« 番外:独断的歌舞伎感想文 八月納涼歌舞伎1部・2部 花魁草/龍虎/心中月夜星野屋/東海道中膝栗毛/雨乞其角 | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 8月大歌舞伎3部 「通し狂言 盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」 »

2018/08/23

独断的映画感想文:美女と野獣

日記:2018年8月某日
映画「美女と野獣」を見る.
2017年.監督:ビル・コンドン.
出演:エマ・ワトソン(ベル),ダン・スティーヴンス(野獣),ルーク・エヴァンス(ガストン),ケヴィン・クライン(モーリス),ジョシュ・ギャッド(ル・フウ),ユアン・マクレガー(ルミエール),スタンリー・トゥッチ(カデンツァ),ネイサン・マック(チップ),ググ・ンバータ=ロー(プリュメット),オードラ・マクドナルド(マダム・ド・ガルドローブ),イアン・マッケラン(コグスワース),エマ・トンプソン(ポット夫人).1
傲慢の罪で魔女の呪いをかけられた王子とその召使い・城.呪いを解くには,魔女が残したバラの花びらが全て散る前に,「愛し愛されること」を王子が知らねばならなかった.
一方近隣の村で父モーリスと二人暮らしの娘ベル,本の虫で変わり者と村中から相手にされない.或る日モーリスが森で狼に襲われ,偶然逃げ込んだ王子の城で囚われの身となってしまう.モーリスを救いに城に来たベルは,身替わりに城で暮らすことになるが….3
子供だましの通俗的映画.
きら星の様な配役だが,エマ・ワトソン以外は映画の殆どで家具や調度品として登場するので,あまり意味は無い.
音楽的にもエマ・ワトソンの歌唱に特に魅力は無く,感銘を受ける楽曲も無い.
2
フランスが舞台と言っているが,何故黒人の登場人物がこれだけ出てくるのか,理解に苦しむ.
大人の都合で作られた映画という印象が最後まで残った.見て楽しさは特に感じられない.
★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



« 番外:独断的歌舞伎感想文 八月納涼歌舞伎1部・2部 花魁草/龍虎/心中月夜星野屋/東海道中膝栗毛/雨乞其角 | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 8月大歌舞伎3部 「通し狂言 盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/67086966

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:美女と野獣:

« 番外:独断的歌舞伎感想文 八月納涼歌舞伎1部・2部 花魁草/龍虎/心中月夜星野屋/東海道中膝栗毛/雨乞其角 | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文 8月大歌舞伎3部 「通し狂言 盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」 »