« 番外:独断的歌舞伎感想文 12月大歌舞伎:通し狂言 妹背山婦女庭訓 | トップページ | 独断的映画感想文:第三の男 »

2015/12/25

番外:独断的歌舞伎感想文 2015年12月:十種香/赤い陣羽織/雪関扉

日記:2015年12月某日
12月大歌舞伎昼の部を見る.Kabukiza_201512ff2_cc734edc2f7d0c2a
「一、本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう) 十種香」.近松半二 作.出演:八重垣姫(七之助),武田勝頼(松也),腰元濡衣(児太郎),白須賀六郎(亀寿),原小文治(亀三郎),長尾謙信(市川右近).「二、赤い陣羽織(あかいじんばおり)」.木下順二 作,坂東玉三郎 演出.出演:お代官(中車),お代官のこぶん(亀寿),女房(児太郎),お代官の奥方(吉弥),おやじ(門之助).「三、重戀雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」.出演:関守関兵衛実は大伴黒主(松緑),小野小町姫(七之助),良峯少将宗貞(松也),傾城墨染実は小町桜の精(玉三郎).
十種香は俳優は皆美しいが,若手花形の芝居はそれほど感銘を受けない.中では七之助が一日の長か.
赤い陣羽織は中車のお代官と門の助の親父の対比が面白い.児太郎もこの芝居が一番のびのびとして気持ちよく見れた.
見応えのあったのはやはり関扉である.玉三郎の圧倒的な美しさ,松緑・玉三郎の踊りと見得は舞台を圧倒する.終盤のまさかりをかいこんだ松緑と桜の精となった玉三郎の踊りは圧巻,決まるべきところが美しく決まり素晴らしかった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 番外:独断的歌舞伎感想文 12月大歌舞伎:通し狂言 妹背山婦女庭訓 | トップページ | 独断的映画感想文:第三の男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/62938042

この記事へのトラックバック一覧です: 番外:独断的歌舞伎感想文 2015年12月:十種香/赤い陣羽織/雪関扉:

« 番外:独断的歌舞伎感想文 12月大歌舞伎:通し狂言 妹背山婦女庭訓 | トップページ | 独断的映画感想文:第三の男 »