菊右衛門),石橋蓮司(沖源蔵),多岐川裕美(久栄),東根作寿英(辰蔵),久我陽子(清),梶芽衣子(おまさ),蟹江敬三(小房の粂八),世良公則(狐火の勇五郎),本田博太郎(吉五郎),平泉成(百蔵),遠藤憲一(文吉),峰岸徹(蛇の平十),高橋悦史(佐嶋忠介),神山繁(秋元源蔵),中村歌昇(岡村啓次郎),勝野洋(酒井祐助),尾美としのり(木村忠吾),綿引勝彦(大滝の五郎蔵),藤巻潤(五鉄の三次郎),江戸家猫八(相模の彦十),道場六三郎(天ぷら屋の親父).
火付け盗賊改め方の長官として「鬼の平蔵」と呼ばれる長谷川平蔵.
ある時狐火と名乗る急ぎばたらきの盗賊が現れ,押し込み先を皆殺しにする凶行を働く.狐火の勇五郎は密偵おまさのかっての恋人だった.
勇五郎は決して非道はしないと知るおまさは,江戸の街で勇五郎を見かける.やがて勇五郎と会ったおまさはその腕に抱かれ….
鬼平犯科帳シリーズ最盛期でかつオリジナルメンバーでの劇場版映画.
今は亡き江戸家猫八,高橋悦史(この時点で既に病を得,声が出ていないのが痛ましい),藤田まことが懐かしい.
脚本は幾つかの原作から構成されたもので,いささかつぎはぎ感は否めない.
この映画はむしろ俳優を味わう映画で,梶芽衣子の出来は出色,密偵の身でありながら昔の男に体を預け,平蔵の信頼との板挟みになる役を良く演じている.吉右衛門,岩下志麻の台詞術も堪能できる.吉右衛門のおまさへの一喝,岩下志麻の白子の菊右衛門への啖呵は,聞き応えあり.
独断と偏愛で★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:居酒屋兆治 | トップページ | 独断的映画感想文:ホビット 竜に奪われた王国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/60295446

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:鬼平犯科帳劇場版:

« 独断的映画感想文:居酒屋兆治 | トップページ | 独断的映画感想文:ホビット 竜に奪われた王国 »