« 独断的映画感想文:太陽のめざめ | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 スーパー歌舞伎II(セカンド) ワンピース »

2017/12/19

独断的映画感想文:ガール・オン・ザ・トレイン

日記:2017年11月某日
映画「ガール・オン・ザ・トレイン」を見る.1
2016年.監督:テイト・テイラー.
出演:エミリー・ブラント(レイチェル),レベッカ・ファーガソン(アナ),ヘイリー・ベネット(メガン),ジャスティン・セロー(トム),ルーク・エヴァンス(スコット).2
映画の冒頭,通勤列車の窓越しにある住宅を見る女性レイチェル.その家には若いカップルが住んでいて,毎朝見るのは幸せそうな彼等の姿.
実はレイチェルはその家の近所にかっては夫と住んでいた.人工授精がうまくいかず,レイチェルはアルコール依存に陥ってしまい,泥酔のためたびたび記憶を無くした.3
上司の家でのパーティーでも泥酔してトラブルを起こし,夫はその為に失職したと言う.夫はレイチェルと離婚し浮気相手のアナと結婚,レイチェルが手作りで整えたその家に,今アナは娘と住む.
ところがある朝,レイチェルは何時も見る家の若妻が別の男とテラスで抱擁する姿を目撃する.理想像が壊されたとの思いで,レイチェルはその日泥酔してその若妻メガンの後を追うが,翌朝傷だらけの状態で自室で目を覚ます.メガンは前の晩以来行方不明となっていた….4
結局メガンはその後死体で発見される.それぞれに事情や過去を抱えたレイチェル,メガン,アナの巻き込まれたミステリ.
飲み過ぎて記憶を無くした自分が殺人犯かもい知れないというプロットは,酒飲みにとってはスリリングな展開である.5
観客から見て必ずしも共感できない主人公レイチェルを,エミリー・ブラントが好演.謎の底は浅いが,ミステリとしてはまずまずの出来.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:太陽のめざめ | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 スーパー歌舞伎II(セカンド) ワンピース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/66176411

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ガール・オン・ザ・トレイン:

» ガール・オン・ザ・トレイン [象のロケット]
愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。 落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える幸せそうな“理想の夫婦”の姿だった。 ある朝、車窓から“理想の妻”の不倫現場を目撃したレイチェルは、夫婦の様子が気になり彼らの家へ向かったところから記憶を失ってしまう。 間もなく“理想の妻”は死体で発見され、レイチェルに疑惑の目が向けられるのだった…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2017/12/22 11:54

» ガール・オン・ザ・トレイン [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆ 製作:2016年 米国 上映時間:113分 監督:テイト・テイラー  なかなかスタイリッシュなスリラー映画である。アル中のため職と夫を失ったレイチェルは、毎日あてもなく電車に乗り続けていた。そして毎日のように車窓から、離婚前に住んでいた家を眺めて... [続きを読む]

受信: 2017/12/24 17:04

« 独断的映画感想文:太陽のめざめ | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 スーパー歌舞伎II(セカンド) ワンピース »