« 独断的映画感想文:鶯 | トップページ | 独断的映画感想文:グランド・フィナーレ »

2017/06/07

独断的映画感想文:ひつじ村の兄弟

日記:2017年5月某日
映画「ひつじ村の兄弟」を見る.
1
2015年.監督:グリームル・ハゥコーナルソン.
出演:シグルヅル・シグルヨンソン(グミー),テオドール・ユーリウソン(キディー),シャーロッテ・ボーヴィング(カトリン).
2
日本では珍しい製作国:アイスランド/デンマークの映画.
アイスランドの辺境の地でひつじを飼うキディー・グミーの兄弟.優秀なひつじの育成に心血を注ぎ,品評会では常に優勝争いを演じる2人だが,「もう40年も口をきいたことがない」という極端な不仲.
ところがある年,優勝したキディーの羊が疫病に冒されていたことが判明する.5
村の羊は全頭殺処分と決まり,村は悲嘆のどん底に突き落とされるが,老兄弟にとって優れた血統の羊を失うことは,特に厳しい痛手だった.
当局から羊の殺処分と飼料・飼育施設の可燃部分の全面廃棄を命じられた二人だったが….
アイスランドの辺境を舞台に,牧羊への執念と老兄弟の絆を描く映画.
兄弟の不仲の原因は余りはっきりしないが,キディーの性格を嫌った父親が,全ての土地をグミーに相続させたことが原因らしい.3
映画は厳しいアイスランドの自然と不仲の兄弟を描きながら,何とも言えないゆったりした時間の流れと,そこはかとないユーモアが魅力的.
兄弟は口をきかない為,キディーの牧羊犬を互いに使って手紙を伝えあう.この牧羊犬が愛嬌があって可愛い.
またこの地の人達の頑健さも印象的で,飲んだくれて雪の中に倒れ凍りかけていたキディーをグミーの家に担ぎ込み,熱い湯船に放り込むと元に戻る,というシーンにも吃驚.4
終盤の展開は,人間の絆と容赦のない自然の猛威が共に描かれ,余韻に満ちたエンディングとなる.映画の魅力に満ちた作品.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:鶯 | トップページ | 独断的映画感想文:グランド・フィナーレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/65381729

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ひつじ村の兄弟:

» ひつじ村の兄弟 [映画的・絵画的・音楽的]
 アイスランド映画『ひつじ村の兄弟』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)カンヌ国際映画祭「ある視点部門」でグランプリを獲得した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台は北アイスランド。  冒頭では、随分となだらかな山を背景にした牧草地を...... [続きを読む]

受信: 2017/06/07 17:52

» ひつじ村の兄弟 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
2015年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリに輝いたアイスランド発の異色ドラマ。40年間も不仲の老兄弟が、大切な羊たちに訪れた絶体絶命の窮地を前に思わぬ行動に出るさまを、雄大かつ過酷な大自然をバックにユーモアとペーソスを織り交ぜ力強いタッチで描き出す。監督は、これが日本初紹介のグリームル・ハゥコーナルソン。 <感想>アイスランド、酪農大国の力強く雄大な自然を舞台に、過酷な状況下におかれた人間の意地と覚悟、かけがえのない羊との絆がおかしくも切なく綴られている。北欧ならではのドライなユーモ... [続きを読む]

受信: 2017/06/07 20:46

» 『ひつじ村の兄弟』 滅多に見られないアイスランドの風景を [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 カンヌ国際映画祭「ある視点部門」のグランプリを獲得したアイスランド映画。  監督はグリームル・ハゥコーナルソン。  アイスランドの辺境の村で羊を育てて暮らしている兄弟が主人公。弟グミー(シグルヅル・シグルヨンソン)と兄キディー(テオドル・ユーリウソン)は隣同士だが、もう40年も互いに口をきかない状態だ。羊の品評会で優勝したのはキディーだったが、キディーの羊に伝染病が見つかっ...... [続きを読む]

受信: 2017/06/07 23:00

« 独断的映画感想文:鶯 | トップページ | 独断的映画感想文:グランド・フィナーレ »