« 独断的映画感想文:マッドマックス 怒りのデス・ロード | トップページ | 独断的映画感想文:シン・ゴジラ »

2016/08/18

独断的映画感想文:悼む人

日記:2016年8月某日
映画「悼む人」を見る.1
2015年.監督:堤幸彦.
出演:高良健吾(坂築静人),石田ゆり子(奈義倖世),井浦新(甲水朔也),貫地谷しほり(坂築美汐),山本裕典(福埜怜司),麻生祐未(沼田響子),山崎一(沼田雄吉),戸田恵子(比田雅恵),秋山菜津子(尾国理々子),平田満(坂築鷹彦),椎名桔平(蒔野抗太郎),大竹しのぶ(坂築巡子).
天童荒太のベストセラー小説の映画化.
坂築静人は仕事を辞め,不慮の死を遂げた人々をその現場で「悼む」為の旅を一人続けている.3
静人と行き会ったゴシップライターの蒔野抗太郎は,その行動に不審を抱き彼の留守宅を訪ねる.坂築家では静人の母・巡子が末期癌の床にあり,妹の美汐が父のいない子を出産しようとしていた.
一方,静人はその死を悼んだ甲水朔也を殺害した犯人・奈義倖世と旅を共にすることになる….
原作では何とか飲み込めた異様な設定が,この映画ではどうしても腑に落ちない.
大竹しのぶが熱演する坂築家での物語はそれでも納得できたが,なぜ静人が「悼む人」になったのか,なぜ奈義倖世は静人と同道しまた別れていくのか,理解できず受け入れることが出来ない.2
他にも,静人は母の危機を知らされながら,なぜ直接自宅に電話をかけることさえしないのか,なぜ奈義倖世が別れを告げた時に引き留めることを一切しないのか,疑問点があり過ぎて物語が成り立たない.
自分とは相性の合わない映画と諦めるしか無いのかも知れない.
★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:マッドマックス 怒りのデス・ロード | トップページ | 独断的映画感想文:シン・ゴジラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/64077137

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:悼む人:

« 独断的映画感想文:マッドマックス 怒りのデス・ロード | トップページ | 独断的映画感想文:シン・ゴジラ »