« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月に作成された記事

2016/09/22

独断的映画感想文:天空の蜂

日記:2016年9月某日
映画「天空の蜂」を見る.
1_2
2015年.監督:堤幸彦.
出演:江口洋介(湯原),本木雅弘(三島),仲間由紀恵(赤嶺),綾野剛(雑賀),柄本明(室伏),國村隼(中塚),石橋蓮司(筒井),竹中直人(芦田),向井理(高彦(成人)),佐藤二朗(今枝),光石研(佐久間),落合モトキ(関根),やべきょうすけ(根上),手塚とおる(高坂),永瀬匡(上条),石橋けい(篤子).
東野圭吾の原作を,製作委員会方式で映画化.
国産最大の軍用ヘリコプター・ビッグBの完成引き渡しの日,ビッグBは設計開発者・湯原の息子・高彦を乗せたまま無線操縦により奪い取られた.3_2
ビッグBは敦賀の高速増殖炉「新陽」上空に至り,そこでホバリングする.犯人から脅迫状が届き,8時間以内に全国の原発のタービン棟を破壊しなければ,爆薬のしかけてあるビッグBをそのまま新陽に墜落させると言ってくる.
ビッグB開発の湯原,同じ企業の新陽担当の三島らは,所長の中塚,自衛隊・警察・消防関係者等と共に新陽に集結して対応を取るが….
発想は抜群で,巨大無人ヘリと高速増殖炉を使った政府への脅迫という展開は意表を突くものである.湯原高彦を救出する為の犯人とのやり取りや実際の救出活動は,なかなかに手に汗握る物語となった.
しかしプロットはその後が穴だらけで隙だらけ.テンポも悪いし家族を巡る物語の回想シーンもまだるっこしい.
終盤の湯原と三島のアクションシーンなど何故必要なのか理解できない.2_2
最後の作戦もまさかと思うようなちゃちい内容で,湯原が操縦リモコンをヘリコプター機上で振りかざすシーンにはどん引きした.
俳優陣も本木雅弘の好演に比べ,江口洋介やその妻役の女優は今ひとつ.せっかくの題材ながらB級映画としか思えない手応えとなった.
専門領域のプロをもっと加えて脚本に緻密さがあったらと悔やまれる.
★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

独断的映画感想文:ホットロード

日記:2016年8月某日
映画「ホットロード」を見る.1
2014年.監督:三木孝浩.
出演:能年玲奈(宮市和希),登坂広臣(春山洋志),木村佳乃(ママ),小澤征悦(鈴木),鈴木亮平(玉見トオル),太田莉菜(宏子),竹富聖花(えり),落合モトキ(リチャード),山田裕貴(金パ),鷲尾真知子(おばさま先生),利重剛(高津),松田美由紀(春山の母).
これもコミック原作・製作委員会方式の映画.
父を早くに亡くし,母親は初恋の男性との不倫関係にある中学生・和希.
転校生・えりに誘われて彼女の先輩・宏子に会いに行き,その彼氏・トオルが率いる暴走族ナイツの切り込み隊長・春山と出会う.2
春山も複雑な家庭環境の少年,お互いに突っ張り合う二人の出会いは最悪だったが,母親との関係が悪くなるなか和希は春山のバイクの後ろに乗るようになり,次第に二人の心は近づいていく….
能年玲奈の透明な美しさと硬質な思春期の少女の心情,登坂広臣の寡黙な突っ張り少年の意地が,この映画の魅力.二人の不器用な接近が胸に迫る.
コミック原作らしいファンタジーの世界の物語で,いろいろと細かい通常世界の諸事情は全て省かれているが,二人の演技が十分に魅力的でこの世界を満たす力がある.3
パステル調のカメラの色調もこの映画の世界に相応しい.
見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/12

独断的映画感想文:娚(おとこ)の一生

日記:2016年8月某日
映画「娚(おとこ)の一生」を見る.3
2015年.監督:廣木隆一.
出演:榮倉奈々(堂薗つぐみ),豊川悦司(海江田醇),安藤サクラ(秋本岬),前野朋哉(園田哲志),落合モトキ(友生貴広),根岸季衣(今日子),濱田マリ(小夜子),徳井優(民夫),木野花(坂田佳代),美波(女性秘書),岩佐真悠子(富岡春美),坂口健太郎(信夫),向井理(中川俊夫).
幼児のとき過ごした田舎の祖母の家に越してきた,堂薗ツグミ.彼女は東京の一流IT企業での仕事に疲れ,また不倫の恋愛に行き詰まっていた.
2
ところが草木染めの工房を営んでいた祖母はあっけなく死去する.葬儀が終わった翌朝,ツグミは離れに見知らぬ男がいるのに気付く.
男は大学教授・海江田醇と名乗り,祖母から離れを好きに使って良いと言われていたと言う.以来住み着いた海江田とツグミの奇妙な共同生活が始まるが….
コミック原作の映画化だが,豊川悦司と榮倉奈々の魅力で最後まで面白く見た.
海江田醇は50代の独身,癖は強いが一本筋の通った壮年を,豊川悦司が過不足無く演じる.榮倉奈々のツグミは,不倫体験もある女性にはちょっと見えないが,寡黙な役柄を魅力的に表現.
この二人が当初ぎごちなくつき合いながら,次第に恋に落ちていく様が面白い.4
突っ込みたいところは幾つかあるが(一つの問題点は冒頭登場するツグミの祖母がどう見ても若過ぎることだ),見て損はないラブロマンス.
映画のプロローグとラストシーンの対比も面白い.但し題名のつけ方には若干違和感あり.
榮倉奈々の肢体は,伸びやかな中にアクションもこなす体格の良さがあって,魅力的.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/04

独断的映画感想文:新宿スワン

日記:2016年8月某日
映画「新宿スワン」を見る.1
2015年.監督:園子温.
出演:綾野剛(白鳥龍彦),山田孝之(南秀吉),沢尻エリカ(アゲハ),伊勢谷友介(真虎),金子ノブアキ(葉山豊),深水元基(関玄介),村上淳(時正),久保田悠来(洋介),真野恵里菜(栄子),丸高愛美(梨子),安田顕(松方),山田優(涼子),豊原功補(山城神),吉田鋼太郎(天野修善).
4
コミック原作の製作委員会方式による映画.園子温監督のテイストは殆どありません.
新宿歌舞伎町の,風俗店・キャバクラ等に女性を紹介するスカウトの世界を描く.
無一文で歌舞伎町に流れてきた龍彦は,チンピラとの喧嘩でぼこぼこにされていたところをスカウトの真虎に救われ,その所属会社「バースト」でスカウト修行を始める.3
競合する「ハーレム」は裏で薬を扱っている秀吉の力で攻勢をかけてきたが,真虎の力でバーストはハーレムを吸収合併する.
秀吉はなおのし上がろうとの野望を抱くが,秀吉は龍彦との過去の確執を抱えていた….
筋は如何にもコミックらしい荒唐無稽さだが,綾野剛・山田孝之の演技が見応えあり.2
特に綾野剛はこのコミック系のプロットを完全に我が物にして,主人公の人物像を魅力的に演じている.こういうスカウトの世界もひょっとしたらあるかも知れないと思わせる,両名の演技が素敵だった.
沢尻エリカ・山田優も魅力的だった.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »