2024/07/14

独断的映画感想文:銀平町シネマブルース

日記:2024年7月某日
映画「銀平町シネマブルース」を見る.1_20240717063101
2022年.監督:城定秀夫.出演:近藤猛(小出恵介),梶原啓司(吹越満),佐藤伸夫(宇野祥平),足立エリカ(藤原さくら),大崎美久(日高七海),二ノ宮ハル(谷田ラナ),二ノ宮一果(さとうほなみ),高杉弥生(片岡礼子),桐谷陽子(藤田朋子),黒田新子(浅田美代子),谷口章雄(渡辺裕之).4_20240717063101
近藤猛はあてもなく暮らす風来坊,かって住んだ街の公園で友人と会い借金を申し込むが,断られる.そのすきに全財産の入ったバッグをホームレスの男:佐藤に持ち逃げされる.途方に暮れていると,「NPO法人」を名乗る女に「生活保護を獲得するセミナー」に連れ込まれる.そこに居た佐藤から何とかバッグを取り戻すが,同じくセミナーに参加した梶原に誘われ,彼の経営する映画館「スカラ座」でバイトをすることになる.5_20240717063101
スカラ座は借金で倒産寸前の映画館,常連の売れない俳優,売れないライター,売れないジャズバー経営者,中学生が集まり,スカラ座60周年を機に起死回生のイベントを行おうと相談する.近藤は実はかってそこそこ名の通ったカルト映画監督,しかし妻が主演したゾンビ映画の撮影中,腹心の助監督・高杉が自死したことにショックを受け,以来妻とも離婚し放浪してきた.バッグの中のノートパソコンに,編集未完の映画素材が入っていることを知った梶原は,その映画を起死回生イベントの目玉にするべく,編集作業の完了を近藤に迫る.近藤もかって通い映画監督になる決意を固めたこのスカラ座のために,編集作業に渾身で取り組むが….3_20240717063101
金はないが熱意とそこそこの才能がある映画大好き人間が集まり,映画館を再生するという映画あるある物語.悪い人は「生活保護を獲得するセミナー」関係者以外は出てこない,ほのぼの映画.主演の小出恵介をベテラン実力俳優が盛り立てて,味のある和やかな映画を作り出した.2_20240717063101
映画は登場人物たちのそれぞれの再生を暗示して終わるが,と言って現実の借金が消える訳でもない.この後どうなるかは,元気を取り戻した主人公たちが切り拓いていくのだろう.少しざらついた映像や,落ち着いた映画音楽も含め,映画の楽しさを堪能できる映画.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/06/28

独断的映画感想文:去年の冬、きみと別れ

日記:2024年6月某日
映画「去年の冬、きみと別れ」を見る.1_20240703211801
2018年.監督:瀧本智行,脚本:大石哲也,原作:中村文則.
出演:岩田剛典(耶雲恭介),山本美月(松田百合子),斎藤工(木原坂雄大),浅見れいな(木原坂朱里),土村芳(吉岡亜希子),北村一輝(小林良樹).4_20240703211801
雑誌編集長の小林は,フリーライターの耶雲から企画の売り込みを受ける.最近失火でモデル・吉岡亜希子が焼死し,その件については不起訴処分になった写真家・木原坂雄大は,実はモデルを焼き殺したのだという記事企画である.木原坂雄大と姉の朱里は,母親を亡くし父親から虐待を受けて育った.父親は姉弟の幼い時に殺害されたが,その事件は迷宮入りである等,耶雲の挙げた根拠はいずれも状況証拠だったが,上司は興味を示し耶雲の企画を進めることにする.3_20240703211801
耶雲は木原坂の自宅を訪ね面談し,自宅出入りの許可を得る.全力で取材を進める耶雲,結婚間近だった婚約者百合子とも疎遠となる.ところが雄大は百合子に目をつけモデルとして自宅に招く.それ以来消息を絶った百合子,耶雲は小林とともに木原坂の自宅に飛び込むが,そこには燃え上がる死体を狂喜して撮り続ける木原坂の姿があった….2_20240703211801
これが物語の前半,この後映画は,編集者小林が実は朱里と通じ合っていたことや,耶雲恭介の思いがけない独白を展開し始める.登場人物それぞれの,実は互いに前半では隠されていた関係性が明らかにされていくのだ.しかしなお事件の全貌は見えず,着地点は容易に明かされない.伏線がすべて回収され物語の全構成が明らかになるラストシーンは,なかなかの見応え.5_20240703211801
見終わって見れば,個々のシーンのタイミングは全くの偶然の結果であったり,事前の準備や金の都合はどうなっていたのか等,未解決の問題は幾つも出てくるが,映画の進行中は怒涛の展開にあれよあれよと乗せられていくのがいっそ痛快である.見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/06/11

独断的映画感想文:ブラック アンド ブルー

日記:2024年6月某日
映画「ブラック アンド ブルー」を見る.1_20240630171201
2020年.監督:デオン・テイラー.
出演:ナオミ・ハリス(アリシア・ウェスト),タイリース・ギブソン(マイロ(マウス)・ジャクソン),フランク・グリロ(テリー・マローン),マイク・コルター(ダリウス),リード・スコット(ケヴィン).3_20240630171201
退役軍人のアリシアは,故郷の街ニューオーリンズに警察官として着任する.ニューオーリンズは白人の人種差別と黒人の警察への憎悪が交錯する街,ストアで働いているマウスや,ギャングのボス・ダリウスの妻・ミッシーと出会うが,二人とも幼馴染のアリシアに心を開かない.その夜パートナーの白人警官ケヴィンの夜勤を交代したアリシア,相棒の黒人警官ブラウンは,私用電話に入った連絡で情報屋に会うと云い,独りで廃工場に入って行く.銃声が聞こえアリシアが駆けつけると,麻薬課の刑事マローンが売人を射殺する現場を目撃する.2_20240630171201
声を上げたアリシアは撃たれ階下に転落するが,軽傷で済んだ.携帯と拳銃を失ったアリシアを,ボディカメラを奪って口を封じようとマローン,ブラウンらが追う.無線で本部に救援を求めるが,やって来たパトカーはマローンの仲間の警官たちだった.間一髪で逃げ出しマウスのストアに逃げ込んだアリシアは,マウスの協力を得てケヴィンに連絡する.4_20240630171201
やって来たケヴィンの話では,マローンは押収した麻薬の半分を横流しして収益を上げており,それがばれそうになって協力者の売人を殺したのだという.マローンと同調するべきだというケヴィンの車から脱出し,アリシアはマウスのアパートに暫く匿ってもらうことにする.一方マローンの虚偽の報告で,売人を射殺したのはアリシアだということになり,警察は総力を挙げてアリシアを追い,部下の売人を殺されたと信じたダリウスも組織を挙げてアリシアを追う….5_20240630171201
警察と黒人ギャングに追い込まれ絶体絶命の警官アリシアを描くサスペンス.アリシアが新人警官でありながら軍務経験者という設定が,リアルな逃亡劇を裏付けその展開を面白くしている.協力者に転ずるマウス,極悪警官マローン,ギャングのボス・ダリウス,中途半端な立場にいるケヴィンら登場人物も,いずれもリアルな存在感があり,物語は緊張感をもって進む.最後に至るまで目の離せないサスペンス,映像もシャープで見応えあり.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/05/14

独断的映画感想文:ミスター・ロンリー

日記:2024年5月某日
映画「ミスター・ロンリー」を見る.1_20240516111601
2007年.監督:ハーモニー・コリン.
出演:ディエゴ・ルナ(マイケル),サマンサ・モートン(マリリン),ドニ・ラヴァン(チャップリン),ヴェルナー・ヘルツォーク(神父),レオス・カラックス(レナード).
マイケルはマイケル・ジャクソンのモノマネで生きている男,パリで大道芸をしたり養老院を訪問したりして糊口をしのぐ.ある日出会ったやはりマリリン・モンローのモノマネで生きているマリリンに誘われ,スコットランドの古城を訪れる.そこではマリリンの夫:チャップリンを始めリンカーン大統領やローマ法王,ジェームズ・ディーンや三馬鹿大将ほかのモノマネ芸人たちが集団で暮らしていた.
彼らは地上最大のショーと銘打った自主公演を実現しようと準備をしていた.彼らの生活はお気楽に見え,マリリンに恋したマイケルはその古城で暮らすが,やがて公演が幕を開けることになった….3_20240516111601
自分ではないものに依拠してしか生きられない人々の群れに加わったマイケルの,自分探しの日々を描く寓話的映画.一種独特の雰囲気を持つ映画で,ボビー・ヴィントンの「ミスター・ロンリー」をフルコーラスで流す冒頭のシーン(マイケルがミニバイクでコースを走り回る)から,徐々に引き込まれていく.2_20240516111601
途中で何回か挿入される,アフリカの修道女たちの「奇跡」を描く映像も,終盤の悲劇の中にその一部として収斂されていく流れに共感できる.皆と別れパリに戻ったマイケルが,ショーの面々と想像の中で語り合う最後のシーンが感銘的.映画らしさを存分に味わえる映画.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/04/01

独断的映画感想文:インディアン・ランナー

日記:2024年4月某日
映画「インディアン・ランナー」を見る.1_20240405160701
1991年.監督・脚本:ショーン・ペン.音楽:ジャック・ニッチェ.
出演:デヴィッド・モース(ジョー・ロバーツ),ヴィゴ・モーテンセン(フランク・ロバーツ),ヴァレリア・ゴリノ(マリア),パトリシア・アークエット(ドロシー),チャールズ・ブロンソン(父),サンディ・デニス(母),デニス・ホッパー(バーの主人).5_20240405160701
映画の冒頭,犯人を追って雪道を突っ走るジョーのパトカー.犯人を追い詰めたジョーは立ち向かってきた犯人を撃つ.
ジョーは以前は農場を経営していたが,今は土地を手放し警察に勤務している.メキシコ人のマリアと結婚し,一人息子のラファエルはまだ1歳だ.ある日ベトナム戦争に従軍していた弟のフランクが帰ってくる.兄弟は再会を喜ぶが,フランクは両親には会わないと告げ姿を消した.
半年後,ジョーはフランクが刑務所に入っていることを知り,ひそかにその出所を迎えに行く.フランクは彼を待つ恋人ドロシーと共にモーテルに入って行き,ジョーはその後を追って再会を果たした.その後母親の病死,父親の自殺と不幸が続くが,フランクは葬儀にも顔を見せなかった.しかし恋人ドロシーが身ごもり,二人はささやかな結婚式を挙げて両親の実家に住むことになる.フランクは仕事にも就き,落ち着くかと思われたが….3_20240405160701
ベトナム戦争で精神を病んだフランクと兄ジョーの物語.ジョーは誠実で温厚な人物,弟フランクは元来粗暴な性格だったらしく両親の愛もジョーに偏っているのが明らかで,家庭内でフランクは確執を抱えていたようだ.映画はその間の事情を説明はせず,発生する事件を淡々と描いていく.2_20240405160701
フランクの破綻にもかかわらず,印象的なのはこの兄弟の結びつきの深さだ.ジョーはフランクの立ち直りを決してあきらめず,フランクも兄ジョーには決して手を出さない.ドロシーの出産の夜,姿を消し酒場で泥酔していたフランクと,追ってきたジョーとのギリギリの会話シーンには,涙を禁じ得ない.この後ジョーは決定的な事件を起こし車で逃亡,ジョーはパトカーで追う.ラストシーンは冒頭のシーンと同じなのだ.4_20240405160701
ショーン・ペンの監督初作品だが,全編を通じ緊張度が高く実に見応えあり.デヴィッド・モースとヴィゴ・モーテンセンが好演,デニス・ホッパーが元気にアクの強い役をやっているのもうれしい.音楽を担当したジャック・ニッチェはローリング・ストーンズやニール・ヤングのアルバムではお馴染みのミュージッシャン,挿入されるトラフィック,ジャニス・ジョプリン,ザ・バンドらの名曲も懐かしい.一見の価値あり.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/03/10

独断的映画感想文:永遠と一日

日記:2024年3月某日
映画「永遠と一日」を見る.1_20240311185201
1998年.監督・脚本:テオ・アンゲロプロス.字幕翻訳:池澤夏樹.
出演:ブルーノ・ガンツ(Alexandere),イザベル・ルノー(Anna Alexandere's wife),アキレアス・スケヴィス(TheChild),デスピナ・ベベデリ(Alexandere's Mother),イリス・ハジアントニウ(Katerina Alexandere'sdaughter),エレニ・ゲラシミドゥ(Ourania),ヴァシリス・シメニス(Nikos Alexandere's Son in law),ファブリツィオ・ベンティヴォリオ(Solomos The Poet).
作家で詩人のアレクサンドロスは死病を得て明日入院の予定,今日はいわば人生で最後の日だ.朝,生まれ育った海辺の家で子ども同士で海に飛び込み,水没した古代都市を見に出かけた夢を見る.長年世話になった家政婦ウラニアと別れ犬と出かける.途上,街頭で車の窓ふきで小銭稼ぎをしている,ギリシャ系アルバニア難民の少年たちを見る.彼らが警察に追われているのを見て,とっさに一人を自分の車にかくまう.娘カテリーナのもとを訪れ犬を預かってもらおうとするが,夫が動物嫌いでと断られる.その夫からは,海辺の家を処分して明日から解体工事が始まると告げられる.娘に亡妻アンナの手紙を渡すが,娘が読み上げた手紙を,自身は読んでさえいなかったことを知る.2_20240311185201
帰路,詩人はかくまった少年が「人買い」に拉致されるのを目撃,その車の後を追い少年を持ち金をはたいて買い戻す.少年はアルバニアには祖母がいると云うので国境に送り届けようとするが,実際は少年の故郷は人が死に絶え地雷原となっているのだった….4_20240311185201
詩人と少年はギリシャに戻り,最後の一日を共に過ごすことになるその物語.少年に自分の研究してきた19世紀の詩人ソロモスの話をしてその追憶にひたる詩人.港で息子の婚礼に列席していたウラニアに犬を託し,海を見ながら妻と親戚たちと遊んだ思い出にふけり,いかに妻が彼を愛したか,にもかかわらず詩作に没頭してあまり顧みることのなかった自分を思い出す.少年は自分のことを余所者だと云うが,詩人も詩を紡ぎだせない限りは人々に対し余所者に過ぎないと,彼は思う.
少年は村を出て以来の盟友セリムを失い,悲嘆にくれる.彼は仲間と共にフェリーでギリシャを離れると云う.詩人も明日は長い旅に出なければならない.別れの時が迫り二人が乗るバスのシーンが,あたかも「銀河鉄道の夜」の様で心に残る.3_20240311185201
映画は緊張感と美しさに溢れた長回しを多用し,冒頭から映画に引き込まれた.ブルーノ・ガンツはじめ俳優たちの演技も感銘的.何よりこの映画が作り上げた,詩人の最後の一日という寓話的な世界が,素晴らしい印象を残す.絶望に始まった映画は,最後にある種の希望と心の平安をもって終了する.忘れられない映画だ.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/03/07

独断的映画感想文:霧の中の風景

日記:2024年3月某日
映画「霧の中の風景」を見る.0_20240308212901
1988年.監督:テオ・アンゲロプロス.
出演:ミカリス・ゼーナ(アレクサンドロス5歳),タニア・パライオログウ(ヴーラ11歳),ストラトス・ジョルジョグロウ(オレスティス),エヴァ・コタマニドゥ(女優),ヴァシリス・コロヴォス(トラック運転手).字幕翻訳は池澤夏樹.2_20240308212901
母子家庭に育つヴーラとアレクサンドロスの姉弟,ドイツにいるという父親にあこがれ,毎夜ドイツ行国際列車の発車するホームに立つ.ある夜遂にその列車に乗り込みドイツを目指す旅に出るが,たちまち無賃乗車として最寄りの駅で降ろされ,警察に送られる.そこを逃げ出し,無賃乗車と徒歩でひたすらドイツを目指す姉弟.途中行き会った旅芸人の一座の若者・オレスティスの車に同乗しさらにドイツを目指すが….1_20240308212901
彼らは父親の顔も知らない.父がドイツ人というのは私生児を生んだ母親の嘘だということも,観客は知ることになる.しかし彼らは母を捨て父を求めて艱難辛苦の旅を続ける.この様に非現実的な設定なのに,この映画に冒頭から引き込まれるのは何故だろう.
長回しの奥行ある画面,寡黙な姉弟が手をつないでひたすら前進する経過,オーボエ組曲と呼びたくなるような美しい映画音楽.この映画は,それぞれのエピソードを記述する散文詩をまとめた詩集の様だ.5_20240308212901
監督インタビューで監督自身は,この映画はギリシャの姉弟がドイツの父親に会いに出奔したという記事を骨格に,監督が自分の子どもに聞かせていた童話を編みこんだものだと言っているが,この映画は極めて上質な映像による寓話だと思われる.しかし映画というのはこういうものだ!!という感動を禁じ得ない傑作だ.この世の残酷さも美しさもすべてこの中にある.一見の価値あり.6_20240308212901
なお,ギリシャ在住経験のある作家池澤夏樹は,とある経緯からアンゲロプロス作品の翻訳・字幕を担当することになった.DVDにある彼による監督インタビューも必見.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/02/21

独断的映画感想文:わたしの叔父さん

日記:2024年2月某日
映画「わたしの叔父さん」を見る.1_20240225183601
2019年.デンマーク映画.監督・脚本・編集・撮影:フラレ・ピーダセン.
出演 イェデ・スナゴー(Kris),ペーダ・ハンセン・テューセン(Onkel),オーレ・キャスパセン(Johannes),チュ・フリスク・ピーターセン(Mike).3_20240225183601
舞台はデンマークのユトランド半島.27歳のクリスは足の不自由な叔父と二人暮らし,乳牛を飼い農場を営む.クリスは幼い時に家族を亡くし,独り身だった叔父に引き取られた.高校卒業時に獣医学部に合格していたが,叔父が倒れ進学をあきらめる.以来10年間,朝早く起き叔父の身支度を手伝い,食事を作って酪農の仕事をし,夕食後の珈琲を楽しみ,週一回買い物に行くという,決まりきった日常を過ごしてきた.
ある日乳牛が産気づくが,逆子で分娩は難航.しかし獣医のヨハネス先生が来る前に,クリスは自力で出産させることに成功する.ヨハネス先生はクリスに獣医になる勉強を再開するよう勧め,教科書を貸してくれる.一方家族が葬られている教会の聖歌隊の青年マイクと出会い,デートに誘われる.戸惑いながら生活の変化に向け一歩を踏み出そうとするクリスに,叔父は温かい目を注ぐ….5_20240225183601
第32回東京国際映画祭コンペティション部門でグランプリを受賞した映画.酪農という仕事からも叔父の状況からも,家を離れることは基本的にできないと考えるクリス,しかしヨハネス先生の説得で初めてコペンハーゲンに大学の講義を聴きに行くことになる.そのさなかに事件が起きた.4_20240225183601
物語の進行の中で,クリスがどんなに叔父を愛し精神的支柱として頼っているかが明らかになってくる.叔父もクリスを心から愛している.マイクがその関係に立ち入ろうとするとき,マイクとの関係まで難しくなっていく.進学も交際もどのように対応してゆけば良いのか,葛藤するクリスの心情が哀切だ.2_20240225183601
それらを描く寡黙で淡々とした画面も素晴らしい.映画はクリスの葛藤の中,突然暗転しエンドロールが流れる.クリスと叔父がこれからどうなるのか,観客の想像力にゆだねられる結末.なお,主演のイェデ・スナゴーは叔父役のペーダ・ハンセン・テューセンとは実の姪・叔父の関係.ペーダ・ハンセン・テューセンは俳優でなく酪農家で,舞台となる農場の所有者だそうだ.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/02/14

独断的映画感想文:少年の君

日記:2024年2月某日
映画「少年の君」を見る.1_20240224220301
2021年公開(制作2019年).監督:デレク・ツァン.
出演:チョウ・ドンユイ(チェン・ニェン),イー・ヤンチェンシー(シャオベイ),イン・ファン(チャン・イー),ホアン・チエ(ラオ・ヤン),ウー・ユエ (チェン・ニェンの母).5_20240224220301
チェンは母子家庭の高校3年生,母親は借金を抱え行商で外泊がち.借金取りの取り立てに怯えながら,チェンは全国統一入試合格を目指し必死に勉強する.校内ではいじめが横行し,ある日同級生が自殺する.その亡骸に上着をかけたチェンは次のいじめの標的となり,いじめを教師に訴えたためいじめはさらに陰湿化する.4_20240224220301
ある日下校途中,数人に暴行されている少年を見たチェンはとっさに警察に通報するが,自分もつかまり殴られる.少年シャオベイは身寄りもなく,高速道路の下のバラックに一人住むストリートボーイだった.チェンは自分を守ってくれるようシャオベイに依頼し,ぎごちないスタートながら二人は互いに心を開いて行く….3_20240224220301
第93回アカデミー賞国際長篇映画賞にノミネートされた中国・香港合作の青春映画.
統一入試合格に人生のすべてをかけるチェン,強い心で勉強に励むが不在の母親以外頼るものはない.シャオベイも暴力組織とつかず離れずの一匹狼だがまだ少年だ.二人は互いの境遇を知り,いつしか固いきずなで結ばれるようになる.
映画は後半,チェンを苛め抜いた少女が死体で発見された事件からミステリーがらみとなる.チェンとシャオベイはこの事件に関与しているのか.シャオベイは容疑者として逮捕されるが,刑事チャンはさらにチェンをも追及してくる.2_20240224220301
拘置所で面会したチェンとシャオベイが,何も語らずに微笑みあい互いに涙を流すシーンは印象的だ.チョウ・ドンユイとイー・ヤンチェンシーの好演が際立つが,映画全体の骨格も明確で見応えあり.
★★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/01/30

独断的映画感想文:思い出のマーニー

日記:2024年1月某日
映画「思い出のマーニー」を見る.0_20240205212901
2014年.スタジオ・ジブリ.監督:米林宏昌.
出演(声):高月彩良(杏奈),有村架純(マーニー),松嶋菜々子(頼子),寺島進(大岩清正),根岸季衣(大岩セツ),森山良子(老婦人),吉行和子(ばあや),黒木瞳(久子).6_20240205212901
施設で育ち,現在の養母・頼子と複雑な葛藤を抱えている杏奈は感情をほとんど表に出さない.持病の喘息が悪化し,医者に転地を勧められた杏奈は,夏休みのあいだ頼子の親戚・大岩夫婦の家に預けられる.
大岩夫婦は気さくなたちだったが,杏奈は自分の中にこもったまま絵だけを描いている.湿地の対岸には湿っち屋敷と呼ばれる無人の古い洋館があった.ある夕方,海辺に来た杏奈は,杭につながれたボートに興味を惹かれ乗り込んだ.ボートは湿っち屋敷に漂いつき,そこで杏奈は不思議な少女マーニーに会う.5_20240205212901
マーニーの両親は旅行がちで彼女はばあやと女中と共にここに暮らしているのだという.杏奈はマーニーと次第に打ち解け,たびたび屋敷を訪れるようになるが,地元の子どもたちとは仲良くなれないままだった….4_20240205212901
杏奈のひと夏の経験を通じて得られる,自らのアイデンティティと世界との結びつきの確認の物語.美しいアニメーションだが物語の展開はなかなか複雑で,現在と過去・現実と幻が複雑に交錯し,話の行く末は予断を許さない.
最大の謎マーニーとは何者かという問いの答えは,思いがけず杏奈と海辺で共に絵を描いていた老婦人・久子からもたらされる.それが杏奈と世界の結びつきを明解にし,杏奈は世界を受け入れるのだ.2_20240205212901
物語の実態に現実感はなく,この世のものとは思えないマーニーと杏奈の交流は夢の様で,アニメという表現形態に即している.マーニーにより解放されていく杏奈の心情がいとおしく,感銘を受けた.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

より以前の記事一覧