« 独断的映画感想文:われらが背きし者 | トップページ

2017/11/14

独断的映画感想文:太陽のめざめ

日記:2017年11月某日
映画「太陽のめざめ」を見る.1_4
2015年.監督:エマニュエル・ベルコ.
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(判事),ロッド・パラド(フェランド・マロニー),ブノワ・マジメル(ヤン),サラ・フォレスティエ(マロニーの母).2_4
映画の冒頭は判事の部屋,6歳のマロニーの悪童ぶりに、呼び出された母親が判事に逆ギレして部屋を飛び出す.
それから10年後,マロニーは学校にも行かず,出来ることは車泥棒のみ,再び判事の前に出頭する.父や祖父は名うてのワル,マロニーを育てた母親は育児より男と酒と薬にふける女性.3_4
マロニーは誰も信頼せず全ての大人に敵意をむき出しにし,只母親からは自立できていない荒んだ若者となっていた.判事はマロニーに教育係ヤンをつけて矯正施設に送るが….
マロニーを何とか自立させようとする判事や教育係の努力は,並大抵ではない.
マロニーは本性は善人であり心優しい男の子だ.しかしひとを信じず自分を抑えることが出来ず,自分が傷つく前にひとを傷つけようとする.周りの大人の努力に応じて改善の兆しが見られては,感情の爆発で全てを無に帰してしまい,遂には刑務所に送られるマロニー.
映画の大半はそのような1歩前進2歩後退の積み重ねだ.自分ではどうしようもなく自らを追い詰めていくマロニーに,涙を禁じ得ない.4_4
映画の最後にしかし彼は変容を見せる.彼を変えたのは,彼を指導し愛を与える人々だけでなく,彼に頼り,彼に愛を求め,彼を必要とする人々だった.
俳優達がいずれも好演,特にベテラン:カトリーヌ・ドヌーブと新星:ロッド・パラドが素晴らしい.見応えのある映画.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:われらが背きし者 | トップページ

コメント

こんばんは。
TBありがとうございます。
cocologブログにはTBが送れないことご了承願います。

>カトリーヌ・ドヌーブと新星:ロッド・パラドが素晴らしい...
同感です。

投稿: margot2005 | 2017/11/14 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/66042286

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:太陽のめざめ:

« 独断的映画感想文:われらが背きし者 | トップページ