« 独断的映画感想文:フルートベール駅で | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 阿弖流為(アテルイ) »

2015/07/29

独断的映画感想文:GODZILLA ゴジラ

日記:2015年7月某日
映画「GODZILLA ゴジラ」を見る.Godzilla1
2014年.監督:ギャレス・エドワーズ.
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン(フォード・ブロディ),渡辺謙(芹沢猪四郎博士),エリザベス・オルセン(エル・ブロディ),ジュリエット・ビノシュ(サンドラ・ブロディ),サリー・ホーキンス(ヴィヴィアン・グレアム),CJ・アダムズ(フォード(少年時代)),カーソン・ボルデ(サム・ブロディ),デヴィッド・ストラザーン(ウィリアム・ステンツ司令長官),ブライアン・クランストン(ジョー・ブロディ).
1999年フィリピン,石炭鉱山の陥没現場から謎の古代生物の化石が見つかる.Godzilla3
調査に赴いた芹沢博士は,放射能をエネルギー源とする古代生物の一種と判断,化石と同時に見つかった卵の周辺からは,孵化した生物が海に向かった痕跡があった.
一方,富士山麓の雀路羅市の原発基地では,謎の震動と電磁パルスが炉を襲い,ついに原子炉の一基はメルトダウンする.周囲は立入禁止となったが,妻をメルトダウンで失ったジョー・ブロディは謎の振動の調査を続けていた.Godzilla2
15年後,成人したジョーの息子フォードは,父逮捕の知らせを受け日本に急行する.釈放されたジョーに懇願されフォードは共に立入禁止エリアに入るが,そこには汚染はなく,巨大な監視施設が建設されていた.
その中心にあった繭からついに古生物が誕生し,施設を崩壊させて飛び去っていった.太平洋を東に向かう古生物,それをゴジラとして知られる巨大怪獣が出現し追って行く.フォード,芹沢博士等は米空母に乗り込んでその後を追った….Godzilla4
先に生まれた古代生物ムートーは,サンフランシスコに上陸,雌のムートーと合流する.
ムートーは電子パルスを発射し,3キロ以内では停電が起きあらゆる電子兵器は使えない.アナログ兵器で立ち向かう人類はムートーに全く歯が立たない.
絶望的な闘いをなお続ける人類はどうなるのか.ムートーの繁殖を許せば,人類は間違いなく滅亡する….
物語の展開の面白さ,映像と音響の圧倒的な迫力,そのたたみかけがこの映画の比類のない魅力である.
ムートー攻撃に飛び立った空爆隊が,電磁パルスでコントロールを失い,なす術も無く墜落して高層ビルに激突する.それを呆然と仰ぎ見る市民達.Godzilla5
一方,山が動くようなゴジラの登場,荒ぶる神としか言いようのないゴジラの活動はどういう結果をもたらすのか.人類の無力さと圧倒的なゴジラの力の対比が,映画のクライマックスを劇的に盛り上げる.
映画らしい映画,見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:フルートベール駅で | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 阿弖流為(アテルイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/61981789

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:GODZILLA ゴジラ:

« 独断的映画感想文:フルートベール駅で | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 阿弖流為(アテルイ) »