« 番外:独断的歌舞伎感想文 9月大歌舞伎秀山祭昼の部 碁盤忠信/太刀盗人/一條大蔵譚 | トップページ | 独断的映画感想文:ラン・オールナイト »

2016/11/10

独断的映画感想文:ターミネーター 新起動/ジェニシス

日記:2016年10月某日
映画「ターミネーター 新起動/ジェニシス」をみる.1
2015年.監督:アラン・テイラー.
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800),エミリア・クラーク(Sarah Connor),ジェイソン・クラーク(John Connor),ジェイ・コートニー(Kyle Reese),イ・ビョンホン(T-1000),J・K・シモンズ(O'Brien),マット・スミス(Alex),コートニー・B・ヴァンス(Miles Dyson),マイケル・グラディス(Lt. Matias),サンドリーヌ・ホルト(Detective Cheung),オットー・サンチェス(Detective Timmons).3
後で「審判の日」と呼ばれた1997年のある日に意識に目覚め,人類を核戦争で壊滅させた人工知能.それが指揮する機械軍はしかし,2029年に至り人類抵抗軍により殲滅されようとしていた.
機械軍は抵抗軍の指導者ジョン・コナーの母サラ・コナーを殺害するべく,1984年の地球にターミネーターを送り込む.それを察知した抵抗軍は,サラ・コナー殺害を阻止すべくジョンの右腕カイルを1984年に送り込んだ.
1984年に到着したカイルはT-1000型ターミネーターに襲われるが,サラ・コナーと彼女が「おじさん」と呼ぶT-800型ターミネーターに救われる.2
歴史は書き換えられパラレルワールドの錯綜の中,サラとカイルはその決着をつけようと,「審判の日」に人工知能の暴走を阻止するべく1997年に向かうが….
もとの素材の面白さでここまで来たシリーズだが,パラレルワールドで何でもありということになると,話しの収拾がつかなくなるのは致し方ない.4
サラとカイルが1984年から1997年に飛ぶと,ロボットであるが故に年をとらない「おじさん」が装備を準備して待ち構えている辺りは面白いが,パラレルワールドの(映画から)捨て置かれた世界ではどんな歴史が刻まれるのか,この映画の穴ぼこが意識されてしまうところである.
シリーズを続けようとして余り無理な理屈付はしない方が良い.この映画の基本コンセプトとキャストは,それだけで十分魅力的なのだから.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 番外:独断的歌舞伎感想文 9月大歌舞伎秀山祭昼の部 碁盤忠信/太刀盗人/一條大蔵譚 | トップページ | 独断的映画感想文:ラン・オールナイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/64471348

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ターミネーター 新起動/ジェニシス:

« 番外:独断的歌舞伎感想文 9月大歌舞伎秀山祭昼の部 碁盤忠信/太刀盗人/一條大蔵譚 | トップページ | 独断的映画感想文:ラン・オールナイト »