« 独断的映画感想文:キャラクター | トップページ | 独断的映画感想文:ナックルガール »

2023/11/11

独断的映画感想文:仕掛人・藤枝梅安(2023)

日記:2023年11月某日
映画「仕掛人・藤枝梅安」を見る.20231
2023年.監督:河毛俊作.出演:豊川悦司(藤枝梅安),片岡愛之助(彦次郎),菅野美穂(おもん),小野了(与助),高畑淳子(おせき),小林薫(津山悦堂),早乙女太一(石川友五郎),柳葉敏郎(羽沢の嘉兵衛),天海祐希(おみの),中村ゆり(お香),石丸謙二郎(伊藤彦八郎),鷲尾真知子(おだい),でんでん(下駄屋の金蔵),朝倉ふゆな(お美代),板尾創路(嶋田大学),井上小百合(お千枝),若林豪(善達和尚),田山涼成(善四郎),吉田美佳子(お里),大鷹明良(田中屋久兵衛),六角精児(浮羽の為吉).20236
仕掛け人・梅安シリーズを新しいキャストで描く第1作.それぞれの配役が好演して見応えある時代劇となった.20234
梅安が依頼された仕掛けは料理屋・万七の内儀おみの,おみのの前の内儀・おしずを仕掛けたのも実は梅安だった.この二つの依頼はどう関係するのか.その謎を中心に物語は動いていく.20233
おみのを演じる天海祐希の色気と冷徹さが素敵.梅安がついに仕掛けに踏み切る瞬間のおみのと梅安のやり取りが哀切である.豊川悦治の影ある梅安と愛之助の彦次郎のコンビも素晴らしい.池波正太郎原作の作品に相応しい水準の映画,見て損はなし.20235
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:キャラクター | トップページ | 独断的映画感想文:ナックルガール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 独断的映画感想文:キャラクター | トップページ | 独断的映画感想文:ナックルガール »