« 番外:独断的歌舞伎感想文 スーパー歌舞伎II(セカンド) ワンピース | トップページ | 独断的映画感想文:プロヴァンスの休日 »

2017/12/19

独断的映画感想文:戦場のメロディー

日記:2017年11月某日
映画「戦場のメロディー」を見る.1_2
2015年.監督:イ・ハン.
出演:イム・シワン(ハン・サンヨル),コ・アソン(パク・ジュミ),イ・ヒジュン(カルゴリ),チョン・ジュノン(オ・ドング).2_2
1952年朝鮮戦争での出来事.
前線での白兵戦で部下の殆どを失ったハン少尉.少尉は音楽大学出身だったが,朝鮮内戦で家族を全て失っていた.
前線で決死で救ったチョ上士の推薦で釜山の孤児院の管理を命ぜられた少尉は,女性院長ジュミと共に手探りで子供達と接していく.市内には“カギ爪の男”カルゴリが,戦災孤児を集め強制労働をさせるキャンプを運営していた.
孤児達の辛い経験を知ったハン少尉は,カルゴリのキャンプの孤児達も含めた児童合唱団を組織するが….3_2
朝鮮内戦の悲劇と当時の具体的状況を,子供達の目を通し描いていくシーンは心に残る.
内戦で引き裂かれた市民,その象徴として,お互いの肉親を相手の肉親に殺された,ドングとチュンシクの確執が描かれる.4_2
ハン少尉が二人に勝負を命じ,「ダニー・ボーイ」と「アンニー・ローリー」を同時に歌わせ,最後まで歌えた方が勝ちという裁断を示す.これをそれぞれ歌うドングとチュンシクの美しい声,二つのメロディーが期せずしてハーモニーになるシーンは秀逸だ.
設定とプロットが良く出来ていて,最後まで間断することなく見た.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 番外:独断的歌舞伎感想文 スーパー歌舞伎II(セカンド) ワンピース | トップページ | 独断的映画感想文:プロヴァンスの休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/66176452

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:戦場のメロディー:

» 戦場のメロディ [象のロケット]
1945年、朝鮮半島は北緯38度線を境に分断され、資本主義の「韓国」と、社会主義の「北朝鮮」という2つの政府が誕生する。 両者の対立は激化し、1950年に朝鮮戦争が勃発した。 …1952年、前線を離れプサンの部隊に転属して来た若き少尉サンヨルは、戦争孤児を集めた孤児院の管理を任されることに。 大学で音楽を専攻していた彼は、児童合唱団を作ろうと決意する…。 戦争ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017/12/22 11:52

« 番外:独断的歌舞伎感想文 スーパー歌舞伎II(セカンド) ワンピース | トップページ | 独断的映画感想文:プロヴァンスの休日 »