2019/10/08

独断的映画感想文:孤狼の血

日記:2019年10月某日
映画「孤狼の血」を見る.1_20191012134001 2017年.監督:白石和彌.
出演:役所広司(大上章吾),松坂桃李(日岡秀一),真木よう子(高木里佳子),滝藤賢一(嵯峨大輔),中村獅童(高坂隆文),竹野内豊(野崎康介),伊吹吾郎(尾谷憲次),ピエール瀧(瀧井銀次),田口トモロヲ(土井秀雄),石橋蓮司(五十子正平),江口洋介(一之瀬守孝).2_20191012134001 広島の地方都市呉原,地元の暴力団・尾谷組と広島の右翼系暴力団・五十子会の下部組織加古村組が,激しくしのぎを削っている.呉原東署の○暴刑事・大上は法を無視し暴力団との癒着も噂される暴れん坊,そこに広大卒の新人刑事・日岡が配属される.
日岡は大上に激しく反発しながらも○暴担当として厳しく鍛えられるが,日岡は実は大上を監査するために派遣されていた.大上は加古村組の組織犯罪の捜査を進める一方,加古村組への尾谷組の暴発を押さえるために奔走するが….4_20191012134001 凄惨な映像を伴う実録系やくざ映画.その映像が,テンポ良く進む物語の強烈なアクセントとなる.
映画の進展に伴い,観客は大上や日岡の人となりや,ヤクザ組織と警察の関係,特に五十子会と警察首脳の醜悪な癒着を知るようになる.その中で,やくざや刑事達の一瞬見せる侠気や勇気,信念が感銘的だ.5_20191012134001 何と言っても役所広司が圧倒的な力量,その大上を追って日岡が見せる日岡らしい行動を,松阪桃李が好演している.ピエール瀧が良い味,石橋蓮司が相変わらず元気,その他きら星の俳優達がそれぞれ見応えあり.3_20191012134001 力の入った映画.★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/10/06

独断的映画感想文:ジョーカー(2019)

日記:2019年10月某日
ユナイテッドシネマ・としまえんで映画「ジョーカー」を見る.1_20191007170801
2019年.監督:トッド・フィリップス.
出演:ホアキン・フェニックス(アーサー・フレック),ロバート・デ・ニーロ(マレー・フランクリン),ザジー・ビーツ(ソフィー・デュモンド),フランセス・コンロイ(ペニー・フレック),ブレット・カレン(トーマス・ウェイン).5_20191007170801
アーサー・フレックは,ピエロの扮装をしたパフォーマンスや街頭宣伝で,母2人と細々と暮らしている.不意に起こる笑いの発作で医療保護を受けているが,まともな職には就けない.
本人はコメディアンとして舞台に立ちたい希望があり,マレー・フランクリン司会のトークショーが好きで,いつかマレーと共にTVに出たいと思っている.母親は昔勤めたことのある富豪・ウェイン家に窮状を訴える手紙を度々書くが,返事は来ない.
アーサーは街頭宣伝中にチンピラに襲われ袋だたきに遭った上,壊された看板代を給料からさっ引かれる.同僚が身を守れと拳銃と銃弾を譲ってくれるが,その拳銃にアーサーは激しく魅了される.2_20191007170801
しかし小児科病棟でのピエロの仕事の最中に誤って拳銃を落としたアーサーは,即刻プロダクションをクビになる.傷心のアーサーはその扮装のまま,地下鉄で酔ったウェイン社のサラリーマンに絡まれ暴行を受ける.反射的に拳銃で3人を射殺し逃げおおせたアーサー,しかしウェイン社長が射殺犯を非難したコメントは下層階級の反感を呼び,謎のピエロはあたかも英雄のようにもてはやされた….
バットマンの宿敵:ジョーカーの誕生を描く物語.4_20191007170801
この映画のジョーカーは,ナイーブで優しくしかし激情に駆られる人物だ.後にバットマン映画に登場する,奸智に長けたジョーカーには未だほど遠いところにいる.
しかしこのジョーカーの魅力的なことはどうだろう.妄想に駆られ,妄想の中にしか慰めを見いだせないジョーカー,演じるホアキン・フェニックスの痩せさらばえた肉体も含め,その存在感は圧倒的だ.映画の色調,音響もこれに同調して素晴らしい.この映画は「ホアキン・フェニックスが演じるジョーカー」を見る映画といって過言ではない.6_20191007170801
クライマックスのアーサーとマレー・フランクリンの応酬が,やや迫力を欠いたのは残念.マレーの対応は,暴力と犯罪に対しあまりに紋切り型過ぎたのではないか.3_20191007170801
★★★★(★5個が満点).
蛇足:終盤,暴動の町を車の中から眺めるアーサーのシーンに流れる,クリームの「ホワイト・ルーム」が秀逸.ジンジャー・ベーカー(クリームのドラマー)の訃報は映画を見た後知った.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/10/05

独断的映画感想文:ガンジスに還る

日記:2019年10月某日
映画「ガンジスに還る」を見る.1_20191012110801
2016年.監督:シュバシシュ・ブティアニ.
出演:アディル・フセイン(ラジーヴ),ラリット・ベヘル(ダヤ),ギータンジャリ・クルカルニー(ラタ),パロミ・ゴーシュ(スニタ),ナヴニンドラ・ベヘル(ヴィムラ),アニル・ラストーギー(ミシュラ).4_20191012110801
教師を引退して77歳になったダヤは,ある日少年時代の夢を見る.死期を悟ったダヤは,ガンジス河畔の聖地バラナシに行く決意を固める.息子ラジーヴは寝る間も携帯を離せない猛烈サラリーマンだが,止むなく父の付添を務めることになる.
二人はバラナシの「解脱の家」に下宿し,ダヤはすぐに同宿の人々とうち解けるが,ラジーヴは父に料理が不味いと叱られ,顧客からの電話に翻弄され途方に暮れる….2_20191012110801
長回しを多用し,テンポの緩やかな穏やかな映画だが,退屈することはない.ラジーヴと妻の些細な口論や愛の語らい,ダヤと孫娘の情愛溢れるやり取り等が面白く,また映像に沿ったインド音楽が美しい.5_20191012110801
ぶつぶつ言いながらも父に仕える,ラジーヴとダヤのインド的父子関係も印象的だ.映画で語られるインド人の死生観も興味深い.一見の価値ある映画.★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/10/03

独断的映画感想文:羊と鋼の森

日記:2019年10月某日
映画「羊と鋼の森」を見る.1_20191007173901
2018年.監督:橋本光二郎.
出演:山崎賢人(外村直樹),鈴木亮平(柳伸二),上白石萌音(佐倉和音),上白石萌歌(佐倉由仁),三浦友和(板鳥宗一郎),堀内敬子(北川みずき),仲里依紗(濱野絵里),光石研(秋野匡史),吉行和子(外村キヨ).4_20191007173901
北海道の森の中で育った外村直樹は,高校の時にピアノ調律の現場に立ち会いその仕事に魅了される.調律師の学校を出た外村は,憧れの調律師・板鳥のいる楽器店に採用が決まり,先輩の柳の指導で調律師としてスタートする.2_20191007173901
柳が担当している佐倉家の姉妹は対照的なピアノを弾く二人,姉の和音は柔らかなピアノを,妹の由仁は華々しいピアノを弾く.この二人の注文を受けながら調律する柳,やがて外村は佐倉家の担当を任されるのだが….5_20191007173801
一人の調律師が生まれ育っていく過程を描く,本屋大賞ベストセラーの映画化,原作は未読.羊とはフェルト,鋼鉄はピアノの弦を表す.調律師の成長過程という題材をしっかり描いており,映像も緑の森,ダイアモンドダスト等北海道らしい自然の描写が素晴らしい.
佐倉姉妹を演じる上白石姉妹も良かった.特にこの二人を始め,ピアノの演奏シーンの演奏の演技が丁寧で,好印象を持った.三浦友和,鈴木亮平,光石研も好演.3_20191007173801
主演の山崎賢人は物足りない.そもそも外村が何故調律師を目指したのか,弟や両親との関係にどういう問題があったのか等は説明不足で,中途半端.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/09/22

独断的映画感想文:女王陛下のお気に入り

日記:2019年9月某日
映画「女王陛下のお気に入り」をみる.1_20190925181501 2018年.監督:ヨルゴス・ランティモス.
出演:オリヴィア・コールマン(アン女王),エマ・ストーン(アビゲイル・ヒル),レイチェル・ワイズ(レディ・サラ),ニコラス・ホルト(ロバート・ハーリー),ジョー・アルウィン(サミュエル・マシャム),マーク・ゲイティス(モールバラ公(ジョン・チャーチル)),ジェームズ・スミス(ゴドルフィン).5_20190925181501 18世紀初頭・アン女王の治世,イギリスがフランスとの戦争状態にあった時代.実父に賭博のかたでドイツ人に売られたアビゲイルは,従姉妹のレディ・サラのもとに転げ込み女中として採用される.レディ・サラ・モールバラはアン女王の同窓生,頭脳明晰で判断力抜群,アン女王の信頼厚くイングランドの政策は実質彼女が背負っていた.夫のモールバラ公はフランス遠征軍の指揮官である.
アビゲイルはレディ・サラの侍女として薬草の知識で女王の痛風の治療に貢献,女王の信頼を得る.更にアビゲイルは,本を探しに忍び込んだレディ・サラの自室で,サラと女王の愛を交わす現場を目撃してしまう….3_20190925181501 女王とその寵愛を争う女性2人の息詰まるやり取りを描く英国時代劇.といっても描写は極めて現代的で,女王へのアプローチに失敗したアビゲイルが「くそっ(FUCK)」と連呼しながら王宮の廊下を歩いて行くシーンには笑ってしまう.
サラとアビゲイルの確執には,スペイン継承戦争の行方とホイッグ党・トーリー党の政権争いも絡み,絶対君主・アン女王のむら気と病勢も影響して,その決着は予断を許さない.2_20190925181501 映画は冷静沈着なサラと,激しい感情と強気を前面に押し出すアビゲイルの,対照的な描写が面白い.一方で生まれた全ての子(17人)を失った女王の哀しみと,そこにアビゲイルがつけ込むシーンも心に残る.また,個性的な音楽と暗鬱なイングランドの自然描写も印象的.
まあ,日本では天皇や将軍の性生活や欠点を描く映画を作る自由は事実上ないことを考えると,こういう映画にはことさら魅力を感じるのだろうか.★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/09/17

独断的映画感想文:ドッグマン

日記:2019年9月某日
ヒューマントラストシネマ渋谷で映画「ドッグマン」をみる.1_20190917201501
2018年.監督:マッテオ・ガローネ.
出演:マルチェロ・フォンテ(マルチェロ),エドアルド・ペッシェ(シモーネ),アダモ・ディオニージ(フランコ),アリダ・カラブリア(アリダ),ラウラ・ピッツィラーニ(元妻).2_20190917201501
イタリアのうらぶれた海辺の町で,犬のトリミングサロンを営んでいるマルチェロ.別れた妻との関係はまずまずで,一人娘のアリダをこよなく愛している.腕も良く,町の人とも良好な関係だが,町のごろつきシモネとは腐れ縁が続いている.小柄で気弱なマルチェロは,圧倒的なシモネの暴力に屈服して,たびたび悪事を手伝わされていた.
ある日シモネが,マルチェロの店から壁越しに隣の貴金属商・フランコの店に押し込もうと言い出す.全てを失うことになると必死で反対するマルチェロ,しかしシモネの暴力に止むなく店の鍵を渡してしまう.フランコの店は襲われマルチェロは逮捕されるが….4_20190917201501
何とも不条理でやるせない男の物語.シモネは町中の嫌われ者,彼にひどい目に会わされたスロットマシン屋の親父は殺し屋を雇おうとまで言い出すのだが,マルチェロは賛否も明らかにせず黙ったまま.
如何に圧倒的な暴力性があろうと,相手はマフィア組織ではなく一人のごろつきに過ぎない,自身と家族を守るためにはもうちょっと何とかならないのだろうか.そういう観客の思いとは裏腹に,マルチェロは只ひたすら屈従する.6_20190917201501
物語の進行と共に,マルチェロはシモネの幼馴染みでは?という感じもしてくるのだ.マルチェロはシモネにヤクを融通しているが,自分だって勿論ヤクをやる.シモネに無理矢理泥棒の手助けを強要されるが,その分け前も(少ないが)しっかりもらっている.シモネと付き合っているといいこともある,そういう関係が少年の頃からできているのではないか.そこにマルチェロの狡さも感じられ,話はますます救いがない.5_20190917201501
映画は演出,カメラ,音楽,そして主演:マルチェロ・フォンテの演技を挙げて,この救いの無さを見事に描いている.予告編を見てスカッとするエンディングを予想していたが,果たしてそうなるかどうか,それもお楽しみ.印象に残る映画.★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/09/08

独断的映画感想文:ガーンジー島の読書会の秘密

日記:2019年9月某日
TOHO日比谷シャンテで「ガーンジー島の読書会の秘密」を見る.1_20190908212601 2018年.監督:マイク・ニューウェル.
出演:リリー・ジェームズ(ジュリエット・アシュトン),ミキール・ハースマン(ドーシー・アダムズ),グレン・パウエル(マーク・レイノルズ),ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(エリザベス・マッケンナ),キャサリン・パーキンソン(アイソラ・プリビー),マシュー・グード(シドニー・スターク),トム・コートネイ(エベ・ラムジー),ペネロープ・ウィルトン(アメリア・モーグリー).2_20190908212601 1946年,大戦の傷跡も未だ癒えないロンドン.作家ジュリエットは或る日,英国王室属領・ガーンジー島で読書会をしているダーシーという男から手紙を受け取る.手紙は,ガーンジー島には本屋が無く,彼が手に入れた古本の見返しに住所・氏名をサインしていたジュリエットに,ロンドンの本屋の紹介を依頼してきたものだった.3_20190908212601 興味を引かれたジュリエットはダーシーと文通を始める.ガーンジー島は大戦中ナチに占領され,島民は苦しい生活を強いられた.「ガーンジー読書とポテトピールパイの会」は貴重な憩いの場だったという.作品の方向性に悩んでいたジュリエットは,この読書会に取材して記事をタイムズに発表しようと考え,ガーンジー島に向かう.
ジュリエットは島のモーグリー宅で開かれた読書会に迎えられ,皆とうち解けるが,取材結果をタイムズに掲載したいという希望は,断固拒否される.またメンバーの内エリザベスという若い女性は不在で,ダーシーをパパと呼ぶモーグリー宅の少女キットは,エリザベスの子だとジュリエットは知ることになる.4_20190908212601 ジュリエットはエリザベス不在の理由を調べるため滞在を続け,島の新聞社のアーカイブを調べ島民に質問をする.その結果戦争末期にエリザベスはドイツ軍に逮捕され,大陸に連行されたと分かる.ジュリエットは婚約者で米軍将校のマークに,エリザベスの行方を調査依頼するが….
映画の舞台ガーンジー島はイギリス海峡サン・マロ湾にあり,フランス本土から50km足らずのところにある美しい島.また背景となる読書会は,本を朗読したり,感想を発表したり,それを巡る議論を交わしたりという会で,「ガーンジー読書とポテトピールパイの会」でも5名の年齢性別様々な参加者が熱い議論を交わす様子が描かれる.5_20190908212601 物語はジュリエットの調査を通じ,大戦中の災厄と人々が味わった辛酸を一つまた一つと明らかにしてゆき,自らも大戦で両親を亡くしているジュリエットがそのことに心を動かされていく経過が印象的だ.俳優ではジュリエット役のリリー・ジェームズが美しく魅力的,またアメリア・モーグリー役のペネロープ・ウィルトンの演技が素晴らしい.6_20190908212601 戦争の傷跡を描いたこの映画は,また一つの恋の物語でもある.舞台・背景含めて映画としての魅力充分,見応えあり.★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/08/29

独断的映画感想文:ロケットマン

日記:2019年8月某日
TOHOシネマズ新宿へ.映画「ロケットマン」を見る.1_20190830140501 2019年.監督:デクスター・フレッチャー.
出演:タロン・エガートン(エルトン・ジョン),ジェイミー・ベル(バーニー・トーピン),ブライス・ダラス・ハワード(シーラ・フェアブラザー),リチャード・マッデン(ジョン・リード).3_20190830140501 本人が製作総指揮を執るエルトン・ジョンの自伝的物語.ミュージカル仕立てだが,楽曲は殆どがエルトン・ジョンのヒット曲で歌うのはエルトン・ジョンである.
映画の冒頭,奇抜な衣装のまま依存症の会合に参加するエルトン・ジョン,自身の薬物・アルコールへの依存を明かし,愛に恵まれなかった少年時代を語り始める.4_20190830140501 父と母は不仲で,両者ともその不満を息子にぶつけていた.祖母アイヴィはエルトンの音楽の才能に気付き,ピアノの教育を受けさせる.エルトンは国立音楽院の奨学金を受け入学,やがてロックに傾倒しバンド活動を開始,レコード会社の公募に応募して作詞家バーニー・トーピンと巡り会う.
作品が会社に認められ,アルバムリリースが決定,二人はアメリカデビューのため,ハリウッドのライブハウス:トルバドールに行く.ここでのライブ成功で人気が爆発したエルトン・ジョン,のちにマネジャーになるジョン・リードとも恋に落ちるが….
世界的なスターになりチケット完売のツアーを続けるエルトン・ジョン,しかし愛に満たされずジョン・リードには冷たくあしらわれ,薬と酒に身を滅ぼしていく.遂には依存症更生施設へ入所し,自身と他人との関係を見直す経過を辿る.後半はエルトン・ジョンの自身の解体・再生の物語だろう.2_20190830140501 音楽映画として魅力的な場面に満ちあふれた映画.自宅のピアノで,バーニーの詞を見ながら「Your Song」を創り出して行く瞬間のスリリングなシーン,トルバドールで「Crocodile Rock」のパフォーマンスが成功する爆発的な歓喜のシーン….これらのシーンは観客を映画に引き込んで離さないだろう.
中盤の両親それぞれとの葛藤や,幼かった自分との和解のシーンには胸を打たれる.終盤バーニーと再び曲作りを始めようとするシーンも素晴らしい.5_20190830140501 主演のタロン・エガートンは,演技も歌も文句なし.母親役のブライス・ダラス・ハワードは,つい先日見た「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のクレア役だったとは信じられない面変わり,達者なものです.
元来僕はミュージカルは嫌いなのだが,この映画の魅力には抗し難い.★★★★(★5個が満点)
蛇足:愛人だったジョン・リードは,「ボヘミアン・ラプソディ」でクィーンのマネジャーとしても登場した敏腕マネジャー.この映画ではかなり悪役に描かれているが(実際エルトン・ジョンから横領の疑いで解雇され,数億円を返済して和解),本人はオーストラリアで健在とのこと.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/08/28

独断的映画感想文:馬を放つ

日記:2019年8月某日
映画「馬を放つ」を見る.1_20190830135301 2017年.監督:アクタン・アリム・クバト.
出演: アクタン・アリム・クバト,ヌラリー・トゥルサンコジョフ,ザレマ・アサナリヴァ,タアライカン・アバゾバ.
3_20190830135301 キルギスの田舎町に住むケンタウロスと呼ばれる男,聾唖の妻マリンパと口をきかない5歳の息子ヌルベルディと共に穏やかに暮らしている.男は元映写技師だったが町の映画館が潰れた後は日雇い仕事で暮らしているのだ.
ケンタウロスはキルギスの神の伝説を深く信奉しており,夜になると厩舎の馬を野に放つという行為をしばしば行っていた.高価な馬を盗まれた有力者のカラバイは,他の牧場主と語らって,罠を仕掛けて犯人を捕らえようとする….4_20190830135301
「馬は人の翼だ」というキルギスの言い伝えが映画の冒頭に掲げられるが,そのキルギスの心情に生きるケンタウロスを描く寓話的映画.
5_20190830135301 伝統的な立場の村の長老達,新興の有力者達,強引な布教を進めるイスラム教の指導者,馬を食用に売買する業者等が物語に登場するが,ケンタウロスの妻子への愛情や純朴な思いが翻弄されていく様子が,印象的だ.2_20190830135301
映画は悲劇的な結末を迎えるが,最後に起こる小さな奇跡が心に残る.映画らしい映画.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/08/24

独断的映画感想文:ビル・エヴァンス タイム・リメンバード

日記:2019年8月某日
ユジク阿佐谷で映画「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」を見る.1_20190825220201 2015年.監督:ブルース・スピーゲル.4_20190825220201 出演:ポール・モチアン,ジャック・ディジョネット,ジョー・ラバーベラ,チャック・イスラエルズ,ゲイリー・ピーコック,マーク・ジョンソン,トニー・ベネット,ジム・ホール,ジョン・ヘンドリックス. モダンジャズに大きな足跡を残したピアニスト:ビル・エヴァンスの評伝ドキュメンタリー.
生い立ちからジャズとの関わり,大きな影響を受けたマイルス・デイビスグループへの参加,ジャズを変えた最初のスコット・ラファロ,ポール・モチアンとのトリオ,そのベーシスト:スコット・ラファロの突然の事故死….これらの経過を,ビル・エヴァンスの美しいジャズをバックに,きら星の様なジャス界の巨匠達が証言していく.
痛ましいのは,そのキャリアのごく初期からビル・エヴァンスがドラッグに蝕まれていたことだ.6_20190825220201
彼の女性遍歴も詳しく描かれる.その中で,彼が新しい恋人との子どもが欲しかったために別れた愛人エレンの自殺は,最愛の兄ハリーの自殺と共に,哀切極まりない.ビル・エヴァンスや関連のジャズメン達の美しい音楽を重ねながら,彼の様々な人生の格闘を語る本編は,まことに見応えあり.なお,出演者の中でポール・モチアンとジム・ホールは,この映画の製作中に死去した.5_20190825220201
雑感1:インター・プレイという素晴らしい演奏スタイルを生み出したが故に,その緊張に晒されたビル・エヴァンスがドラッグに耽溺したのだとすれば,これほどの皮肉はない.
雑感2:スコット・ラファロ,チャック・イスラエル,エディ・ゴメス等の歴代ベーシストの映像を見ても,そのテクニックは凄まじい.ビル・エヴァンスと付き合ったベーシスト達の力量を,改めて思い知ることになった.2_20190825220201
ジャズとビル・エヴァンスが好きな方は必見.★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧