2017/07/20

独断的映画感想文:裸足の季節

日記:2017年7月某日
映画「裸足の季節」を見る.1
2015年.監督:デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン.
出演:ギュネシ・シェンソイ(ラーレ(末っ子の五女)),ドア・ドゥウシル(ヌル(四女)),トゥーバ・スングルオウル(セルマ(次女)),エリット・イシジャン(エジェ(三女)),イライダ・アクドアン(ソナイ(長女)),ニハール・G・コルダシュ(祖母),アイベルク・ペキジャン(エロル).2_2
トルコの田舎町に住む13歳から20歳の5人姉妹,両親を事故で失い,今は祖母の家から学校に通っている.
或る日学校の帰りに男子学生と共に海辺で遊んで帰ると祖母が怒っており,姉妹は折檻を受ける.肩車をしていたことを,近所の未亡人から男の首に性器をこすりつけて遊んでいたと通報された為だった.
伯父のエロルが更に激昂,姉妹は学校を止めさせられ,処女検査を受けたうえ家に監禁される.家の塀や窓は鉄格子で覆われ,姉妹は化粧品もPCも電話機もおしゃれな服も全て取り上げられる.3_2
代わりに伝統的な服を着せられ,料理や縫い物等の伝統的家事を教え込まれる.
家を抜け出してサッカー見物に行ったことがバレ,姉妹は上から順に見合い・結婚を強制されるが….
学校は西欧的なのに家は因習的,都会は開放的なのに田舎は閉鎖的,トルコ社会の一面を描いたこの映画は衝撃的である.
長女はボーイフレンドの親から自分に求婚させることに成功するが,次女はその日会った男性とその場で婚約する羽目になり,3女には更に悲劇的な運命が待つ.
4女の結婚に至って残された2人は必死の闘いを繰り広げる….4_2
美しく魅力的な姉妹や青春期特有の明るい挙動の描写と,彼女たちへの因習的な取扱の対比が著しく,映画の問いかけを重く受け止めざるを得ない.
オーディションで採用された5人の少女達が素晴らしく,またカメラ・音楽が美しく映画としての魅力に満ちている.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

独断的映画感想文:悪童日記

日記:2017年7月某日
映画「悪童日記」を見る.
0
2013年.監督:ヤーノシュ・サース.
出演:アンドラーシュ・ギーマント(双子),ラースロー・ギーマント(双子),ピロシュカ・モルナール(祖母),ウルリク・トムセン(将校),ウルリッヒ・マテス(父),ジョンジュヴェール・ボグナール(母).3
一部ネタバレあります.
ハンガリー国境沿いの村に疎開してきた双子の兄弟,母親は彼等を不仲の実母(おばあちゃん)に預けて首都に去る.おばあちゃんはかって夫を殺したと疑われ,人々が「魔女」と密かに呼ぶ女,双子はその日からこき使われる.
双子はおばあちゃんの手伝いを確実にしてのけると共に,自学自習し,困難に耐える訓練を自分たちに課し,戦争で荒みきった社会をしたたかに生き抜いていく….4
アゴタ・クリストフの1986年のベストセラーを映画化した作品,原作で今ひとつ実感の湧かなかった双子が見事に具現化された.
大人の様で子供,一人の様でふたりの双子の主人公が,誠に効果的に描かれている.
全体の雰囲気が,寓意性のあるスラブ民話の様になっているのも印象的.音楽が素晴らしいと思ったら,最近「メッセージ」や「ボーダーライン」でお馴染みとなったヨハン・ヨハンソンだった.2
また双子の父親で惨めな兵士を演じているウルリッヒ・マテスは,「ヒトラー 〜最期の12日間〜」でゲッベルスを演じていた人である(何となく皮肉な感じを受ける).
映画全体としては,原作の衝撃的内容を良く表現し得ている.只,原作でもその理由が良く判らなかった,最終場面での双子の別離の理由は,映画でも観客の想像に任されている様だ.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (1)

2017/07/04

独断的映画感想文:ボーダーライン

日記:2017年6月21日
映画「ボーダーライン」を見る.1
2015年.監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ.
出演:エミリー・ブラント(ケイト・メイサー),ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ),ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー),ヴィクター・ガーバー(デイヴ・ジェニングス),ジョン・バーンサル(テッド),ダニエル・カルーヤ(レジー・ウェイン).
FBIの女性捜査官ケイトは,チームと共に麻薬関連の誘拐組織の拠点を急襲するが,仕掛けられた爆弾で犠牲者を出す.2
その後,ケイトはメキシコの麻薬組織「ソノラ・カルテル」撲滅の為の特殊チームに選抜され,志願する.チームのリーダー・マットはCIAで,同行する案内人アレハンドロの所属は不明.
チームは国境を越えメキシコのファレス市で組織の幹部ディアスの弟のギレルモを引き取るが,帰路の渋滞で車列は組織の襲撃を受け,マットのチームは一般車のいる車道での銃撃戦で襲撃者を壊滅させる.ケイトも襲ってきたメキシコ警官に応射する.3
アレハンドロはギレルモを拷問してディアスの居所を聞き出し,更にマットのチームは不法移民者の尋問から密輸トンネルの場所を特定,トンネルへの攻撃を準備する.
ケイトの選抜は,CIA単独では禁止されている捜査を,FBIとの連携を大義名分に行う為だったと判明,ケイトは上司にマットの違法捜査を報告するが….
法と秩序ではどうしようもない麻薬戦争の凄惨な現場を,ケイト,マット,アレハンドロという3者の視点から描く.プロットは複雑で,誰が誰の味方なのか敵なのか,判断しきれないまま物語は進行する.
4
しかし画面の緊張感は高く,壮烈な争闘のシーンがテンポ良く展開されていくのが印象的.3者の演技がそれぞれに良いが,何と言っても謎の殺し屋アレハンドロを演じるベニチオ・デル・トロの存在感が凄い.
また,監督と「メッセージ」でもコンビを組んでいるヨハン・ヨハンソンの,第88回アカデミー賞音響編集賞及び作曲賞にノミネートされた音楽が素晴らしい.見応えのある映画.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (2)

2017/06/28

独断的映画感想文:ヒメアノ~ル

日記:2017年6月某日.
映画「ヒメアノ~ル」を見る.0
2016年.監督:吉田恵輔.
出演:森田剛(森田正一),濱田岳(岡田進),佐津川愛美(阿部ユカ),ムロツヨシ(安藤勇次).
何という満足もなく日々を暮らしている清掃会社のバイト・岡田は,先輩の安藤から喫茶店のバイト・ユカへの恋のキューピッド役を強制される.1_2
一緒に行った喫茶店で高校の同級生・森田と再会した岡田は,ユカから森田がストーカーらしいと相談を受ける.安藤先輩は自分らがユカを守ると色めき立つが,安藤先輩の告白を伝えた岡田に,ユカは岡田が好きだと打ち明ける.
安藤先輩との関係に悩みつつ,岡田はユカと深い仲になってしまうが,それを知った森田は岡田を殺そうと動き始める.森田は高校生の時,自分をいじめ抜いた同級生を襲って殺した過去があった….
コミックを原作とした映画.2
前半はちょっと気味の悪いラブコメかと思いきや,後半は猟期連続殺人事件となる.原作がコミックのせいか,登場人物のキャラクターがいちいち極端すぎて,穏やかな気分で画面を見ていられない.
一方でそのキャラクターを演じる俳優はいずれも好演,特に画面に登場した瞬間から強烈な違和感を発散する森田剛,こういう先輩とだけはつき合いたくないと思わせるムロツヨシは,見応えあり.安藤先輩はむしろ,更に尖って活躍した方が良かったと思うが,意外な結末となったのは残念.
面白かったが生理的には見辛い映画.
★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (3)

独断的映画感想文:クリミナルズ

日記:2017年6月某日.
映画「クリミナルズ」を見る.1
2011年.監督:ガブリエル・ペルティエ.
出演:ピエール=フランソワ・ルジャンドル(アンドレ・シュプレナン巡査部長),ブリジット・ポゴナ(サボワ巡査),ノルマン・ダムール(ジングラ巡査部長),ミシェル・ラピリエール(アセリン),ステファニー・ラポワント(ロザリー).
フランス語圏カナダの映画.一部ネタバレあり.
海に囲まれた孤島で,地元市長の娘が殺害・暴行される事件が発生,地元警察のアンドレ巡査部長と派遣されてきた殺人課の刑事が,互いを意識しながら捜査を進める.
捜査の常道を進める刑事と地元ネットワークを駆使して容疑者をリストアップしていくアンドレ達地元勢.アンドレは別居中の妻と同居している娘がおり,娘は被害者とも夜遊び仲間だったらしい.
相棒のサボワ巡査はアンドレに心酔しているが,アンドレは水を見るとパニック障害になる持病もあって,悩みは絶えない状況.
映画の方は本格的ミステリーで,謎解きの面白さを追求する展開だが,登場人物は多く話は込み入っていて,殺人事件に並行して麻薬の密輸という事件も絡んでおり,事件背景もいまいち掴みにくい.
結果はアンドレの推理が的中してめでたしめでたしとなるかと思いきや,犯人逮捕という結果にはならず,やはりアンドレは詰めが甘い.あまりすっきりとはしない結末だった.という訳で★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/23

独断的映画感想文:クー嶺街少年殺人事件

日記:2017年6月某日
映画「クー嶺街少年殺人事件」を見る.
1991年.監督:エドワード・ヤン.1_2
出演:チャン・チェン(小四(シャオスー)/張震),リサ・ヤン(小明(シャオミン)),ワン・チーザン(王茂/小猫王(ワンマオ/リトル・プレスリー)),クー・ユールン(飛機(フェイジー)),タン・チーガン(小馬(シャオマー)),ジョウ・ホェイクオ小虎((シャオフー)),リン・ホンミン(ハニー),チャン・ホンユー(滑頭(ホアトウ)),ワン・ゾンチェン(二條(アーティアオ)),タン・シャオツイ(小翠(シャオツイ)),ヤン・シュンチン(山東(シャンドン)).2_2
国民政府が大陸から台湾に撤退して10年たった1960年,台湾国内はまだ安定せず社会は不安に覆われていた.
上海から移住した張家の次男・小四は夜間中学に通っている.小四の同級生・王茂(ワンマオ),飛機(フェイジー),滑頭(ホアトウ)らは「小公園」という不良グループに属していたが,リーダーのハニーは対立グループ「217」のボスを殺して台南に逃げたらしい.
小四が学校で知り合った少女小明は,ハニーの女だという.小明と親しくなった小四は,ある日対立グループ217に見つかり因縁をつけられるが,転校生で軍の指令官の息子小馬に助けられる.
217グループとの抗争,学校の隣の映画スタジオへの潜入,小明や小馬を中心とした級友達とのつき合いに,小四の生活は過ぎて行くが,或る日ハニーが台南から戻ってくる.一方,小四の父はある晩突然,秘密警察に連行される….3_3
国民政府がまだ大陸反攻を呼号していた1960年代の台湾を舞台に,中学生による殺人事件とその社会的背景を描く映画.
中学とは言え,夜間部だけにかなり年かさの生徒や様々な境遇の生徒がいるうえ,国家の締め付けも厳しく学生生活は緊張感に満ちている.
そのなかで比較的真面目に過ごしていた小四が,ハニーと出会ったことで受けた影響が,思わぬ悲劇に繋がっていく展開が印象的だ.4_2
小四を演じたチャン・チェンはこの映画の後「レッドクリフ」の孫権役等で活躍している.小明は母子家庭の貧しい娘で,大人と子供の両面を持つ複雑なキャラクターだが,演ずるリサ・ヤンはやや魅力不足だったか.いずれにしろ登場人物が大勢で,その人間関係を掴むのも一苦労だった.
本編は4時間に及ぶ長尺で,映画そのものに退屈はしないが,3時間を越すあたりでは中座する客が出始め集中を削がれた.
映画の中でラジオから「潮来笠」の台湾語バージョンが流れていたり,この時代の台湾の風景も興味深い.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

独断的映画感想文:ハドソン川の奇跡

日記:2017年6月某日
映画「ハドソン川の奇跡」を見る.1
2016年.監督:クリント・イーストウッド.
出演:トム・ハンクス(Chesley 'Sully' Sullenberger),アーロン・エッカート(Jeff Skiles),ローラ・リニー(Lorraine Sullenberger),アンナ・ガン(Elizabeth Davis).2
2009年1月15日に発生した,USエアウェイズ1549便ハドソン川着水航空事故の顛末.
840mの低空で鳥の群れと遭遇,両エンジン停止という事態に直面したサレンバーガー機長は,冷静で敏速な判断でハドソン川への着水を敢行,乗員乗客155名は全員無事だった.
機長は一躍国民的英雄ともてはやされたが,国家運輸安全委員会の事故調査には左エンジンには推力があったというデータと,コンピュータシミュレーションではラガーディア空港に帰還可能だったという資料が提出され,機長は厳しい追及を受ける….3
95分間の作品.
この物語の経過と結末は誰もが知っているので,国家運輸安全委員会の結論や各委員の発言等に,大きな脚色は加え得ないと思われる.その為,委員会の結論がどうなるかというドキドキはらはらは感じない.
一方,困難な状況とPTSDとも思える事故後の不安の中で,機長が事故に対処しその後の委員会への対応もきっちりしていたことが示され,感銘的だ.
4
サレンバーグ機長という,アメリカ人が安心して賞賛できるヒーロー像を過不足なく描いて,映画として成功している.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (4)

2017/06/10

独断的映画感想文:グランド・フィナーレ

日記:2017年5月某日
映画「グランド・フィナーレ」を見る.1
2015年.監督:パオロ・ソレンティーノ.
出演:マイケル・ケイン(フレッド・バリンジャー),ハーヴェイ・カイテル(ミック・ボイル),レイチェル・ワイズ(レナ・バリンジャー),ポール・ダノ(ジミー・ツリー),ジェーン・フォンダ(ブレンダ・モレル).
2
英国の世界的作曲家・指揮者フレッドは現役を引退し,スイスのリゾートホテルで優雅に休暇を過ごしている.
親友で映画監督のミックは,現役最後の映画を撮ろうと同じホテルで脚本を制作中,主演と頼む女優ブレンダの到着を待っている.
3
フレッドのもとに,皇太子の誕生日記念に彼の名曲「シンプル・ソング」を指揮する様,女王陛下の依頼の使者が来るが,フレッドは何故か断り続ける….
高級リゾートホテルで繰り広げられる,フレッドとミック2人の人生の終盤を語る物語.4
凝りに凝った映像,美しい音楽(特に「シンプル・ソング」は,期待に違わぬ美しさだ),マイケル・ケインの殆ど動かない静謐の演技と,ハーベイ・カイテルの淡々としながらも決然とした演技は,いずれも素晴らしい.5
映画はリゾートホテルでのエピソードを積み重ね,物語が動くのは最終局面に入ってからだが,全く退屈することはない.
最後の演奏場面が終わった後の深い感銘が心に残る映画.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (4)

2017/06/07

独断的映画感想文:ひつじ村の兄弟

日記:2017年5月某日
映画「ひつじ村の兄弟」を見る.
1
2015年.監督:グリームル・ハゥコーナルソン.
出演:シグルヅル・シグルヨンソン(グミー),テオドール・ユーリウソン(キディー),シャーロッテ・ボーヴィング(カトリン).
2
日本では珍しい製作国:アイスランド/デンマークの映画.
アイスランドの辺境の地でひつじを飼うキディー・グミーの兄弟.優秀なひつじの育成に心血を注ぎ,品評会では常に優勝争いを演じる2人だが,「もう40年も口をきいたことがない」という極端な不仲.
ところがある年,優勝したキディーの羊が疫病に冒されていたことが判明する.5
村の羊は全頭殺処分と決まり,村は悲嘆のどん底に突き落とされるが,老兄弟にとって優れた血統の羊を失うことは,特に厳しい痛手だった.
当局から羊の殺処分と飼料・飼育施設の可燃部分の全面廃棄を命じられた二人だったが….
アイスランドの辺境を舞台に,牧羊への執念と老兄弟の絆を描く映画.
兄弟の不仲の原因は余りはっきりしないが,キディーの性格を嫌った父親が,全ての土地をグミーに相続させたことが原因らしい.3
映画は厳しいアイスランドの自然と不仲の兄弟を描きながら,何とも言えないゆったりした時間の流れと,そこはかとないユーモアが魅力的.
兄弟は口をきかない為,キディーの牧羊犬を互いに使って手紙を伝えあう.この牧羊犬が愛嬌があって可愛い.
またこの地の人達の頑健さも印象的で,飲んだくれて雪の中に倒れ凍りかけていたキディーをグミーの家に担ぎ込み,熱い湯船に放り込むと元に戻る,というシーンにも吃驚.4
終盤の展開は,人間の絆と容赦のない自然の猛威が共に描かれ,余韻に満ちたエンディングとなる.映画の魅力に満ちた作品.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (3)

独断的映画感想文:鶯

日記:2017年5月某日
映画「」を見る.
1938年.監督:豊田四郎.Uguisu
出演:御橋公(人事主任三好),伊達信(尺八流し),鶴丸睦彦(卯之吉),押本映治(村会議員),北沢彪(小野崎訓導),藤輪欣司(鶏泥棒),汐見洋(医師),霧立のぼる(百姓女),清川虹子(百姓女の母),堤眞佐子(鶯を売る女),村井キヨ(林檎売り),文野明子(ハル),杉村春子(産婆八重),水町庸子(ヨシエ),藤間房子(キン婆さん),堀川浪之助(司法主任),江藤勇(刑事主任),恩田清二郎(齋藤巡査).
15年戦争が始まって8年経っている割には,のどかほのぼの一色の映画.
冒頭は駅の待合室後半は警察署が舞台だが,登場人物には身売りされようとする少女,子連れで長万部まで行こうという男やもめ,むかし曲馬団に売られた娘を探している老女,モグリの助産師,死んだ赤子の香典をすべて飲んで泥酔した尺八吹き等が出てくる.
貧しいものたちの群像劇というわけだが,彼らの問題は全て,鉄道の駅員や警官たちの温情溢れる対応や説諭によって解決する.世の中はこういう映画を求めていたのだろうか.
グランドホテル形式のハッピーエンドで,知っている俳優は清川虹子,杉村春子くらいだが,俳優はいずれも安定した演技で映画としては見応えあり.
農村の風景は(「爛漫」の法被を着たひとが出てくるので,秋田県らしい),自分が小学生だった1960年代前半と基本的には同じ様で,懐かしかった.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧