« 番外:独断的歌舞伎感想文 11月 実盛物語/若き日の信長/御所五郎蔵 | トップページ | 独断的映画感想文:超高速!参勤交代 »

2015/12/03

独断的映画感想文:さようなら

日記:2015年11月某日
映画「さようなら」を見る.1
2015年.監督:深田晃司.出演:ブライアリー・ロング(ターニャ),新井浩文(聡史),ジェミノイドF(レオナ),村田牧子.平田オリザの舞台を映画化.原子力発電所の大規模破壊で汚染された近未来の日本.政府は棄国を宣言,計画に従い人々は難民として出国してゆく.ターニャは南アからの難民として日本に居るが,元来病弱でアンドロイド・レオナと共に独り暮らす.ときおり数少ない友人や恋人の聡史が訪ねてくるが,彼等もやがて去って行った.3
出国順位の低いターニャは死を覚悟し,レオナに詩を読んで貰いながら日々を過ごしていく….ターニャが住む丘の上の家,周囲は草原に覆われ彼方に山なみが見える.風の音,鳥の鳴く声の他は寡黙な映画だ.レオナはターニャが子供の頃から居るアンドロイド,足が故障して今は車椅子で移動している.そのレオナがターニャに読んで聞かせる詩が耳に残る.特に谷川俊太郎の「さようなら」という詩が印象的だ.
4やがてターニャは死を迎える.横たわるターニャを見守るレオナ,暗転していく画面に聞こえていたターニャの穏やかな寝息が,何時か聞こえなくなる長いシーン.静謐な映画だが小野川浩幸の音楽も素晴らしい.終始滅びるものの緊張感に満ちた,ネビル・シュートの「渚にて」を想起させる美しい映画だった.
★★★★(★5個が満点)
2
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 番外:独断的歌舞伎感想文 11月 実盛物語/若き日の信長/御所五郎蔵 | トップページ | 独断的映画感想文:超高速!参勤交代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/62801635

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:さようなら:

« 番外:独断的歌舞伎感想文 11月 実盛物語/若き日の信長/御所五郎蔵 | トップページ | 独断的映画感想文:超高速!参勤交代 »