« 独断的映画感想文:ジェイソン・ボーン | トップページ | 独断的映画感想文:サウルの息子 »

2017/08/21

独断的映画感想文:ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

日記:2017年8月某日
映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を見る._1
2016年.監督:ギャレス・エドワーズ.
出演:フェリシティ・ジョーンズ(ジン・アーソ),ディエゴ・ルナ(キャシアン・アンドー),ベン・メンデルソーン(オーソン・クレニック),ドニー・イェン(チアルート・イムウェ),マッツ・ミケルセン(ゲイリン・アーソ),アラン・テュディック(K-2SO),チアン・ウェン(ベイズ・マルバス),リズ・アーメッド(ボーディー・ルック),フォレスト・ウィテカー(ソウ・ゲレラ),ジミー・スミッツ(ベイル・オーガナ),ジュネヴィーヴ・オライリー(モン・モスマ)._2
アーソの娘ジンは,父がデス・スター設計の為拉致された以降,叛乱軍過激派のソウのもとで育つ.
成人したジンは帝国軍の捕虜となるが,折りしもアーソは帝国軍パイロット・ボーディーにデス・スターの重要情報を託して脱走させた.ボーディーはアーソの旧友ソウのもとに抑留される.
この情報を掴んだ叛乱軍はソウとの仲立ちをジンに依頼すべく,キャシアン,元帝国軍ドロイドのK-2SO等がジンを救出する.ジン達はソウの居る旧都ジェダ・シティへ急行,ソウと会ってボーディーに託されたアーソの伝言を知る._3
アーソはデス・スターに致命的な弱点を仕込み,その設計図データは惑星スカリフにあることが判明する.一方完成したデス・スターは試射としてジェダ・シティを攻撃,ジン達は辛くも脱出するが,旧都は一瞬で壊滅する.
デス・スターの脅威に叛乱軍の意志はスカリフ襲撃に一本化できず,ジン達は兵士集団「ローグ・ワン」を組織して,独自にスカリフ攻撃を敢行する.一方これを察知した帝国軍デス・スターの,スカリフへの砲撃が迫る….
スター・ウォーズ外伝の第1作.時系列でいうと「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」(制作順では第1作)の直前に行われた作戦の経緯となる.
この物語の特徴は,名もなき兵士集団の物語であるということ._4
主人公達には王族もいなければジェダイもいない.将校さえおらず兵士とロボット,パルチザン等の集団だ.その彼等が自分の意志で帝国軍中枢に攻撃をかけ,データを入手しバリアを突破して,それを送信することに死力を尽くす.まさに英雄兵士の物語なのだ.
全体の悲劇性と「新たな希望」への繋がりが,本作の感銘を形づくる.スター・ウォーズシリーズのいつものSF的景観は健在,アクションに隙も無く見て損はなし.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ジェイソン・ボーン | トップページ | 独断的映画感想文:サウルの息子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/65692854

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー:

» ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー [だらだら無気力ブログ!]
いやぁ最高やった。SWファンなら楽しめるんじゃないかな。 [続きを読む]

受信: 2017/08/21 22:25

» ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー★★★★・5 [パピとママ映画のblog]
映画史に燦然と輝く金字塔シリーズ「スター・ウォーズ」のアナザー・ストーリーを描く新プロジェクトの記念すべき第1弾となるSFアドベンチャー大作。「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した“デス・スター”の設計図はいかにして反乱軍の手に渡ったのか、というこれまで語られることのなかった物語を、一匹狼のヒロイン、ジン・アーソをはじめとする新たなキャラクターたちの活躍を通して描き出す。主演は「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズ、共演にディエゴ・ルナ、ベン・メン... [続きを読む]

受信: 2017/08/23 19:58

« 独断的映画感想文:ジェイソン・ボーン | トップページ | 独断的映画感想文:サウルの息子 »