« 独断的映画感想文:味園ユニバース | トップページ | 独断的映画感想文:グランド・ブダペスト・ホテル »

2015/04/20

独断的映画感想文:ビッグ・リボウスキ

日記:2015年4月某日
映画「ビッグ・リボウスキ」を見る.Lebowski281
1998年.監督:ジョエル・コーエン.
出演:ジェフ・ブリッジス(ザ・デュード),ジョン・グッドマン(ウォルター・ソブチャック),ジュリアン・ムーア(モード・リボウスキ),スティーヴ・ブシェミ(ドニー),ピーター・ストーメア(ニヒリスト),サム・エリオット(ザ・ストレンジャー),ジョン・タートゥーロ(ジーザス・クィンタナ),デヴィッド・ハドルストン(ザ・ビッグ・リボウスキ),ベン・ギャザラ(ジャッキー・トリホーン).
仕事もないのに気楽に暮らしているジャフ・リボウスキ(通称デュード),ある晩2人組のチンピラに襲撃され妻の借金返済を迫られる.Lebowski30
妻のいないデュードは,同姓同名の金持ちザ・ビッグ・リボウスキと間違えられたと直感,彼の家に乗り込むがけんもほろろにあしらわれる.
ところが今度はリボウスキの方から頼み事があると連絡,妻が誘拐され100万ドルを出すよう脅迫されているという.犯人の顔を知っているデュードに金の受け渡し役を頼みたいというのだ.
デュードは報酬をあてに引き受けるが,彼の車に親友のウォルターが強引に乗り込んできたところから話は滅茶苦茶な様相を呈し始まる….
ウォルターはベトナム帰りのトラウマを持つ傲岸不遜,人の話は一切聞かず自分の主張を押し通す乱暴者.
デュードはウォルターとドニーの3人でボウリングのリーグ戦に参加しているが,そこでもウォルターはトラブルを繰り返す.Lebowski663
デュードにはリボウスキの娘で前衛芸術家のモードも接近,更に誘拐犯のニヒリストグループ,当初のチンピラ2人組,ポルノプロデューサー・トリホーン等怪しい人物が入れ替わり立ち替わりデュードを襲ったり呼び出したり,コーエン兄弟お馴染みの脱力系不条理コメディが展開される.
事件は一応解決を見るが,それと関係なくボウリング3人組は突然解散の憂き目を見,映画は唐突に終了していく.Lebowski920
コーエン兄弟という何とも言えない可笑しさの家元を味わうには,うってつけの映画.俳優も(特にジェフ・ブリッジス,ジョン・グッドマン)が見応えあり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:味園ユニバース | トップページ | 独断的映画感想文:グランド・ブダペスト・ホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/61470050

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ビッグ・リボウスキ:

« 独断的映画感想文:味園ユニバース | トップページ | 独断的映画感想文:グランド・ブダペスト・ホテル »