« 独断的映画感想文:私の男 | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 壽初春大歌舞伎 夜の部 »

2015/01/23

独断的映画感想文:二十四の瞳 デジタルリマスター版

日記:2015年1月某日
映画「二十四の瞳 デジタルリマスター版」を見る.Photo
1954年.監督:木下惠介.
出演:高峰秀子(大石久子),天本英世(大石久子の夫),夏川静江(久子の母),笠智衆(分教場の男先生),浦辺粂子(男先生の奥さん),明石潮(校長先生),高橋豊子(小林先生),小林十九二(松江の父),草香田鶴子(松江の母),清川虹子(よろずやのおかみ),高原駿雄(加部小ツルの父),浪花千栄子(飯屋のかみさん),田村高廣(岡田磯吉),三浦礼(竹下竹一),渡辺四郎(竹下竹一(本校時代)),戸井田康国(徳田吉次),大槻義一(森岡正),清水龍雄(相沢仁太),月丘夢路(香川マスノ),篠原都代子(西口ミサ子),井川邦子(川本松江),小林トシ子(山石早苗),永井美子(片桐コトエ).
小豆島の岬の分校に,師範学校出たての大石先生がおなご先生として赴任してくる.対岸から自転車に洋装で毎日出勤してくる彼女に地元の親たちは途惑うが,毎日歌を歌い楽しく学ぶ子供達は,大石先生が大好きになる.
ところがある日,大石先生は生徒の掘った落とし穴に落ちて大怪我をする….という壺井栄原作の物語.
昭和3年から21年にいたる,小豆島の12人の生徒達と大石先生の物語を描く.
冒頭の子供達が歌いながら道を歩いてくるシーンで,早くも涙腺がうるむ.バックの山の斜面に点々と墓標が建っているのが見えるからだ.
15年戦争直前から始まるこの物語は,戦争と貧困に翻弄される子供達の物語でもある.
赤ちゃんの誕生を待ち焦がれていた松江,しかし母は産褥で急死し,生まれた妹は乳がなく空しく死に,本人は高松に奉公に出される.
また18で大阪に奉公に出た片桐コトエは肺病にかかって暇を出され,実家の納屋で無念の病死をする.
5人の男子のうち3人は戦死,1名は戦傷で失明する.痛ましい物語である.
一方,この映画は全編子供達の歌で彩られた映画でもある.
七つの子,春の小川,汽車ぽっぽ,村の鍛冶屋,浜辺の歌等々,この映画の音楽は殆どがこれらの唱歌で,子供達の楽しい気持ち哀しい気持ちを,雄弁に物語る.
俳優もそれぞれに熱演,2時間半を超える長編だがあっという間に見た.
戦後映画の頂点を形づくる傑作の一つ.
★★★★☆(★5個で満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:私の男 | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 壽初春大歌舞伎 夜の部 »

コメント

This website was… how do you say it? Relevant!! Finally I’ve found something that helped me. Thanks!
Jaime http://maciedemmel.over-blog.com/2014/12/exercise-sessions-for-causes-of-plantar-fasciitis.html

投稿: Jaime | 2015/02/15 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/61020193

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:二十四の瞳 デジタルリマスター版:

« 独断的映画感想文:私の男 | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 壽初春大歌舞伎 夜の部 »