« 独断的映画感想文:ブルックリン | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 團菊祭5月大歌舞伎 夜の部 対面/伽羅先代萩/浅草祭 »

2017/05/21

独断的映画感想文:メッセージ

日記:2017年5月某日
映画「メッセージ」を見る.1
2016年.監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ.
出演:エイミー・アダムス(ルイーズ・バンクス),ジェレミー・レナー(イアン・ドネリー),フォレスト・ウィテカー(ウェバー大佐),マイケル・スタールバーグ(ハルペーン),ツィ・マー(シャン将軍).
ルイーズは大学で教鞭を執る言語学者,娘ハンナを病気で失い,その思い出に浸る日々を過ごしている.
ある日突然世界12カ所に出現した宇宙からの飛行物体(「殻」と呼ばれる)は,そのまま静止を続ける.ルイーズは軍の要請で,アメリカに出現した殻のもとを訪れ,物理学者イアンと共に彼等が地球に来た目的を探る.2
ルイーズの発案で文字を使ったコミュニケーションを図ったことで,彼等(7本足の彼等はヘプタポッドと呼ばれる)の文字が解読され,会話が少しずつ進み始めた.地球来訪の目的を聞かれたヘプタポッドは,「武器の提供」と答える.3
この言葉は困惑を巻き起こし,幾つかの政府は殻に対し宣戦を布告,アメリカも殻の周辺からの撤退を決定した.核攻撃の期限が迫る中,ルイーズはヘプタポッドの最後のメッセージの解読に成功する….4
この映画は活劇ではない.言語学と時間の概念に関する論理的な映画である.それと同時に,ルイーズの思い出を巡る哀切な映画でもある.
この2つの特徴を結びつける為に使われる映画的などんでん返しは,誠にスリリングで且つ感動的だ.5
「サピア・ウォーフの仮説」(言語が知覚のあり方をかたちづくるという考え)への言及,ハンナ(Hannah)が左右対称な名前であること等,伏線も有効.一見の価値あり.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ブルックリン | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 團菊祭5月大歌舞伎 夜の部 対面/伽羅先代萩/浅草祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/65311464

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:メッセージ:

» メッセージ [Akira's VOICE]
ドラマチックに満ちた映画体験に涙がこぼれた。   [続きを読む]

受信: 2017/05/22 10:07

» メッセージ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは、『ボーダーライン』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。『ザ・マスター』などのエイミー・アダム...... [続きを読む]

受信: 2017/05/22 19:06

» メッセージ・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
それでも、あなたに会いたい。 ネビュラ賞、スタージョン賞を受賞した、テッド・チャン作の傑作SF短編小説「あなたの人生の物語」を、ケベック出身の若き異才ドゥニ・ヴィルヌーヴが映画化。 突然、世界各地に異星人の巨大な宇宙船が出現。 来訪の目的は全く不明で、パニックに陥った人類は何とかコミュニケーションを取ろうとするも、その方法が無い。 これは、未知なる訪問者の“言葉”を解読し、意思疎...... [続きを読む]

受信: 2017/05/24 21:38

» [映画『メッセージ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・私は、たまに「10年に一度の傑作」と言う言葉をよく使うが、名作は数あれど、そういう場合は特に、物語に「大きな時代の転換点」が付随されたものを言う。 これまでの作品では、『アポカリプト(メル・ギブソン監督)』『ブラインドネス』『インターステラー』などを挙げる。 フランス映画などは、個人の真理への深みはあれど、私的には「10年に一度の傑作」とは言えない。 この『メッセージ』は、「10年に一度の傑作」としての歴史が描かれ、なおかつ、フランス映画風の個人への深い洞察が描かれている。 ハードSFである... [続きを読む]

受信: 2017/05/25 12:25

» 「メッセージ」 [或る日の出来事]
なかなか地味どしたなあ。 [続きを読む]

受信: 2017/05/31 06:12

» メッセージ(2016) [映画的・絵画的・音楽的]
 『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、湖の畔に建てられている本作の主人公・ルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)の...... [続きを読む]

受信: 2017/06/05 21:47

» 『メッセージ』 映画が避けてきたもの [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『メッセージ』には脱帽だ。前回の記事で、私はSF映画の物足りなさを吐露したばかりだ。ところがこの映画は、まさに私が望んでいたものを見せてくれた。  前回の記事「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 フォックスと取引した理由」で、私は次のように述べた。  ・地球人の役者が変わった衣裳やメイクで演じるだけの異星人が多いけれど、異星人には地球人とは...... [続きを読む]

受信: 2017/06/06 11:31

« 独断的映画感想文:ブルックリン | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 團菊祭5月大歌舞伎 夜の部 対面/伽羅先代萩/浅草祭 »