« 独断的映画感想文:マイ・ブロークン・マリコ | トップページ | 独断的映画感想文:夜がまた来る »

2022/10/06

独断的映画感想文:クレイジー・ハート

日記:2022年10月某日
映画「クレイジー・ハート」を見る.1_20221120165201
2009年.監督:スコット・クーパー.出演:ジェフ・ブリッジス(バッド・ブレイク),マギー・ギレンホール(ジーン・クラドック),ロバート・デュヴァル(ウェイン),ライアン・ビンガム(トニー),コリン・ファレル(トミー・スウィート),ポール・ハーマン(ジャック),ジャック・ネイション(バディ・クラドック).2_20221120165201
バッドは往年の人気カントリー歌手,しかし今はヒット曲もなく独りでバーを回っているドサ周りの日々.歌声は衰えないがアルコールに溺れ,舞台は綱渡りの毎日.自分の弟子と自他ともに認めるトミー・スウィートが全盛だが,彼との共演には応じようとしない.
しかしある日の取材で地方紙の女性記者・ジーンと出会う.思いがけなくも一夜を共にした二人,ジーンは離婚し最愛の息子と二人生きている.二人に心ひかれたバッドは生活を立て直そうと,トミーとの共演依頼に応じ新曲の作成にも挑む.3_20221120165201
その後自損事故を起こしたバッドはサンタフェのジーンの自宅で療養,二人との関係は深まった.ヒューストンの自宅に戻ったバッド,今度はジーンが息子を連れてやってくる.3人で出かけジーンが休憩中に息子を預かったバッド,しかしバッドがバーで一杯やっているうちに息子の姿を見失う.5_20221120165201
警察の捜索で息子は見つかったが,バッドが酒を飲んでいたことでジーンは激怒,荷物をまとめ息子と帰ってしまった.バッドはアルコール依存症の治療に努め,改めてジーンのもとを訪れるが,ジーンはバッドを受け入れなかった….4_20221120165201
主演の二人と共演の二人が,いずれも好きな俳優で楽しかった.ジェフ・ブリッジス演じるバッドの落ち目ぶりがなかなか良い.たれ目のマギー・ギレンホールも愛らしかった.物語としては,ジーンを失ったことでバッドが自分の人生を見直すに至ったこと,その後の経過が印象深い.ラストシーンで描かれる1年4カ月後の二人の再会も素敵.見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:マイ・ブロークン・マリコ | トップページ | 独断的映画感想文:夜がまた来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 独断的映画感想文:マイ・ブロークン・マリコ | トップページ | 独断的映画感想文:夜がまた来る »