2017/04/28

独断的映画感想文:64 ロクヨン 前編

日記:2017年4月某日
映画「64 ロクヨン 前編」を見る.1
2016年.監督:瀬々敬久.
出演:佐藤浩市(三上義信),綾野剛(諏訪),榮倉奈々(美雲),夏川結衣(三上美那子),緒形直人(目崎正人),窪田正孝(日吉浩一郎),坂口健太郎(手嶋),筒井道隆(柿沼),鶴田真由(村串みずき),赤井英和(望月),菅田俊(漆原),烏丸せつこ(日吉雅恵),小澤征悦(御倉),金井勇太(蔵前),芳根京子(三上あゆみ),菅原大吉(石井),柄本佑(落合),椎名桔平(辻内欣司),滝藤賢一(赤間),奥田瑛二(荒木田),仲村トオル(二渡真治),吉岡秀隆(幸田一樹),瑛太(秋川),永瀬正敏(雨宮芳男),三浦友和(松岡勝俊).2
昭和64年1月に起こったロクヨンと以後呼ばれることになった少女誘拐事件,身代金は奪われ少女は死体で発見されるという最悪の結果となる.
それから14年,捜査の一員だった三上は警務部広報官となり記者クラブとの交渉の日々.県公安委員の親戚である交通事故加害者の実名を伏せる様キャリア官僚の警務部長から命じられ,記者クラブとの関係は悪化する.
一方警察庁は県警刑事部長に本庁キャリアを据える方針を打ち出し刑事部は反発,警務部は警察庁サイドと目され刑事部からの反目も激しい.5
三上は仕事一本槍の自分を嫌って家出している,娘との葛藤も抱えている.
ロクヨンの時効まで1年と迫った日々,三上は事件当時の捜査ミス隠蔽の事実を掴むが,一方ロクヨンの模倣と思われる新たな誘拐事件が発生する….
横山秀夫のベストセラーを2部作で製作した前編.沈鬱な画面作りと音楽,ベテラン俳優陣の落ち着いた演技が長い物語を描いていく.4
この映画では特に主人公・三上に対立する警務部長を演じる滝藤賢一,東洋新聞キャップ秋川を演じる瑛太が印象的.濃い人格をうまく演じている.
三上をバックアップする広報室の綾野剛・榮倉奈々も熱演.前編の終盤,記者クラブとの対決シーンは心に響いた.3
素晴らしい出来で,後編が期待される.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (4)

2017/04/22

独断的映画感想文:ちはやふる 上の句

日記:2017年4月某日
映画「ちはやふる 上の句」を見る.
1
2016年.監督:小泉徳宏.
出演:広瀬すず(綾瀬千早),野村周平(真島太一),真剣佑(綿谷新),上白石萌音(大江奏),矢本悠馬(西田優征),森永悠希(駒野勉),清水尋也(須藤暁人),松岡茉優(若宮詩暢),松田美由紀(宮内妙子),國村隼(原田秀雄),坂口涼太郎(木梨浩).2_2
都立高校進学を機に「カルタ部」を作って全国大会を目指そうという綾瀬千早.彼女は小学生の時から綿谷新,真島太一とチームを組んで競技カルタに参加してきた.
新は今実家のある金沢でカルタに取り組んでいる.3_2
千早は同じ高校に進学した太一とカルタ部を創部しようとするが,部員5人をまずは揃えなければならない.かって千早達とカルタで戦った西田優征に加え,呉服屋の娘で和歌が好きな大江奏,唯一人部活動に属していなかった駒野勉を引きづり込み,何とかカルタ部はスタートする….
人気漫画を原作とする2部作の第1部.4
テンション高い若者たちの物語に最初はつき合いかねたが,カルタ部の苦闘と前進の物語に次第に引き込まれた.一同の成長物語でもあるという,青春ものの王道もきちんと押さえられている.
何より主人公を演じる広瀬すずのコメディエンヌぶりが好ましい.試合に全精力を費やした直後に白目を剥いて昏睡してしまうシーンの広瀬すずは,見もの.5_2
都大会決勝戦のシーン,大江奏の発案で全員和服姿で出場した一同はなかなか絵になっているが,試合ではたすきを掛けた方がかっこよかったのでは?
千早を巡る新と太一の確執も明らかになり,第2部の完結編も楽しみである.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (4)

独断的映画感想文:セデック・バレ 第二部 虹の橋

日記:2017年4月某日
映画「セデック・バレ 第二部 虹の橋」を見る.0
2011年.監督:ウェイ・ダーション.
出演:リン・チンタイ(モーナ・ルダオ(壮年)),マー・ジーシアン(タイモ・ワリス),ビビアン・スー(高山初子(オビン・タダオ)),ランディ・ウェン(マホン・モーナ),安藤政信(小島源治),ルオ・メイリン(川野花子(オビン・ナウイ)),河原さぶ(鎌田弥彦).6
1930年日本統治下の台湾で,台湾原住民族・セデック族の日本政府への叛乱=霧社事件の結末を語る二部作の完結編(第1部の感想はこちら).
霧社の日本人を殲滅したセデックの叛乱軍は,反攻した日本軍・警察部隊を密林から迎え撃ち大きな損害を与えるが,日本軍も大砲,航空機,毒ガスを駆使して叛乱軍を追い詰める.2
セデックの一族は,男子は決死の攻撃にことごとく参加し,女子と子供達は自死を選ぶ.更に日本軍の指示で,モーナ・ルダオと敵対してきた蕃族の一族が日本軍の側に立って鎮圧に参加し,戦闘は凄惨な同族同士の殺し合いへと展開する….
第2部のこの映画は,全編殆ど戦闘シーンとセデック族の自死のシーンで構成されるが,緊張感高い物語の進行に目を離すことが出来ない.5
決起したセデックには,セデックとしての名誉を全うし,祖先が渡った虹の橋を続いて渡る資格を得るという目的がある.叛乱の目的は当初から金銭や地位の改善ではないのだ.
そのことを徹底して描くこの映画の物語に,心を動かされずにはいられない.映画の力に圧倒されたというのが正直な感想である.
3
密林を駆け巡り死力を尽くしたセデック族の戦士が,虹の橋を渡ったであろうことを祈らずにはいられない.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (2)

2017/04/18

独断的映画感想文:超高速参勤交代 リターンズ

日記:2017年3月26日
映画「超高速参勤交代 リターンズ」を見る.1
2016年.監督:本木克英.
出演:佐々木蔵之介(内藤政醇),深田恭子(お咲),伊原剛志(雲隠段蔵),寺脇康文(荒木源八郎),上地雄輔(秋山平吾),知念侑李(Hey! Say! JUMP)(鈴木吉之丞),柄本時生(増田弘忠),六角精児(今村清右衛門),古田新太(大岡忠相),近藤公園(瀬川安右衛門),渡辺裕之(諸坂三太夫),中尾明慶(森極蔵),橋本じゅん(福田弥之助),宍戸開(柳生幻道),富田靖子(荒木富江),西村雅彦(相馬兼嗣),市川猿之助(徳川吉宗),石橋蓮司(松平輝貞),陣内孝則(松平信祝).2
同じ監督・出演陣で製作された人気作第2弾.
前作で期日通り江戸に参勤交代し,悪老中・松平信祝を蟄居に追い込んだ湯長谷藩の面々だが,何と今度は国元で一揆が起きたとの知らせ,しかも目付が既に湯長谷藩に急行し,藩の失態を追及すると言う.
藩主以下,新しい側女のお咲を伴い湯長谷藩に前回をしのぐスピードで急行する.しかし既に城は目付に奪われ,妻女は人質,藩主以下は丸腰の上,頼みの忍び・雲隠段蔵は何と敵に回っていた….3
この絶体絶命の境地からの挽回が今回の見どころ,一揆は偽一揆で仕掛けたのはまたしても松平信祝であった.
前作で作り上げた強烈な設定が今回も揺るがず,面白く見れた.話の切れ味は若干前回に劣るが,独特のスピード感で進んでいく物語に最後まで持って行かれてしまう.
まあ見て損はなし.★★★☆(★5個が満点).4
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (4)

2017/04/05

独断的映画感想文:セデック・バレ 第一部 太陽旗

日記:2017年3月某日
映画「セデック・バレ 第一部 太陽旗」を見る.11
2011年.監督:ウェイ・ダーション.
出演:リン・チンタイ(モーナ・ルダオ(壮年)),マー・ジーシアン(タイモ・ワリス),ビビアン・スー(高山初子(オビン・タダオ)),ランディ・ウェン(マホン・モーナ),安藤政信(島源治),ルオ・メイリン(川野花子(オビン・ナウイ)),河原さぶ(鎌田弥彦),木村祐一(佐塚愛祐).
映画の冒頭,台湾山中の密林を駆け巡り狩りをする台湾原住民族・セデック族の人々.
リーダーのモーナ・ルダオは頭目の息子で勇猛果敢な男である.狩りの獲物を他部族の男達と争ったモーナは,相手の首を切り落として獲物と共に帰還,勇名を轟かす.12
1895年日清戦争の勝利により台湾を領有した日本軍は,原住民族の抵抗を圧倒して山岳地帯を制圧,彼等は武装解除され労働者として働く生活を強いられることになった.
以降35年,今は頭目となったモーナはセデック族を押さえて日本人に従っていたが,祭の晩に起きた日本人警官との衝突をきっかけに,遂に決起を決意する….13
美しい森と豊かな水に恵まれ,ゆったり流れる時間の中を誇り高く生きるセデック族を描く前半は,叙情的な映画音楽とも相俟って印象深い出来上がりである.
男達は狩りをし,戦っては相手の首を取ることが勤め,女は男の為に機を織ることが勤め,それが出来れば体に刺青を入れることが許され,死んでは祖先の暮らす国へ行くことが出来るという.14
しかし日本人が山岳地帯に入り込んで学校を作り街を建設していく中,それを描く映画自体からも前半に見られた荘重さ・豊かさが一気に失われていく様に思われた.
最終場面,決起したセデック族が日本人の首を切り飛ばしていく長いシーンは,どうにも後味が悪い.映画は後編に続くのだが,見るべきかどうか迷っている.
セデック族は,刺青の習慣や祭で演奏する口琴の響きなど,アイヌ民族とも共通するものを感じ,親近感は覚える.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (2)

2017/03/30

独断的映画感想文:明治侠客伝 三代目襲名

日記:2017年3月某日
映画「明治侠客伝 三代目襲名」を見る.1
1965年.監督:加藤泰.
出演:鶴田浩二(菊池浅次郎),藤純子(初栄),大木実(星野軍次郎),津川雅彦(江本春夫),安部徹(唐沢竜造),山城新伍(立石三郎),曽根晴美(矢島保),汐路章(中井徳松),品川隆二(小栗清),嵐寛寿郎(江本福一),藤山寛美(石井仙吉),丹波哲郎(野村勇太郎).4
冒頭,御神酒を注ぐ杯の上からのショット,カメラが曳くと祭の御輿の上である.御輿が動き出し群衆が取り囲む中,祭に見入る嵐寛寿郎とその連れ毛利菊江,群衆をかき分け忍び寄る汐路章.
このシーンで一気に映画に引き込まれた.
祭を見物中の木屋辰一家二代目江本福一は,流れ者中井徳松に刺された.浄水場工事で野村組に資材を納める木屋辰への,星野建材社長星野軍次郎による配下唐沢組を使った襲撃である.3
江本の息子春夫を押さえ,子分の菊池浅次郎は組をとりまとめるが,星野の妨害は続く….
本作は鶴田浩二も良い(特に声が良い)が,周りを固める(?)悪役達,丹波哲郎,藤山寛美,藤純子が良い.
藤純子は未だ20才前,娼婦役だが浅次郎を愛しつつ唐沢に落籍される役どころ,その葛藤も見せ場の一つ.
藤山寛美はお節介だが人の良い,しかも男気のある無宿人を心地よく演じる.2
丹波哲郎は,生真面目な任侠道の人が建設会社の社長であるという,余り例のない役どころをうまく演じる.
出演者いずれも濃い面々で,駆け出しの山城新伍など全く目立たないほどである.明治のやくざ世界を舞台に,時代劇の様に描かれる情緒に満ちた映画,一見の価値あり.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

独断的映画感想文:沈黙 サイレンス

日記:2017年2月某日
映画「沈黙 サイレンス」を見る.1_2
2016年.監督:マーティン・スコセッシ.
配役:アンドリュー・ガーフィールド(セバスチャン・ロドリゴ),アダム・ドライバー(フランシス・ガルペ),浅野忠信(通辞),キアラン・ハインズ(ヴァリニャーノ),リーアム・ニーソン(クリストバン・フェレイラ),窪塚洋介(キチジロー),イッセー尾形(井上筑後守),塚本晋也(モキチ),小松菜奈(モニカ),加瀬亮(ジュアン),笈田ヨシ(イチゾウ).4
17世紀,日本でのキリシタン弾圧は激しさを増し,在日の有力な司祭フェレーラは棄教,日本に帰化した.
その弟子であるロドリゴとガルペは日本に派遣されることを切望し,マカオから日本人漂流民キチジローの案内で,長崎付近の隠れキリシタンの村に到着する.
歓喜する村人に洗礼を施し,告解を聞き,ミサを執り行う生活が始まる.更にロドリゴは五島にも出向いて布教を行うが,やがて長崎奉行の弾圧はその地にも及び,村人と共に遂にロドリゴ達も捕らえられる.2_3
長崎奉行はロドリゴに対し,彼が棄教しない限り村人が犠牲になることを説き,棄教を迫るのだが….
遠藤周作の原作を忠実に映画化した作品.人間の弱さと信仰について,キリシタン弾圧を題材に描く.
信仰は,神の問題ではなく人間の問題である.そのことは,特に登場人物キチジローを通じて明らかにされる.
キチジローは漂流民としてマカオにいたが,それ以前にキリシタンとして拘束され,家族全員が棄教せず殺されたのに対し,一人踏み絵を踏んで命が助かった.5_2
その後もロドリゴに仕える一方で,彼を裏切り奉行に通報した.彼は逮捕される度に踏み絵を踏んで釈放されるが,しかし執拗にロドリゴの周辺を離れない.結局彼はロドリゴに終生仕えた日本人であった.
ロドリゴが神の沈黙に苦悩しているのと同様に,キチジローもキチジローの苦悩を生きているのだ.3_2
映画は緊張感高くこの重厚なテーマを一歩一歩追究してゆく.窪塚洋介,浅野忠信,イッセー尾形,塚本晋也等の熱演が素晴らしい.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


| コメント (0) | トラックバック (3)

独断的映画感想文:沓掛時次郎 遊侠一匹

日記:2017年2月某日
映画「沓掛時次郎 遊侠一匹(1966)」を見る.1
1966年.監督:加藤泰.
出演:中村錦之助(沓掛時次郎),池内淳子(おきぬ),中村信二郎(太郎吉),弓恵子(お葉),高松錦之助(佐原の勘蔵),清川虹子(おろく),明石潮(八丁徳),渥美清(身延の朝吉),東千代之介(六ッ田の三蔵).
腕はめっぽう立つ無宿渡世人の沓掛時次郎は,彼を兄貴と慕う身延の朝吉との二人旅.3
ある宿場で賭場で大勝ちした時次郎を見込んだ,ところの親分の一人娘お葉に,女郎屋を巡る喧嘩の助っ人を頼まれる.時次郎はあっさり辞退するが,朝吉は筋を通そうと,お葉に言われるまま単身相手方に殴り込みをかけ,なぶり殺しにされてしまう.
朝吉の仇と相手の一家を打ち破った時次郎,再び旅に出て鴻巣一家にわらじを脱ぐ.ここの親分に頼まれたのは,敵対する一家の代貸・六ッ田の三蔵殺しだが,三蔵は旅の途中世話になった母子おきぬ・太郎吉の主人だった….
前半は渥美清,後半は池内淳子とのコンビで綴る,無宿人の人生を描く好編.
おきぬの息子・太郎吉を演じた中村信二郎は,錦之助の甥で歌舞伎俳優の当代・中村錦之助である.2
初代錦之助は,この監督の極端な表情のアップが,まことに良く映える俳優であった.映画の印象はこの俳優の様々な表情のアップにおおかた支配されたのではあるまいか.
腕が立つだけに助っ人として空しい殺人に巻き込まれる時次郎と,夫を殺した無宿人への思いに苦しむおきぬの物語が哀切である.おきぬへの思いを酒場の女将に物語る寒夜の時次郎のシーンが印象に残る.
一見の価値あり.★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/15

独断的映画感想文:ブロークンシティ

日記:2017年1月某日
映画「ブロークンシティ」を見る.1
2012年.監督:アレン・ヒューズ.
出演:マーク・ウォルバーグ(Billy Taggart),ラッセル・クロウ(Mayor Hostetler),キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Cathleen Hostetler),ジェフリー・ライト(Carl Fairbanks),バリー・ペッパー(Jack Valliant),アローナ・タル(Katy Bradshaw),ナタリー・マルティネス(Natalie Barrow),グリフィン・ダン(Sam Lancaster).2
ビリーはN.Y.警察の警官,七年前捜査中の容疑者を射殺した疑いで告発されたが,判決は無罪だった.
しかし以来ビリーは警察を辞め,私立探偵として活動する.ビリーの恋人・ナタリーは,妹のレイプ殺人事件後,ビリーとつき合う様になったが,今は映画女優として売り出している.3
ビリーの辞職に関与したN.Y.市長ホステラーは,市長選挙1週間前にビリーを呼び出し,妻・キャスリーンの浮気相手を探る様に命じる.調査の結果,相手は市長選の対立候補・ヴァリアントの選挙責任者,アンドリューと判明するが….
市長選を巡る政治的陰謀の渦巻く中,巻き込まれたビリーがそのもつれを自分の人生をかけて解きほぐすサスペンス.4
俳優陣が豪華な割には,サスペンスに意外性が乏しく,またプロットの吟味が不充分で,エピソードが伏線にならず終わる等の欠陥あり.やや印象が散漫になる結果となった.
残念でした.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (4)

2017/03/13

独断的映画感想文:SPY スパイ

日記:2017年1月某日
映画「SPY スパイ」を見る.
2015年.監督:ポール・フェイグ.
出演:ジェイソン・ステイサム(Rick Ford),ジュード・ロウ(Bradley Fine),メリッサ・マッカーシー(Susan Cooper),ローズ・バーン(Rayna Boyanov),ミランダ・ハート(Nancy B. Artingstall),ボビー・カナヴェイル(Sergio De Luca),アリソン・ジャネイ(Elaine Crocker),ジェシカ・チャフィン(Sharon).1_2
本格的スパイ映画のスタイルを取った本格的コメディ映画.
CIAの敏腕スパイ・ブラッドレイは,優秀なサポート要員・スーザンのおかげで大活躍,しかし移動型核爆弾を持つレイナに近づいたブラッドレイはレイナに倒されてしまう.2_2
他のエージェントの身元も敵にばれているらしく(二重スパイがいるらしい),太っちょで中年女性のスーザンは,自ら敵地に乗り込みレイナ等と対決する決意をする.
やむなくスーザンをパリに送り込むCIA,しかし意外にもスーザンは外国語ぺらぺら,格闘技や銃器の扱いもうまく,何と見込まれてレイナが自身のボディガードに採用するが….3_2
そこそこ良くできた映画で,スーザンのスーパーエージェントぶりと,頭脳が筋肉としか思えないリック等の対比がおかしい.
特にスーザンが敵の女性エージェントと,ホテルの厨房でフライパン対肉切り包丁で渡り合う格闘シーンは見応え有り.4_2
この監督は現場で思いつきの台詞を俳優に言わせる癖があるらしく,その為メイキングやNG集の内容はめちゃくちゃ面白いが,本編の方は逆に意味不明の台詞が続出.
そういう意味でちゃらんぽらんさの感じられる映画である.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧