2020/07/12

独断的映画感想文:マイ・ブックショップ

日記:2020年7月某日
映画「マイ・ブックショップ」を見る.1_20200713214801 2018年.監督:イザベル・コイシェ.
出演:エミリー・モーティマー(フローレンス・グリーン),ビル・ナイ(エドモンド・ブランディッシュ),パトリシア・クラークソン(ガマート夫人),オナー・ニーフシー(クリスティーン).
イギリスの海辺の田舎町.フローレンスは,16年前死んだ夫との夢であった本屋を,長年空き家だった「オールドハウス」という店を借りて開くことにする.銀行の融資は断られたが,フローレンスは海洋少年団の子供たちに手伝ってもらい,利発な小学生クリスティーンを助手に雇って,店をオープンする.2_20200713214801 しかし地元の有力者ガマート夫人は,オールドハウスを「芸術センター」にするという企画を温めていたため,フローレンスに本屋は別のところで開くよう求めるが断られる.
町で唯一の読書家といわれるブランディッシュ氏には,見計らいで本を届けるが,ブランディッシュはフローレンスの選択が気に入り,顧客となって「ロリータ」発売時にも意見を寄せてくれる.(このことで映画は1955年あたりを舞台にしていることがわかる).「ロリータ」がベストセラーになったこともあり,本屋は思いのほか好調な滑り出しとなったが,ガマート夫人はオールドハウスを奪う夢を諦めていなかった….3_20200713214801 ガマート夫人は小学校に「視学官」を送りこみ,放課後に児童が働くのは問題があるとして,クリスティーンのアルバイトを止めさせる.町に2軒目の本屋を知人に開設させる.甥を使って,町に歴史的建造物は町が強制収容できる条例を作らせ,「オールドハウス」にそれを適用させる.
有力者は狡猾で町の人々はしたたかだ.追い詰められていくフローレンス.ブランディッシュとクリスティーンはフローレンスのために動こうとするがその結果は….6_20200713214801 淡々とした物語が美しい海辺の町で展開する.俳優たちはそれぞれに素晴らしい存在感で,その演技を味わうのが楽しい.
それに加えて素晴らしい本たち‼ブランディッシュが手にするブラッドベリの「華氏451度」や「火星年代記」,「タンポポのお酒」も入荷する.それと,店を温めるのはあの懐かしい石油ストーブ,アラジンのブルーフレームヒーターだ.このストーブは実は映画でそれなりの役割を果たす.この映画はそういう懐かしさをあちこちで見出す映画だ.4_20200713214801 映画の語り手はあのジュリー・クリスティー.彼女の声が誰なのかもこの映画のオチの一つ.最後の画面はある現代のブックストアだが,そこに何気なくこの映画の原作本が置かれているのもおかしい.5_20200713214801 映画の持ついろいろな引出しを楽しめる,映画らしい映画.★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/07/09

独断的映画感想文:MOTHER マザー

日記:2020年7月某日
映画「MOTHER マザー」を見る.1_20200709173501
2020年.監督・脚本:大森立嗣.
出演:長澤まさみ(三隅秋子),阿部サダヲ(川田遼),郡司翔(周平 幼少期),奥平大兼(周平 少年期),夏帆(高橋亜矢),皆川猿時(宇治田守),仲野太賀(赤川圭一),木野花(三隅雅子).4_20200709173501
山寺香の著作「誰もボクを見ていない:なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか」を原案とする映画.
三隅秋子はシングルマザー.小学生の周平には父親から養育費を取っているが,自身は働かず男を作っては遊興し,親戚知人から借金しまくっている.新しい男川田遼とはラブホテルで暮らし,周平は学校にも行けず,秋子のために借金の調達に従事する.3_20200709173501
妊娠を機に川田に捨てられた秋子は,周平を実家への借金申込みに送り込むが….
およそ母親としての役割は果たせず,享楽的に過ごす一方で,周平との間に極めて強い絆を築いている秋子.周平も母親を慕い,秋子のために役に立とうと努力する.5_20200709173501
その後妹・冬華が生まれ,路上生活を交えて暮らしてきた秋子たちの5年後,一時は母子寮に部屋を得て,周平もフリースクールに通える様になるが,彼らを探していた川田がその一部屋に転げ込んでくる.
川田は遊興費をブラック金融で調達し,その結果秋子たちは母子寮から逃げ出さざるを得なくなる.どこまでもダメな母親に従い,働きながら妹の世話もする周平の,秋子への強い依存が心に残る.2_20200709173501
映画は緊張感に満ち,最後まで間断するところがない.長澤まさみと阿部サダヲの,ロクなものではないのに人を脅し上げるときだけ大声で強気に出る悪党ぶりや,弱気な時は子供にもすがるその演技は,それぞれ見応えあり.ただし,殺人に至る過程での母子双方の緊迫感は,やや物足らなかった.
ラストシーンの秋子の頑なでこわばった表情が,秋子と周平の救いのなさを告げていて,印象的.
★★★☆(★5個が満点).
なお,原案が描いている2014年に起こったこの殺人事件は,自分が3月に読んだ,葉真中顕の小説「ブルー」でモデルにされた事件と同一と思われる.そのため,原案の著作は未読だが,映画自体には強い既視感があった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/07/08

独断的映画感想文:ひろしま

日記:2020年7月某日
映画「ひろしま」を見る.1_20200709180001
1953年.監督:関川秀雄.製作会社:日教組プロ.
出演:岡田英次(北川先生),月丘夢路(米原先生),加藤嘉(遠藤秀雄),山田五十鈴(大庭みね),薄田研二(仁科博士).
被爆後7年がたった広島のある高校,担任北川の授業中倒れた大庭みち子は,そのまま白血病で入院する.同じクラスの遠藤幸夫は叔父夫婦に引き取られ,夜はキャバレーで働きながら学校に来ていたが,今は辞めてパチンコに没頭しているという.
あの日,大庭みち子の母・みねは自宅で被爆,姉・町子は勤労奉仕中被爆し,米原先生らと逃げる途中力尽きて死んだ.弟は保育園で被爆し黒焦げの死体となった.母とみち子は弟の遺体とともに逃げるが,途中の海上で母も息を引き取る.
遠藤秀雄は自宅の下敷きになった妻が焼死するのを助けられず,その後長男一郎を苦心の末見つけ出すが,一郎はすでに亡くなっていた.自らも死に瀕している病床に,疎開先から両親を探しに来た次男・幸夫と長女・洋子がやってくるが,すでに秀雄はこと切れていた….
1945年8月6日の広島を中心に,被爆の実態を圧倒的な迫力で描く.ただ被爆当日の惨状を描くだけでなく,大庭家・遠藤家を中心とした人々のドラマを語ることにより,緊張感あふれる物語の見応えある映画となった.大庭みち子は白血病で亡くなるが,遠藤幸夫は苦しみながらも生きる道を模索していく.2_20200709180001
ラストシーンでは,原爆忌に広島の街路から溢れ出るように原爆ドームに向かう,幾万幾千の人々の列,そこに重なって浮かび上がる死んだ人々の群れ,川で死んだ米原先生達,海で死んだ大庭みね達,その他名前もわからない人々が,立ち上がりこちらに向かって歩き出す.まことに印象的なシーンだ.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/06/26

独断的映画感想文:ワイルドツアー

日記:2020年6月某日
映画「ワイルドツアー」を見る.1_20200630190301
2018年.監督:三宅唱.
出演:伊藤帆乃花(中園うめ),安光隆太郎(シュン),栗林大輔(タケ),山崎隆正(ザキヤマ).
監督が,山口情報芸術センター主催の映画制作プロジェクト“YCAM Film Factory”で作った作品.
YCAMのワークショップ「山口のDNA図鑑」に集まる,進行役の大学生と参加者の中高生たちの行動を描く.初めて進行役を務めるウメ,参加者のタケ,シュンらと山野を廻って植物標本やその映像を集める.2_20200630190301
ウメは同じくファシリテーターで参加しているザキヤマといったん別れていたが,再びやり直そうと申し入れる.一方中卒間近のシュンは告白してきた女子に他に好きな人がいると振った後,タケに高校に入ったらウメに交際を申し込みたいと告白するが….3_20200630190301
何故か女子をザキヤマが,男子(タケとシュン)をウメが世話するこのワークショップ.ドキュメンタリータッチで進行するワークショップの模様も楽しいが,必然的に立ち上がってくる参加者の進行役への思いもみずみずしい.参加者達が撮るスマホ映像を交えて,映像が美しい.
67分と短い作品なので,ストーリーのこれ以上の展開は望めないが,映画として十分成立する美しい作品.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/06/25

独断的映画感想文:居眠り磐音

日記:2020年6月某日
映画「居眠り磐音」を見る.1_20200630185101
2019年.監督:本木克英.
出演:松坂桃李(坂崎磐音),木村文乃(おこん),芳根京子(小林奈緒),柄本佑(小林琴平),杉野遥亮(河出慎之輔),佐々木蔵之介(佐々木玲圓),奥田瑛二(宍戸文六),佐戸井けん太(由蔵),比留間由哲(毘沙門の統五郎),中村ゆり(高尾太夫),波岡一喜(天童赤児),石丸謙二郎(坂崎正睦),財前直見(坂崎照埜),西村まさ彦(田沼意次),谷原章介(吉右衛門),中村梅雀(金兵衛),柄本明(有楽斎).2_20200630185101
佐伯泰英のベストセラーを映画化.
江戸の佐々木玲圓道場で鳴らした豊前関前藩の坂崎磐音・小林琴兵・河出慎之輔は,江戸詰めを終え揃って帰藩する.ところがその夜,琴兵の妹・舞を妻としていた慎之輔は,叔父の讒言に惑わされ舞を切ってしまう.激昂した琴兵は慎之輔を切り,翌日上意討ちを命じられた磐音と戦って死ぬ.その日は磐音と琴兵の下の妹・奈緒の祝言の日だった.3_20200630185101
家を断絶された奈緒は両親とともに城下に退き,友と許婚を失った磐音は藩を辞して浪人として江戸にもどる.半年後,磐音は昼間は鰻屋宮戸川でウナギをさばき,夜は大手の両替商今津屋で用心棒に入る生活を送っていた.時あたかも,南鐐銀8枚を小判1枚と兌換するという田沼意次の政策をめぐって,両替商は反対派と賛成派に割れ,賛成派の今津屋は怪しい浪人者につけ狙われていた….6_20200630185101
本作は,前半を磐音が大分関前藩で直面した悲劇の経過説明に,後半を基本的な登場人物が出揃った江戸での難事件の解決譚にあてているが,シリーズ化を前提のいささか冗長な記述が目立つ.この一作で勝負をかけようという迫力が今一つ物足らない.4_20200630185101
ただし時代劇としての基本的な出来は良い.松坂桃李らの殺陣も良い出来で見ごたえあり.子供たちと磐音やおこんらのやり取り等,市中の人々の描き方も好ましい.5_20200630185101
願わくばシリーズ化までいかなくとも凄い第2作を撮ってくれればというところだが.★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/06/23

独断的映画感想文:ゴールデン・リバー

日記:2020年6月某日
映画「ゴールデン・リバー」を見る.1_20200629164201
2018年.監督:ジャック・オーディアール.
出演:ジョン・C・ライリー(イーライ・シスターズ),ホアキン・フェニックス(チャーリー・シスターズ),ジェイク・ギレンホール(ジョン・モリス),リズ・アーメッド(ハーマン・カーミット・ウォーム),ルトガー・ハウアー(提督).9_20200629164201
シスター兄弟は凄腕の殺し屋.3_20200629164201
二人はオレゴンの「提督」に雇われ確実に仕事をこなしている.ある時逃亡中の男の殺害を命じられた二人,男を追っている追跡係モリスからの連絡を入手しながら後を追う.2_20200629164201
ところがモリスはターゲットの男ウォームの,薬物を使って砂金を一気に取得し,得た金でテキサスに子供たちの理想郷を作るという計画にすっかり共感してしまい,自分の金をつぎ込んでウォームを支援することになる.追っていったシスター兄弟は待ち伏せを食らって縛り上げられてしまう.5_20200629164201
そこに地元のボス・メイフィールドの手下たちが金採取のうわさを聞きつけて襲ってくる.モリスとウォームはシスター兄弟の力を借りてメイフィールド一味を壊滅,4人は儲けを山分けする約束で共に金採取に取り組むことになる….
形態は西部劇だが,「らしくない」登場人物たちが西部劇らしくない物語を語ってくれる.7_20200629164201
シスター兄弟もモリスも,親との間に葛藤を抱えていて,それが彼らの現状に大きな影を落としているのが印象的.一方シスター兄弟それぞれも全く性格が違う.兄イーライは冷静非情の殺し屋ながら,平穏な市井での生活を夢見ている.弟チャーリーは激情にかられ欲望のままに動く.物語はチャーリーの欲望のために思いもかけぬ結末となるが,その結果が兄弟にとっては平安の訪れだったのも面白い.6_20200629164201
個性的な実力俳優が,それぞれに好演して見ごたえあり.しかし「ゴールデン・リバー」という邦題は大失敗だろう.原題は「シスター兄弟」,絶対こっちのほうが良い.★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/06/21

独断的映画感想文:竜馬を斬った男

日記:2020年6月某日
映画「竜馬を斬った男」を見る.0_20200629163401
1987年.監督:山下耕作.
出演:萩原健一(佐々木只三郎),藤谷美和子(八重),根津甚八(坂本竜馬),坂東八十助(亀谷喜助),中村れい子(ぬい),佐藤慶(手代木直右衛門),大村崑(安浦惣兵衛),内藤武敏(板倉伊賀守),原吉実(宮川助五郎),本田博太郎(桂小五郎),久仁亮子(お龍),結城貢(西郷吉之助),片桐竜次(中岡慎太郎),島田陽子(小栄).
幕末,板倉伊賀守のもと要人暗殺に活躍していた会津藩出身の佐々木只三郎.ふとしたことで勝海舟のもとに行く途中の坂本龍馬と行き会う.その後京都見廻り組を率いるようになっ只三郎は,大政奉還を経て状況の悪化した京都で,坂本龍馬をつけねらうが….1_20200629163401
龍馬暗殺犯と目される佐々木只三郎を描いた映画.ここで描かれる佐々木は,戦略的考え方のできない暗殺剣の名手と描かれ(佐々木只三郎が近藤勇に似てきたとからかわれムッとするところが可笑しい),一方で子供のような無邪気な感性の持ち主とも描かれる.
その意図は特に異論はないのだが,問題は萩原健一の年齢.2_20200629163401
子供のような純な気持ちを持った凄腕の暗殺者とするには,当時37歳の萩原健一は,いくらなんでも薹が立つすぎている.全体的にこの当時の維新の活動家は,年長のものでもせいぜい30代前半で,佐々木只三郎もこの時34歳だった.若き革命家たちの物語として描くことに映画の主眼があるとすれば,もっと若い俳優たちで描くべき映画だった.アドリブ的動きを連想させるショーケンスタイルも,この年になってはいささか受け入れ難い.とはいえ映画としてはまずまずの出来,★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/06/18

独断的映画感想文:源氏物語 浮舟

日記:2020年6月某日
映画「源氏物語 浮舟」を見る.1_20200629161301
1957年.監督:衣笠貞之助.
出演:長谷川一夫(薫の君(光源氏の嫡子)),山本富士子(浮舟(中の君の妹)),乙羽信子(中の君(匂宮の北の方)),市川雷蔵(匂宮(皇子)),阿井美千子(早蕨(右近の北の方)),浦路洋子(二の宮(皇女)),中村玉緒 (侍従(浮舟の侍女)),三益愛子(中将(浮舟の母)).
源氏物語のエピソードを北条秀治の原作で映画化.この時代の世情を背景とした物語になっているが,いくつかの点で違和感が.
一つはポスターに書き込んである宣伝文句が,この映画のテーマを心の純愛と体の野性との相克のように描いてあるが,映画の内容はそうではない.映画は匂の宮が虚言を弄して浮舟の館に踏み込み浮舟を手籠めにしたこと,浮舟も薫も処女性ということを問題にしていたこと,そのため悲観した浮舟が自死したことをからなる物語.3_20200629161301
映画が描くテーマは,源氏物語の元本とも大きく異なる.映画はむしろ伸びやかな野育ちの少女浮舟が,薫の生真面目な性格と匂の宮の人を人とも思わぬ好色のために犠牲となる悲劇を描いており,そういう映画として素直に見ればそこそこ面白い.
カメラや美術などは,この時代の日本映画の充実を感じさせ見ごたえあり.結末はわかっているが,浮舟を待つ運命が哀れで胸を打たれた.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/06/15

独断的映画感想文:火口のふたり

日記:2020年6月某日
映画「火口のふたり」を見る.1_20200617184701
2019年.監督・脚本:荒井晴彦.
出演:柄本佑(永原賢治),瀧内公美(佐藤直子).2_20200617184701
賢治は父からの連絡で昔の恋人直子が結婚すると知る.帰郷した翌朝,直子が訪ねてきて賢治は直子の買物に付き合うことに.大型テレビを直子の新居に運び込んだ賢治は,直子に誘われるまま直子と関係を持つ.
思い出話と現在の暮らしを語り合いながら,二人はかっての様に激しいセックスを重ね,式までの5日間を共に過ごすことになる.賢治は直子と付き合いながら別の女性との間に子供ができ,その女性と結婚したが子供が1歳の時に離婚してしまった.直子は年上の自衛官と,子供を産みたくて結婚するのだと言う.3_20200617184701
また賢治は,直子の肉体に溺れていく自分へのやましさがあったとも言う.二人は従兄妹同士なのだった….
登場人物はこの二人のみ,全編の過半が激しい(獣のようなと思えるほどの)セックスシーンという映画だが,この両者の心と体が解き明かされていく物語の進展は見ごたえあり.4_20200617184701
特に最後の夜のベッドで賢治に心情を語る直子のシーンでは,直子の純情に胸が熱くなった.二人が訪れる西馬音内盆踊り,通称「亡者踊り」のシーンも素晴らしい.5_20200617184701
最後は奇妙な味のある種のハッピーエンド(?)となるが,なかなか面白かった.★★★★(★5個が満点).
a href="http://movie.blogmura.com/">にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/06/09

独断的映画感想文:シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧

日記:2020年6月某日
映画「シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧」を見る.Photo_20200629154401
上演:2003年8月.配役:稲葉幸蔵/棺桶屋三太:中村勘九郎,若菜屋後家お高:中村福助,與吉:中村橋之助,大岡妻りよ:片岡孝太郎,目明し清吉:中村勘太郎,辺見娘おしな:中村七之助,長屋の娘お新:坂東新悟,辺見勢左衛門:中村獅童,番頭藤太郎:坂東彌十郎,辻番人與惣兵衛:坂東 吉弥,辺見妻おらん:中村扇雀,大岡忠相:坂東三津五郎.
豪商・辺見勢左衛門の弟・三太は棺桶屋,ドケチで金の亡者の三太は人望がない.ひょんなことから勢左衛門の娘の縁談に巻き込まれた三太は,思わぬことから義賊鼠小僧となり大江戸の街に小判の雨を降らす仕儀となる….
目が回るようなスピーディーな展開のドタバタ喜劇,と思いきや後半はドラマチックな展開の人情劇となる.なかなか面白い舞台,しかし野田秀樹の癖が凄い.
この芝居は勘三郎以外は決して上演しないだろう.逆に言えば勘三郎ならではの狂言なのだ.これが勘三郎だ.近くば寄って目にも見よ,という訳だ.見なければ始まらない.見た上でご感想を.
★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

より以前の記事一覧