« 独断的映画感想文:ビッグ・リボウスキ | トップページ | 独断的映画感想文:浮雲 »

2015/04/24

独断的映画感想文:グランド・ブダペスト・ホテル

日記:2015年4月某日
映画「グランド・ブダペスト・ホテル」を見る.1
2013年.監督:ウェス・アンダーソン.
出演:レイフ・ファインズ(ムッシュ・グスタヴ・H),F・マーレイ・エイブラハム(ミスター・ゼロ・ムスタファ),エドワード・ノートン(ヘンケルス),マチュー・アマルリック(セルジュ・X),シアーシャ・ローナン(アガサ),エイドリアン・ブロディ(ドミトリー),ウィレム・デフォー(ジョプリング),レア・セドゥ(クロチルド),ジェフ・ゴールドブラム(代理人コヴァックス),ジェイソン・シュワルツマン(ムッシュ・ジャン),ジュード・ロウ(若き日の作家),ティルダ・スウィントン(マダムD),ハーヴェイ・カイテル(ルートヴィヒ),トム・ウィルキンソン(作家),ビル・マーレイ(ムッシュ・アイヴァン),オーウェン・ウィルソン(ムッシュ・チャック),トニー・レヴォロリ(若き日のゼロ).2
架空の国ズブロフスカの作家が書いた,素敵なホテルのコンシェルジュと部下のロビーボーイの物語.
時は1932年,ホテルの名コンシェルジュ・グスタヴはホテルの隅々にまで気を配り,客あしらいは良く,子供の遊び相手も有閑夫人の夜の相手もこなす人気者.助手としてロビーボーイのゼロを指導するがこちらもなかなかはしっこい少年.
ところが常連客のマダムDが自宅で不慮の死を遂げる.グスタヴとゼロが駆けつけるとマダムDは高価な名画をグスタヴに残したことが判明,相続人のドミトリーはグスタヴを殺人犯として告発する.3
グスタヴとゼロは,ドミトリーの殺し屋・ジョプリングの追及をかわしつつ,ゼロの恋人アガサや各地のホテルのコンシェルジュの応援を得て,真犯人を求めてヨーロッパ中を駆け巡るが….
おとぎ話の絵本の様な美しい画面で描かれる,ミステリーコメディ.無声映画時代の様なドタバタギャグや,ドキドキしない殺人シーンが快調なテンポで描かれる.
豪華な配役がコメディアン・コメディエンヌとして活躍するのも見応えあり.夢の様な100分間,但し背後には戦争の影もある.4
現代の女学生が作家の墓を訪ねるシーン,その作家が晩年に,若いとき聞いた話を作品にしたと物語るシーン,その作家の若いときに晩年のゼロから話を聞くシーンという冒頭の入れ子構造が,結末で逆向きに繰り返され墓の前の女学生で終わるという構成が,楽しい.5
映画らしい映画,見て損はなし.★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ビッグ・リボウスキ | トップページ | 独断的映画感想文:浮雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/61488740

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:グランド・ブダペスト・ホテル:

« 独断的映画感想文:ビッグ・リボウスキ | トップページ | 独断的映画感想文:浮雲 »