« 番外:独断的歌舞伎感想文:国立劇場 一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり) | トップページ | 独断的映画感想文:生きうつしのプリマ »

2017/08/09

独断的映画感想文:殿、利息でござる!

日記:2017年7月某日
映画「殿、利息でござる!」を見る.1
2016年.監督:中村義洋.
出演:阿部サダヲ(穀田屋十三郎),瑛太(菅原屋篤平治),寺脇康文(遠藤幾右衛門),きたろう(穀田屋十兵衛),千葉雄大(千坂仲内),橋本一郎(早坂屋新四郎),中本賢(穀田屋善八),西村雅彦(遠藤寿内),堀部圭亮(橋本権右衛門),斎藤歩(八島伝之助),芦川誠(大工の忠兵衛),中村ゆうじ(三浦屋惣右衛門),山本舞香(なつ),岩田華怜(加代),妻夫木聡(浅野屋甚内),竹内結子(とき),上田耕一(瑞芝和尚),重岡大毅(穀田屋音右衛門),羽生結弦(伊達重村(友情出演)),松田龍平(萱場杢),草笛光子(きよ),山崎努(先代・浅野屋甚内).3
江戸時代の仙台藩奥州街道吉岡宿.米も多くは取れず名産もない吉岡は,伝馬の労役負担に苦しみ,夜逃げが相次いで宿場の行く末は暗い.
それを憂えた穀田屋十三郎は,知恵者の菅原屋篤平治から思わぬアイディアを授かる.それはお上に資金を上納し,これに対する利息で伝馬の費用をまかなおうという奇策だった.
上納額は千両,十三郎は10名の商人から一人500貫の銭を集めてこの奇策を実現しようと動き始める….4
原作は磯田道史の「無私の日本人」.原作からすれば真面目な話と思えるのだが,映画自体はコメディ仕立てで,そのスタンスが良く判らない.
出てくる人物が一様に,500貫の銭(約3000万円だという)を宿場の為に出しましょうと言われると,目に涙を浮かべて喜んで出すというのも胡散臭い.
5
場面毎にまた1年また1年と凄い勢いで時間ばかり流れていくのに,登場人物がちっとも老けないのもおかしい.
何より主演が阿部サダオだっていうのがもう真面目とは思えず(この映画のポスターで丁髷の代わりに通し銭を頭に乗っけている阿部サダオを見よ),なんちゃって時代劇だとしか思えない.
そう思って見ていると,結構話の進み方はまともでハッピーエンドに終わったりする.面白いと言えば面白いが,何だかなあという映画.0
現代の「今だけ・金だけ・自分だけ」という鉄の掟に対する,ファンタジー映画のつもりかしら?
★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 番外:独断的歌舞伎感想文:国立劇場 一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり) | トップページ | 独断的映画感想文:生きうつしのプリマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/65643727

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:殿、利息でござる!:

» 殿、利息でござる!★★★★ [パピとママ映画のblog]
『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」の中村義洋監督、「舞妓 Haaaan!!!」「夢売...... [続きを読む]

受信: 2017/08/09 20:44

» 映画評「殿、利息でござる!」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2017/08/09 21:04

« 番外:独断的歌舞伎感想文:国立劇場 一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり) | トップページ | 独断的映画感想文:生きうつしのプリマ »