« 2017年1月 | トップページ

2017年3月に作成された記事

2017/03/15

独断的映画感想文:ブロークンシティ

日記:2017年1月某日
映画「ブロークンシティ」を見る.1
2012年.監督:アレン・ヒューズ.
出演:マーク・ウォルバーグ(Billy Taggart),ラッセル・クロウ(Mayor Hostetler),キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Cathleen Hostetler),ジェフリー・ライト(Carl Fairbanks),バリー・ペッパー(Jack Valliant),アローナ・タル(Katy Bradshaw),ナタリー・マルティネス(Natalie Barrow),グリフィン・ダン(Sam Lancaster).2
ビリーはN.Y.警察の警官,七年前捜査中の容疑者を射殺した疑いで告発されたが,判決は無罪だった.
しかし以来ビリーは警察を辞め,私立探偵として活動する.ビリーの恋人・ナタリーは,妹のレイプ殺人事件後,ビリーとつき合う様になったが,今は映画女優として売り出している.3
ビリーの辞職に関与したN.Y.市長ホステラーは,市長選挙1週間前にビリーを呼び出し,妻・キャスリーンの浮気相手を探る様に命じる.調査の結果,相手は市長選の対立候補・ヴァリアントの選挙責任者,アンドリューと判明するが….
市長選を巡る政治的陰謀の渦巻く中,巻き込まれたビリーがそのもつれを自分の人生をかけて解きほぐすサスペンス.4
俳優陣が豪華な割には,サスペンスに意外性が乏しく,またプロットの吟味が不充分で,エピソードが伏線にならず終わる等の欠陥あり.やや印象が散漫になる結果となった.
残念でした.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (4)

2017/03/13

独断的映画感想文:SPY スパイ

日記:2017年1月某日
映画「SPY スパイ」を見る.
2015年.監督:ポール・フェイグ.
出演:ジェイソン・ステイサム(Rick Ford),ジュード・ロウ(Bradley Fine),メリッサ・マッカーシー(Susan Cooper),ローズ・バーン(Rayna Boyanov),ミランダ・ハート(Nancy B. Artingstall),ボビー・カナヴェイル(Sergio De Luca),アリソン・ジャネイ(Elaine Crocker),ジェシカ・チャフィン(Sharon).1_2
本格的スパイ映画のスタイルを取った本格的コメディ映画.
CIAの敏腕スパイ・ブラッドレイは,優秀なサポート要員・スーザンのおかげで大活躍,しかし移動型核爆弾を持つレイナに近づいたブラッドレイはレイナに倒されてしまう.2_2
他のエージェントの身元も敵にばれているらしく(二重スパイがいるらしい),太っちょで中年女性のスーザンは,自ら敵地に乗り込みレイナ等と対決する決意をする.
やむなくスーザンをパリに送り込むCIA,しかし意外にもスーザンは外国語ぺらぺら,格闘技や銃器の扱いもうまく,何と見込まれてレイナが自身のボディガードに採用するが….3_2
そこそこ良くできた映画で,スーザンのスーパーエージェントぶりと,頭脳が筋肉としか思えないリック等の対比がおかしい.
特にスーザンが敵の女性エージェントと,ホテルの厨房でフライパン対肉切り包丁で渡り合う格闘シーンは見応え有り.4_2
この監督は現場で思いつきの台詞を俳優に言わせる癖があるらしく,その為メイキングやNG集の内容はめちゃくちゃ面白いが,本編の方は逆に意味不明の台詞が続出.
そういう意味でちゃらんぽらんさの感じられる映画である.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (1)

独断的映画感想文:悪の法則

日記:2017年1月某日
映画「悪の法則」を見る.1
2013年.監督:リドリー・スコット.
出演:マイケル・ファスベンダー(Counselor),ペネロペ・クルス(Laura),キャメロン・ディアス(Malkina),ハビエル・バルデム(Reiner),ブラッド・ピット(Westray),ルーベン・ブラデス(Jefe).2
敏腕の弁護士Counselorは愛するLauraにかかる費用を工面する為,麻薬ビジネスに出資することにする.
共同出資するReiner,仲介するWestray等が組織の恐ろしさを説明するが,その危険を実感できないCounselor.しかし思わぬ事件が発生し,組織との間で重大なトラブルとなってしまった….
サスペンス仕立てのドラマだが,むしろセレブ生活をするCounselor等が直面する犯罪組織とのトラブルという,全く不条理な世界の現実を描写する映画と言える.3
映画の中盤でReinerやWestrayが組織の殺人方法を揶揄的に物語る場面があるが,終盤では登場人物の多くが実際にその凄惨な死に直面する.
癖のある俳優達を存分に使ったゴージャスな映画,だが監督も癖があって(本筋に必然的でない象徴的場面が多い)見終わってすっきりする映画ではない.4
Counselorが一縷の望みをかけて電話交渉する,組織の有力者Jefeとの長い会話が印象深い.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (2)

番外:独断的歌舞伎感想文 壽 初春大歌舞伎 夜の部/松浦の太鼓

日記:2017年1月某日
歌舞伎座の「壽 初春大歌舞伎 夜の部」「三、秀山十種の内 松浦の太鼓(まつうらのたいこ)」を幕見で見る.Kabukiza_201701fff_fa61d689087e5559
出演:松浦鎮信(染五郎),大高源吾(愛之助),お縫(壱太郎),宝井其角(左團次).
忠臣蔵外伝の一つ,吉良家に隣接する松浦の殿様と大高源吾の交流の経緯を俳句の宗匠宝井其角を仲立ちに描く.
外伝ものは御浜御殿の様なのは大嫌いで,本作もその系列になりかねないのだが,松浦の殿様が無類の好人物の馬鹿殿だというところで芝居が面白い.
その馬鹿殿を染五郎が気持良く演じている.
壱太郎はずっと平伏した芝居のせいか,台詞が通らず何を言っているか判らない.浅草と掛け持ちで大変だろうが,頑張って欲しいところ.
左團次奮闘,愛之助かっこいい.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

番外:独断的歌舞伎感想文 新春浅草歌舞伎 第2部 角力場/御存鈴ヶ森/棒しばり

日記:2017年1月某日
浅草公会堂で「新春浅草歌舞伎 第2部」を見る.2017
お年玉〈年始ご挨拶〉:隼人.「一、双蝶々曲輪日記 角力場(すもうば)」.出演:放駒長吉(尾上松也),山崎屋与五郎(中村隼人),藤屋吾妻(中村梅丸),濡髪長五郎(中村錦之助).「二、四世鶴屋南北作 御存 鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)」.出演:白井権八(中村隼人),幡随院長兵衛(中村錦之助).「三、岡村柿紅作 棒しばり(ぼうしばり)」.出演:次郎冠者(尾上松也),曽根松兵衛(中村隼人),太郎冠者(坂東巳之助).
角力場は梅丸の吾妻・隼人の与五郎は面白かったが,松也・錦之助の対決は一本調子でつまらない.爆睡してしまった.
鈴ヶ森は雲助達が見せ場を作って楽しく見た.隼人・錦之助もこちらは見応え有り.
棒しばりは,松也・巳之助の両名とも,達者だが若さ溢れる踊り.暴れ過ぎくらいだが,この若さならそれで丁度良い.
終盤では隼人にどうも本当に棒が当たってしまったらしく,思わぬ笑いも取っていた.楽しい踊りで幕となる.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ