« 独断的映画感想文:ブレッドウィナー | トップページ | 独断的映画感想文:さらば愛しきアウトロー »

2020/08/27

独断的映画感想文:半世界

日記:2020年8月某日
映画「半世界」を見る.
1_202009122120012018年.監督:阪本順治.
出演:稲垣吾郎(高村紘),長谷川博己(沖山瑛介),渋川清彦(岩井光彦),池脇千鶴(高村初乃),竹内都子(岩井麻里),杉田雷麟(高村明),小野武彦(大谷吉晴),石橋蓮司(岩井為夫).
三重県の地方都市で暮らす炭焼きの紘,中古車販売業の光彦は,自衛隊に行った瑛介とともに小学校中学校を同級で過ごした3人組.その瑛介が海外派兵のあと自衛隊を辞め,妻子と別れて母亡き後空き家だった実家に戻ってきた.紘は光彦を呼んで久しぶりに3人で飲むが,瑛介は多くを語らない.3_20200912212001
紘は息子にほとんど関心を示さないが,息子明はイジメにあっており,父を疎んじていた.紘はそのことで光彦から注意を受ける.紘は瑛介を炭焼き作業に誘い,また明と話をしてくれるように依頼する.瑛介は次第に打ち解け,明のイジメに対する構えも改善の兆しが見えてきたが….
この映画は3人の友情と,紘の家の家族関係を軸とした物語.脚本がぎくしゃくとした印象があって,話がスムーズに呑み込めて来ない.
例えば瑛介が打ち解けた酒席で,自衛隊での部下でクマのような男が早乙女という名前だったというネタで大笑いするシーンがあるが,実はその早乙女が任地から帰国後自死しており,瑛介はその責任を痛感しているということが後からわかる.この瑛介の態度には違和感あり.2_20200912212001
また脚本には他にも小ネタがあちこちに仕込んであるが,3人の俳優がこれを演ずるとことごとく滑って,これも見ていて面白くない.
俳優では池脇千鶴が好演,38歳の少し不良っぽく少しとぼけたかわいい主婦を絶妙に演じている.終盤の葬儀のシーンでは泣かされた.
「半世界」は,瑛介が紘に言った「おまえらは世間しか知らない,世界を知らない」という言葉に紘が返した「こっちも世界なんだよ。いろいろあんだよ」という会話による.全体として今一歩の感じあり.4_20200912212001
★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ブレッドウィナー | トップページ | 独断的映画感想文:さらば愛しきアウトロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 独断的映画感想文:ブレッドウィナー | トップページ | 独断的映画感想文:さらば愛しきアウトロー »