« 独断的映画感想文:ワイルド・スピード ICE BREAK | トップページ | 独断的映画感想文:ブレードランナー ファイナル・カット »

2018/01/30

独断的映画感想文:ダンシング・ベートーヴェン

日記:2018年1月某日
映画「ダンシング・ベートーヴェン」を見る.1_2
2016年.監督:アランチャ・アギーレ.
出演:モーリス・ベジャール・バレエ団,東京バレエ団,イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団,マリヤ・ロマン,ジル・ロマン,ズービン・メータ.
東京バレエ団創立50周年記念に際し,東京バレエ団とスイス・ローザンヌのモーリス・ベジャール・バレエ団の共同制作により,ズービン・メータ指揮:イスラエル交響楽団が参加,モーリス・ベジャールの振り付けを再現して2014年東京で行われた舞台:「ベートーヴェン『第九交響曲』」製作のドキュメント.
モーリス・ベジャール・バレエ団芸術監督:ジル・ロマンの娘で若手俳優のマリア・ロマンがインタビューと案内を行う.2_2
国際色豊かな関係者のインタビューも誠に興味深いが,ローザンヌと東京でそれぞれ練習に励むダンサー達の日常を含めた動きや肉声,限界に挑む肉体の美しさが印象的.クライマックスの東京公演の模様に今少し時間を割いて欲しかったが(全体の尺は80分),充分感銘を受けた.4_2
監督:アランチャ・アギーレはスペインの女流監督である.彼女はペドロ・アルモドバルやカルロス・サウラのもとで助監督を務めた経験を持ち,その映像はさすがに素晴らしい.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ワイルド・スピード ICE BREAK | トップページ | 独断的映画感想文:ブレードランナー ファイナル・カット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/66338139

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ダンシング・ベートーヴェン:

« 独断的映画感想文:ワイルド・スピード ICE BREAK | トップページ | 独断的映画感想文:ブレードランナー ファイナル・カット »