« 独断的映画感想文:ゴーン・ガール | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 »

2015/09/28

独断的映画感想文:セッション

日記:2015年9月某日
映画「セッション」を見る.2
2014年.監督:デイミアン・チャゼル.
出演:マイルズ・テラー(Andrew),J・K・シモンズ(Fletcher),ポール・ライザー(Jim),メリッサ・ブノワ(Nicole),オースティン・ストウェル(Ryan),ネイト・ラング(Carl).
ドラマーとしての成功を夢見て全米でも一流のシェイファー音楽院に入学したアンドリュー.ある夜フレッチャー教授が彼の練習スタジオに顔を出す.
数日後,アンドリューの属するグループのレッスンに顔を出したフレッチャーは,全員の音をチェックした後,アンドリューに自分の指導するバンドに移る様命じた.4
その初日,異常な緊張で始まるレッスン,新人ドラマーとして紹介されたアンドリューは,フレッチャーから演奏を楽しめと優しく声をかけられるが,その直後から凄まじいフレッチャーのしごきが始まる….
自分の思い通りのスタープレイヤーを生み出すことに執念をかけるフレッチャーと,フレッチャーを倒してでもスターへの道を歩もうとするアンドリューの,狂気じみた闘いを描く映画.
この映画は,ジャズを楽しむ映画でもなければ,スター誕生映画でもない.両者の凄まじい闘いを描くサスペンスと言って良い.3
しかしそれにも係わらず,最終局面での「キャラバン」の演奏の迫力は胸に迫る.最高のパフォーマンスによって生み出された音楽が,両者に一瞬の共感をもたらしたからである.
ここでの選曲が,ドラムソロからスタートしドラムスが曲を支配する「キャラバン」であることは,誠にこの場面にふさわしい.
ところで,アンドリューが目標とするバディ・リッチのビッグバンドの来日演奏を,僕はNHKの白黒TVで見た記憶がある.1
最後の曲のドラムソロで,彼はこの映画であったように左のスティックを取り落とした.しかしすぐに拾い上げ,更に火の出るようなソロを叩きまくった.映画のアンドリューの「キャラバン」を見て,僕はその時のバディ・リッチを思い出したのだった.
アンドリュー役のマイルズ・テラー,フレッチャー役のJ・K・シモンズは共に最高の演技,一見の価値ある映画.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ゴーン・ガール | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/62372535

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:セッション:

« 独断的映画感想文:ゴーン・ガール | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 »