« 番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭 九月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 独断的映画感想文:とらわれて夏 »

2014/10/04

独断的映画感想文:ガンズ・アンド・ストレンジャー

日記:2014年9月某日
映画「ガンズ・アンド・ストレンジャー」を見る.1
2013年.監督:エドゥアルド・ロドリゲス.
出演:スコット・アドキンス(主人公),クリスチャン・スレイター(ウェスト),イヴェット・イエーツ(アナ),ソフィア・シスニエガ(フラカ).
砂漠の米国とメキシコの国境.車に乗った男が乗りつけ,トランクを開ける.中には傷ついたギャングが一人.主人公は金の入ったバッグを担ぐとギャングに自分の警察手帳を持たせ,車を爆破し国境を越える.
ところが国境の町フロンティアに来ると男は水1杯も売ってもらえない上,バッグを狙う美人のかっぱらいフラカに襲われる.2
男は酒場の女アナに頼み込みようやく水を得て寝場所を確保する.
ころがバッグの中身が金だと知ったアナはバッグを道に放り出し,すかさずバッグをかっぱらったフラカを追って男は街中を走り回る羽目になる.
やがて男はバッグを狙う街のギャング・保安官,彼を追ってきた刑事に追い詰められ万事休すと思えたが….
超人的能力を持つはぐれ刑事である主人公の大活劇映画.
周り中に水があるのに主人公が一滴の水も飲めない冒頭は,さながら不条理映画の趣があるが,要するにギャングが支配する街がよそ者を排除する仕掛けに飛び込んでしまったということ.3
中盤彼のバッグを狙って襲ってくるギャングとの大殺戮戦,転がり込んだ酒場のアナ(東千鶴そっくりですな.違うのはきっちり色っぽいことか)との濡れ場等,見どころは一杯.
もう駄目と思わせてそこを突破する主人公のしぶとさ,最後の最後で彼を助ける意外な人物等,映画的見どころは満載.4
テンポ良く明快で,主人公の魅力に富んだ快作.見て損はしません.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭 九月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 独断的映画感想文:とらわれて夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/60421904

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ガンズ・アンド・ストレンジャー:

« 番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭 九月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 独断的映画感想文:とらわれて夏 »