« 独断的映画感想文 LOGAN/ローガン | トップページ | 独断的映画感想文:ダンシング・ベートーヴェン »

2018/01/30

独断的映画感想文:ワイルド・スピード ICE BREAK

日記:2018年1月某日
映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」を見る.1
2017年.監督:F・ゲイリー・グレイ.
出演:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット(ドム)),ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス),ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ),ミシェル・ロドリゲス(レティ),タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース),クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ),ナタリー・エマニュエル(ラムジー),エルサ・パタキ(エレナ),カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ),シャーリーズ・セロン(サイファー),スコット・イーストウッド(リトル・ノーバディ),ヘレン・ミレン(マグダレーン・ショウ).4
キューバでハネムーンを楽しむドムとレティ,ところが街で出会った女性サイファーにドムは脅迫される.
一方ホブスは盗まれたEMPと呼ばれる大量破壊兵器を奪還するという指示を受け,ドム達ファミリーを集め作戦を敢行,見事成功するが,撤収の途中何とドムが裏切り,EMPはサイファーの手に落ちる.
ドムを失ったファミリー,ミスター・ノーバディはサイファーに恨みを持つがファミリーとは敵対していたデッカードを招集し,ファミリーと協力してサイファーと戦うことにする.3
一方,ニューヨークを訪れたロシア外相は核ボタンを持っており,サイファーはドムを使って核ボタンの奪取を計った為,ニューヨーク市街でドムとファミリーの壮烈なファイトが展開される….
シリーズ8作目のワイルド・スピード,今やきら星の様な豪華俳優が出演する超大作となった.荒唐無稽さもここまで極まると度肝を抜かれる,快調なテンポと巧妙なプロットが楽しめる快作.2
特にニューヨークを舞台に,ドムのスーパーカーとサイファーのハッキング作戦で警備陣を手玉に取る展開は実に面白い.ドムを敵にまわし絶体絶命のファミリーが,何処でどうやって起死回生の逆転を成し遂げるのか,ラスト20分の痛快さはお楽しみ.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文 LOGAN/ローガン | トップページ | 独断的映画感想文:ダンシング・ベートーヴェン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/66338114

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ワイルド・スピード ICE BREAK:

« 独断的映画感想文 LOGAN/ローガン | トップページ | 独断的映画感想文:ダンシング・ベートーヴェン »