2018/01/31

独断的映画感想文:ブレードランナー ファイナル・カット

日記:2018年1月某日
映画「ブレードランナー ファイナル・カット」を見る.7
2007年.監督:リドリー・スコット.
出演:ハリソン・フォード(リック・デッカード),ルトガー・ハウアー(ロイ・バティー),ショーン・ヤング(レーチェル),エドワード・ジェームズ・オルモス(ガフ),ダリル・ハンナ(プリス),ブライオン・ジェームズ(リオン・コワルスキー),ジョアンナ・キャシディ(ゾーラ),M・エメット・ウォルシュ(ブライアント),ウィリアム・サンダーソン(J・F・セバスチャン),ジョー・ターケル(エルドン・タイレル),ジェームズ・ホン(ハンニバル・チュウ(眼球製作者)),モーガン・ポール(ホールデン).5
2019年.タイレル社の開発した人造人間レプリカントは,身体能力に優れ知能も開発者のそれに匹敵する.惑星開発等過酷な労働環境に投入されていたが,製造後数年すると感情を持ち始め反抗心を持つため,タイレル社は寿命を4年に設定した.
しかし最新型レプリカント・ネクサス6型の4名(リオン,ゾーラ,ロイ,プリス)が任地で殺人を犯し地球に帰還する事件が起こる.当局は専任捜査官ブレードランナーであるリック・デッカードを招集し,4名の追跡にあたらせる.4
デッカードはタイレル社の社長と面会,その秘書レイチェルもレプリカントと見抜くが,レイチェル自身は自分がレプリカントであることを知らなかった.デッカードは脱走グループの遺留品から踊り子に扮していたゾーラを追跡射殺,その直後リオンに襲われるが,レイチェルに窮地を救われる.
レイチェルは自身をレプリカントと知ることになるが,デッカードは彼女を自宅に招く….3
1982年公開のオリジナルを,25年後に監督自身が再編集したもの.デジタル・リマスタリングの他色調の調整,一部のシーンの再撮影やCGによる変更を実施した.
映像的な完成度は高く,1982年のオリジナル制作にも関わらず,現在公開されているSF映画との違和感は全くない(現代SF映画の基調をそもそも作ったのが,本作であるからとも言えるが).
登場人物が携帯端末を全く使用しないことが唯一現在との違いだろうか.1
寿命が尽き従容として死に至るレプリカント・ロイの姿や,レイチェルとデッカードの交情は哀切に満ちている.
滅びの予感に満ちたロサンゼルスを舞台に,展開される人間とレプリカントの争闘を巡るサスペンスは,誠に見応えあり.ヴァンゲリスの音楽も素晴らしい.
★★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/30

独断的映画感想文:ダンシング・ベートーヴェン

日記:2018年1月某日
映画「ダンシング・ベートーヴェン」を見る.1_2
2016年.監督:アランチャ・アギーレ.
出演:モーリス・ベジャール・バレエ団,東京バレエ団,イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団,マリヤ・ロマン,ジル・ロマン,ズービン・メータ.
東京バレエ団創立50周年記念に際し,東京バレエ団とスイス・ローザンヌのモーリス・ベジャール・バレエ団の共同制作により,ズービン・メータ指揮:イスラエル交響楽団が参加,モーリス・ベジャールの振り付けを再現して2014年東京で行われた舞台:「ベートーヴェン『第九交響曲』」製作のドキュメント.
モーリス・ベジャール・バレエ団芸術監督:ジル・ロマンの娘で若手俳優のマリア・ロマンがインタビューと案内を行う.2_2
国際色豊かな関係者のインタビューも誠に興味深いが,ローザンヌと東京でそれぞれ練習に励むダンサー達の日常を含めた動きや肉声,限界に挑む肉体の美しさが印象的.クライマックスの東京公演の模様に今少し時間を割いて欲しかったが(全体の尺は80分),充分感銘を受けた.4_2
監督:アランチャ・アギーレはスペインの女流監督である.彼女はペドロ・アルモドバルやカルロス・サウラのもとで助監督を務めた経験を持ち,その映像はさすがに素晴らしい.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

独断的映画感想文:ワイルド・スピード ICE BREAK

日記:2018年1月某日
映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」を見る.1
2017年.監督:F・ゲイリー・グレイ.
出演:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット(ドム)),ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス),ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ),ミシェル・ロドリゲス(レティ),タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース),クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ),ナタリー・エマニュエル(ラムジー),エルサ・パタキ(エレナ),カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ),シャーリーズ・セロン(サイファー),スコット・イーストウッド(リトル・ノーバディ),ヘレン・ミレン(マグダレーン・ショウ).4
キューバでハネムーンを楽しむドムとレティ,ところが街で出会った女性サイファーにドムは脅迫される.
一方ホブスは盗まれたEMPと呼ばれる大量破壊兵器を奪還するという指示を受け,ドム達ファミリーを集め作戦を敢行,見事成功するが,撤収の途中何とドムが裏切り,EMPはサイファーの手に落ちる.
ドムを失ったファミリー,ミスター・ノーバディはサイファーに恨みを持つがファミリーとは敵対していたデッカードを招集し,ファミリーと協力してサイファーと戦うことにする.3
一方,ニューヨークを訪れたロシア外相は核ボタンを持っており,サイファーはドムを使って核ボタンの奪取を計った為,ニューヨーク市街でドムとファミリーの壮烈なファイトが展開される….
シリーズ8作目のワイルド・スピード,今やきら星の様な豪華俳優が出演する超大作となった.荒唐無稽さもここまで極まると度肝を抜かれる,快調なテンポと巧妙なプロットが楽しめる快作.2
特にニューヨークを舞台に,ドムのスーパーカーとサイファーのハッキング作戦で警備陣を手玉に取る展開は実に面白い.ドムを敵にまわし絶体絶命のファミリーが,何処でどうやって起死回生の逆転を成し遂げるのか,ラスト20分の痛快さはお楽しみ.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/27

独断的映画感想文 LOGAN/ローガン

日記:2018年1月某日
映画「LOGAN/ローガン」を見る.Logan1
2017年.監督:ジェームズ・マンゴールド.
出演:ヒュー・ジャックマン(ローガン/ウルヴァリン/X-24/ジェームズ・ハウレット),パトリック・スチュワート(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX),リチャード・E・グラント(ザンダー・ライス),ボイド・ホルブルック(ドナルド・ピアース),スティーヴン・マーチャント(キャリバン),ダフネ・キーン(ローラ),エリザベス・ロドリゲス(ガブリエラ・ロペス),エリック・ラ・サール(ウィル・マンソン),エリゼ・ニール(キャスリン・マンソン),クインシー・ファウス(ネイト・マンソン).Logan2
2029年,「X-men」として知られたミュータントの生き残り・ローガンは肉体的な老いに直面,治癒能力も衰えて,今はミュータント仲間のキャリバンと,プロフェッサーXとして知られたチャールズの介護をしてメキシコで暮らしている.
リムジンの運転手として働いているローガンのもとに迎車の依頼があり,ガブリエラという女性がローラという娘とノースダコタまで送って欲しいと言う.
しかし翌日迎えに行くとガブリエラは殺され,ローラは行方不明となっていた.ガブリエラは,ピアースという男がこの女に会ったら連絡するようにと言っていた女性だったのだ.Logan3
メキシコのホームに戻ったローガンは,ピアースの軍団に襲われ,リムジンに潜んでいたローラとともにチャールスを連れ辛くも脱出するが,キャリバンは捕虜となる.
ガブリエラの残したムービーにより,ローガンはローラが「トランシジェン研究所」で,ミュータントの精子をメキシコ人女性に受精して産ませた,人間兵器だったことを知る.ローラはローガンの娘だったのだが,チャールスはこのことを予知していた….
哀しみに彩られた映画.ローガンの世代が滅び,希望を託された第2世代が,トランシジェン研究所の魔の手から逃れられるかどうかが,描かれる.Logan4
第2世代は,当初から「残虐性」を植え込まれた新型「X-24」の開発成功に伴い不要となり,処分されるところをガブリエラ等の手で逃亡してきたのだった.
X-24とローガンの死闘も,この映画の迫力あるシーンの一つ.ローラとローガンの親子の情愛の交流が,極限的な状況で描かれる終盤のシーンは印象的である.見応えあり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (1)

2018/01/02

独断的映画感想文:永遠のジャンゴ

日記:2017年12月某日
映画「永遠のジャンゴ」を見る.1_3
2017年.監督:エチエンヌ・コマール.
出演:レダ・カテブ(ジャンゴ・ラインハルト),セシル・ドゥ・フランス(ルイーズ・ドゥ・クラーク),ベアタ・パーリャ(ナギーヌ・ラインハルト),ビンバム・メルシュタイン(ネゴロス・ラインハルト),ガブリエル・ミレテ(ラ・プリュム),ジョニー・モントレイユ(ジョセフ・ラインハルト),ヴァンサン・フラド(タムタム),グザヴィエ・ボーヴォワ(STOドクター),パトリック・ミル(シャルル・ドロネー).3_3
ジャズ・ギターのソロ演奏を確立したロマ出身の名ギタリスト:ジャンゴ・ラインハルトの1943年から1945年の日々を描く.
1943年,既に国際的名声を確立していたジャンゴは,パリに留まり演奏活動を続けていた.一方,ナチス・ドイツはロマを人種的に劣るものとして殺害・強制収容の対象とした.2_3
ジャンゴの知り合いのロマも次々と殺され収容されていく中,ジャンゴの楽団はナチスドイツのジャズ好きな担当官「ジャズ博士」のお陰で演奏活動を続けギャラを稼いでいた.ジャンゴの楽団にドイツでのツアーを行うという話が持ち上がるが,ジャンゴに好意を持つルイーズは,行ったら帰って来れないと主張しスイスへの亡命を勧める.
ジャンゴはスイスへの亡命を決意し,楽団を解散,レマン湖のフランス側にあるロマのキャンプに滞在してチャンスを待つ….
ジャンゴ・ラインハルトの名前は知っていたがその音楽は聴いたことがなかった.彼がこの様に素晴らしいミュージッシャンで,本作にある様にレクイエムや交響曲も作曲する音楽家であったこと,かつロマの出身としてこの様な辛酸を舐めたということは,初めて知った.4_2
ドイツ占領下のフランスでのエンターテインメントの状況も興味深い.ジャンゴ達ロマ族の絆の強さ,それに対するナチスの非道さも印象的.
ジャンゴ達がレマン湖畔でナチスの会合のために演奏を強制されるシーン,担当将校から「規則」が言い渡される.マイナー曲・ブルースは禁止,シンコペーションはなし,アドリブソロは5秒まで等々.これをかいくぐって観客をスイングさせていく本シーンは,誠にサスペンスフル.
5_2
戦争が終わって生き残った人々が集う「レクイエム」のシーンも素晴らしかった.見て損はなし.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

独断的映画感想文:コーマ

日記:2017年12月某日
映画「コーマ」を見る.1_2
1978年.監督:マイケル・クライトン.
出演:ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(スーザン),マイケル・ダグラス(マーク),リチャード・ウィドマーク(ハリス博士).

2_2
スーザンは外科研修医,理想家肌で,恋人で現実主義的なマークとは喧嘩したり仲直りしたり.
ところが学生時代からの親友が虫垂炎の手術で,思いがけなく植物状態に陥る.親友は結局死亡し,病理解剖の結果も原因が見当たらない.3_2
しかしスーザンは調査の結果,過去10例以上の手術中の原因不明の植物状態への転帰があり,しかも全てが第8手術室で発生していることを知る….
謎のネタは割に早い段階で明らかになり,映画の焦点はスーザンに迫る危険のサスペンスとなる.
この映画の最大の見どころは,植物状態に陥った患者が収容される,ジェファーソン研究所のシーンであろう.視覚的に強烈な印象を与えるこのシーンは,他の映画にもコピーされている様だ.このシーンが宣伝ポスターでネタばらしされているのは,ちょっとどうなのかしらと思ってしまう.5
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

独断的映画感想文:プロヴァンスの休日

日記:2017年12月某日
映画「プロヴァンスの休日」を見る.1
2015年.監督:ローズ・ボッシュ.
出演:ジャン・レノ(ポール),アンナ・ガリエナ(イレーネ),クロエ・ジュアネ(レア),ユゴー・デシュー(アドリアン),ルーカス・ペリシエ(テオ).
2
冒頭,「サウンド・オブ・サイレンス」をバックに列車の窓辺で風景を楽しむ少年テオの映像.
テオとアドリアン,レアの兄妹は,離婚した母親の仕事の都合で祖母イレーネに連れられて,パリからプロヴァンスの祖父ポールの家で夏休みを過ごすために行く途中(しかし映画でこういう事情が判るのは大分後のことだ).
テオは聾唖者.彼等がイレーネと共に行くことはポールは知らされておらず,出会いは極めて気まずいものになる.3
彼等の母は17年前に妊娠して両親の元を出奔,それ以来ポールとは連絡も取ったことがない.プロヴァンスでオリーブを栽培する頑固一徹のポールは,もとより孫達と友好的につきあえる筈もなく,イレーネは間に立ってやきもきする.
しかしテオはポールの心をつかみ,仲良くオリーブの世話をし始めるのだが….
パリとプロヴァンスの違い,世代間の違いが際立つポールと孫達の一夏のバカンスが描かれる.反発し合いながらも血縁の力で絆を繋げ,互いに持つ欠点を助け合って補い合う家族の結びつきが,プロヴァンスの風景をバックに淡々と見事に描かれる.4
特に両者を取り持つ天使の様なテオが素晴らしい.
アドリアンがポールに無断でフェイスブックにアップしたポールのアカウントが,思いがけずポールの昔馴染みを呼び寄せて開かれる心地よいパーティーの情景も素敵.使用される70年代ロックの数々も懐かしく,見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/19

独断的映画感想文:戦場のメロディー

日記:2017年11月某日
映画「戦場のメロディー」を見る.1_2
2015年.監督:イ・ハン.
出演:イム・シワン(ハン・サンヨル),コ・アソン(パク・ジュミ),イ・ヒジュン(カルゴリ),チョン・ジュノン(オ・ドング).2_2
1952年朝鮮戦争での出来事.
前線での白兵戦で部下の殆どを失ったハン少尉.少尉は音楽大学出身だったが,朝鮮内戦で家族を全て失っていた.
前線で決死で救ったチョ上士の推薦で釜山の孤児院の管理を命ぜられた少尉は,女性院長ジュミと共に手探りで子供達と接していく.市内には“カギ爪の男”カルゴリが,戦災孤児を集め強制労働をさせるキャンプを運営していた.
孤児達の辛い経験を知ったハン少尉は,カルゴリのキャンプの孤児達も含めた児童合唱団を組織するが….3_2
朝鮮内戦の悲劇と当時の具体的状況を,子供達の目を通し描いていくシーンは心に残る.
内戦で引き裂かれた市民,その象徴として,お互いの肉親を相手の肉親に殺された,ドングとチュンシクの確執が描かれる.4_2
ハン少尉が二人に勝負を命じ,「ダニー・ボーイ」と「アンニー・ローリー」を同時に歌わせ,最後まで歌えた方が勝ちという裁断を示す.これをそれぞれ歌うドングとチュンシクの美しい声,二つのメロディーが期せずしてハーモニーになるシーンは秀逸だ.
設定とプロットが良く出来ていて,最後まで間断することなく見た.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (1)

独断的映画感想文:ガール・オン・ザ・トレイン

日記:2017年11月某日
映画「ガール・オン・ザ・トレイン」を見る.1
2016年.監督:テイト・テイラー.
出演:エミリー・ブラント(レイチェル),レベッカ・ファーガソン(アナ),ヘイリー・ベネット(メガン),ジャスティン・セロー(トム),ルーク・エヴァンス(スコット).2
映画の冒頭,通勤列車の窓越しにある住宅を見る女性レイチェル.その家には若いカップルが住んでいて,毎朝見るのは幸せそうな彼等の姿.
実はレイチェルはその家の近所にかっては夫と住んでいた.人工授精がうまくいかず,レイチェルはアルコール依存に陥ってしまい,泥酔のためたびたび記憶を無くした.3
上司の家でのパーティーでも泥酔してトラブルを起こし,夫はその為に失職したと言う.夫はレイチェルと離婚し浮気相手のアナと結婚,レイチェルが手作りで整えたその家に,今アナは娘と住む.
ところがある朝,レイチェルは何時も見る家の若妻が別の男とテラスで抱擁する姿を目撃する.理想像が壊されたとの思いで,レイチェルはその日泥酔してその若妻メガンの後を追うが,翌朝傷だらけの状態で自室で目を覚ます.メガンは前の晩以来行方不明となっていた….4
結局メガンはその後死体で発見される.それぞれに事情や過去を抱えたレイチェル,メガン,アナの巻き込まれたミステリ.
飲み過ぎて記憶を無くした自分が殺人犯かもい知れないというプロットは,酒飲みにとってはスリリングな展開である.5
観客から見て必ずしも共感できない主人公レイチェルを,エミリー・ブラントが好演.謎の底は浅いが,ミステリとしてはまずまずの出来.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (2)

2017/11/14

独断的映画感想文:太陽のめざめ

日記:2017年11月某日
映画「太陽のめざめ」を見る.1_4
2015年.監督:エマニュエル・ベルコ.
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(判事),ロッド・パラド(フェランド・マロニー),ブノワ・マジメル(ヤン),サラ・フォレスティエ(マロニーの母).2_4
映画の冒頭は判事の部屋,6歳のマロニーの悪童ぶりに、呼び出された母親が判事に逆ギレして部屋を飛び出す.
それから10年後,マロニーは学校にも行かず,出来ることは車泥棒のみ,再び判事の前に出頭する.父や祖父は名うてのワル,マロニーを育てた母親は育児より男と酒と薬にふける女性.3_4
マロニーは誰も信頼せず全ての大人に敵意をむき出しにし,只母親からは自立できていない荒んだ若者となっていた.判事はマロニーに教育係ヤンをつけて矯正施設に送るが….
マロニーを何とか自立させようとする判事や教育係の努力は,並大抵ではない.
マロニーは本性は善人であり心優しい男の子だ.しかしひとを信じず自分を抑えることが出来ず,自分が傷つく前にひとを傷つけようとする.周りの大人の努力に応じて改善の兆しが見られては,感情の爆発で全てを無に帰してしまい,遂には刑務所に送られるマロニー.
映画の大半はそのような1歩前進2歩後退の積み重ねだ.自分ではどうしようもなく自らを追い詰めていくマロニーに,涙を禁じ得ない.4_4
映画の最後にしかし彼は変容を見せる.彼を変えたのは,彼を指導し愛を与える人々だけでなく,彼に頼り,彼に愛を求め,彼を必要とする人々だった.
俳優達がいずれも好演,特にベテラン:カトリーヌ・ドヌーブと新星:ロッド・パラドが素晴らしい.見応えのある映画.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧