« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月に作成された記事

2023/09/22

独断的映画感想文:やがて海へと届く

日記:2023年9月某日
映画「やがて海へと届く」を見る.1_20230925153901
2022年.監督・脚本:中川龍太郎.
出演:岸井ゆきの(湖谷真奈),浜辺美波(卯木すみれ),杉野遥亮(遠野敦),中崎敏(国木田聡一),鶴田真由(卯木志都香),中嶋朋子(伊藤祥栄),新谷ゆづみ(伊藤羽純),光石研(楢原文徳).2_20230925153901
真奈とすみれは大学時代からの親友,すみれが母親と折り合いが悪くなった時期,1年以上真奈の部屋に同居したこともある.すみれが同級生の遠野君と同棲した後も交流は続いていた.
ある日すみれはひとり旅行に出たまま行方不明になってしまう.それから5年,真奈はまだすみれの不在を受けとめられない.遠野君が転居をするのですみれの荷物を処分すると言って来る.遠野君は結婚するらしい.遠野君もすみれの母親も,すみれを亡くなったものとして思い定めようとしていることが,真奈には耐えられない.職場の上司・楢原さんが急死したことをきっかけに,真奈はすみれの辿った後を訪ねてみようと旅に出る….6_20230925153901
彩瀬まるの同名小説を原作とした喪失と再生の物語.当初は真奈の視点から描かれる映画,真奈は人当たりがよく積極的なすみれにあこがれの感情を持つ.4_20230925153901
一方ある時点から映画にはすみれの視線も加わってくる.すみれはすみれで真奈の芯の強さを評価していた.それぞれを演じる岸井ゆきのと浜辺美波の演技が秀逸,終盤の二人が見つめ合う長回しのシーンが印象的だ.エピローグの真奈の独白は,岸井ゆきののアドリブだということも知り,岸井ゆきのの力量には改めて感心.3_20230925153901
映画の冒頭と終盤に挿入されるアニメーションも題名に相応しく暗示的だ.パステル調の色彩に溢れたカメラが美しく,音楽も素晴らしい.見て損はなし.★★★★☆(★5個が満点).5_20230925153901
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/09/14

独断的映画感想文:クラウディ・マウンテン

日記:2023年9月某日
映画「クラウディ・マウンテン」を見る.1_20240103161401
2021年.監督:リー・ジュン.出演:チュー・イーロン(イージョウ),ホァン・チーチョン,チェン・シュー,ジャオ・ジュンイェン.
中国雲南省のカルスト台地の街,付近の山では10年がかりの鉄道トンネルが完成間近.ところが大規模な地盤崩壊が迫り,街に住む16万人が壊滅する危険が迫った.トンネル開削を担当する会社,地質学者の主人公,その恋人,その父らが活躍する災害アクション映画.2_20240103161401
地質学者は洞窟探検のプロであり,かつロッククライミングの名手でもあるというスーパーヒーロー,このひとの八面六臂の活躍とその父の犠牲的精神でハッピーエンドがもたらされる.3_20240103161401
トンネル開削会社は,人民解放軍の鉄道大隊を前身とするらしい.最後は人民解放軍の英雄兵士の物語となってめでたしとなる.ご都合主義の国威発揚・人民宣撫映画の匂いはするが,手に汗握るアクション映画としてまずまずの出来.
★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/09/07

独断的映画感想文:福田村事件

日記:2023年9月某日
アップリンク吉祥寺で映画「福田村事件」を見る.0_20230911172901
2023年.監督:森達也.
出演:井浦新(澤田智一),田中麗奈(澤田静子),永山瑛太(沼部新助),東出昌大(田中倉蔵),コムアイ(島村咲江),木竜麻生(恩田楓),松浦祐也(井草茂次),向里祐香(井草マス),杉田雷麟(藤岡敬一),カトウシンスケ(平澤計七),ピエール瀧(砂田伸次朗),水道橋博士(長谷川秀吉),豊原功補(田向龍一),柄本明(井草貞次).5_20230911172901
1923年,朝鮮での教職勤務に挫折した澤田智一は妻静子とともに故郷福田村に帰ってくる.同級生だった田向は開明派の村長に,一方長谷川は彼と真っ向から対立する在郷軍人会会長になっていた.親方・沼部に率いられた讃岐の薬売りの行商団15人は,関東地方を巡回していた.
9月1日関東大震災が起こると,「朝鮮人が集団で襲ってくる」「朝鮮人が略奪や放火をした」との流言飛語が飛び交い,福田村でも在郷軍人会を中心に自警団が組織される.折しも震災のため足止めを食っていた沼部たちは,利根川を渡ろうと福田村の渡しにやってくるが,そこで大事件が発生する….3_20230911172901
9月6日に起こった福田村事件の全貌を描く映画.この事件で行商団のうち幼児や妊婦を含む9人が,100人以上の村人により殺された.映画の冒頭は,シベリア出兵で戦死した夫の遺骨を持ち帰る島村咲江のシーン.駅頭に村長,在郷軍人会長らが迎える.この後,映画は福田村の人々の生活,人間関係,讃岐の行商団の薬売りのあり様を丁寧に描いていく.4_20230911172901
行商団は被差別部落の人々だ.薬を売る相手も貧しい人々,効く訳はないと自嘲しながら癩病に病んだ人々の集落も訪れ薬を売る.また事件の起こる度に,内務省の指示で「いずれは社会主義者か鮮人か、はたまた不逞の輩の仕業か」と書き添え世論を煽り続ける新聞社で,真の情報を書こうと奮闘する記者の活動も描かれる.事件の背景の日本社会の状況が浮かび上がってくる構成だ.1_20230911172901
それにしても事件直前まで,そんな愚かなことが起こりうるのだろうかとしか思えなかった惨事が,思いがけないきっかけから暴走した人々によって引き起こされる.それは現在の日本でSNS上で連日繰り広げられている攻撃と何ら変わることはない.映画は映像・音楽も素晴らしく,俳優陣も好演.特に在郷軍人会長を演じた水道橋博士が熱演.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »