« 独断的映画感想文:さよならアドルフ | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 7月大歌舞伎昼の部 南総里見八犬伝/与話情浮名横櫛/蜘蛛絲梓弦 »

2015/07/16

番外:独断的歌舞伎感想文:義経千本桜 渡海屋の場・大物浦の場

日記:2015年7月某日
国立劇場「歌舞伎鑑賞教室」を見る.H277yoshitunesenbonzakuraomote3
解説:歌舞伎のみかた.中村萬太郎.「義経千本桜 (よしつねせんぼんざくら)一幕二場 渡海屋の場・大物浦の場」.竹田出雲・三好松洛・並木千柳=作.中村吉右衛門=監修.国立劇場美術係=美術.出演:尾上菊之助,坂東亀三郎,中村萬太郎,尾上右近,中村梅枝.
岳父・中村吉右衛門の監修によるこの名作を,菊之助が気力充実,渾身の舞台で魅せた.
辺りをはらう渡海屋銀平の堂々たる主人ぶり,安徳帝に忠義を捧げる武者・知盛の悲壮な最期など,心にしみる演技である.
死を決意して以降の悲劇の盛り上がりも素晴らしい.
更に化粧に工夫があるのだろう,小顔が大きく見えるところ,終盤の知盛の眼の紅なども印象的だ.
梅枝も魅力的,安徳帝を抱きすっと立つ立ち姿が,気品があり美しい.
充実の舞台であった.


« 独断的映画感想文:さよならアドルフ | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 7月大歌舞伎昼の部 南総里見八犬伝/与話情浮名横櫛/蜘蛛絲梓弦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/61897470

この記事へのトラックバック一覧です: 番外:独断的歌舞伎感想文:義経千本桜 渡海屋の場・大物浦の場:

« 独断的映画感想文:さよならアドルフ | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 7月大歌舞伎昼の部 南総里見八犬伝/与話情浮名横櫛/蜘蛛絲梓弦 »