2019/09/23

番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭九月大歌舞伎昼の部 極付幡随長兵衛/お祭り/沼津

日記:2019年9月某日
歌舞伎座で秀山祭九月大歌舞伎 昼の部を見る.Kabukiza_1909_h_6a5eab113e35d5e99ca09f43
「河竹黙阿弥作 一、極付幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ) 「公平法問諍」」.出演:幡随院長兵衛(幸四郎),水野十郎左衛門(松緑),唐犬権兵衛(錦之助),長兵衛女房お時(雀右衛門).「二、お祭り(おまつり)」.出演:鳶頭(梅玉),芸者(魁春),芸者(梅枝).「三世中村歌六 百回忌追善狂言:伊賀越道中双六 三、沼津(ぬまづ)」.出演:呉服屋十兵衛(吉右衛門),平作娘お米(雀右衛門),池添孫八(錦之助),旅人夫(歌昇),旅人女房(種之助),初お目見得:旅人倅(小川綜真(歌昇長男)),茶屋娘おくる(米吉),荷持安兵衛(又五郎),雲助平作(歌六).
「極付幡随長兵衛」は,劇中劇「公平法問諍」が面白い.こっちの配役も結構豪華.幸四郎の幡随長兵衛はやや貫禄不足.ある日突然に水野の屋敷に死にに行くと言う幡随長兵衛の言葉を周囲が受け入れるのも,とにかくこの人のカリスマ的偉さがあるからで,そこが足りないと,みすみす水野の屋敷に行くのを何故止めないのか,不思議な感じになる.Numazu
最後は無事吉右衛門が病休から復帰した「沼津」.この芝居は,通し狂言「伊賀越道中双六」全体の複雑な構成が頭に入っていないと,理解し難い.最近は同じ狂言の岡崎を共通する配役で何度か見ているので,話がこんがらかって困った.吉右衛門,雀右衛門,歌六の芝居はさすがに隙がなく,高い緊張感で終始する.実に見応えあり.
あいだの「お祭り」は息抜きにぴったりのくだけた踊り.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/09/15

番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭九月大歌舞伎夜の部 寺子屋/勧進帳/松浦の太鼓

日記:2019年9月某日
歌舞伎座で秀山祭九月大歌舞伎 夜の部を見る.Img_20190915_211142
「菅原伝授手習鑑 一、寺子屋(てらこや)」.出演:松王丸(吉右衛門),園生の前(福助),千代(菊之助),菅秀才(丑之助),戸浪(児太郎),春藤玄蕃(又五郎),武部源蔵(幸四郎).「二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)」.出演:武蔵坊弁慶(仁左衛門),源義経(孝太郎),富樫左衛門(幸四郎).三世中村歌六 百回忌追善狂言「三、秀山十種の内 松浦の太鼓(まつうらのたいこ)」.出演:松浦鎮信(歌六),大高源吾(又五郎),お縫(米吉),宝井其角(東蔵).Terakoya
寺子屋は,吉右衛門の圧倒的迫力と緩急泣き笑いの自在な芝居が,まことに印象的.菊之助も子を失った母の悲哀が胸に迫る素晴らしい演技.又五郎も良かった(どうも又五郎が玄蕃をやるとあまり悪人に見えないが).
仁左衛門の勧進帳は2008年4月以来である(この時は富樫:勘三郎,義経:玉三郎).本日もメリハリがあって丁寧な芝居,しかし眼力は凄い.孝太郎の義経が対照的な動かぬ演技で良かった.Kanjincho
この後が松浦の太鼓で,ここは歌六の松浦公がおかしみのある余裕の演技で素敵だった.1時間越えの芝居が3本続くとさすがに見ている方も疲れるが,さすがに見応えある秀山祭.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/08/12

番外:独断的歌舞伎感想文 8月納涼歌舞伎1部・2部 伽羅先代萩/闇梅百物語/東海道中膝栗毛

日記:2019年8月某日
「8月納涼歌舞伎 1部・2部」を通しで見る.Kabukiza_201908_hh_67e16dc61932ac1d2447c
第一部:「一、伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ) 御殿/床下」.出演:乳人政岡(七之助),仁木弾正/八汐(幸四郎),沖の井(児太郎),一子千松(勘太郎),鶴千代(長三郎),小槙(歌女之丞),荒獅子男之助(巳之助),栄御前(扇雀).三世河竹新七 作.「二、闇梅百物語(やみのうめひゃくものがたり)」.出演:骸骨/読売(幸四郎),傘一本足(歌昇),小姓白梅(新悟),河童(種之助),新造(虎之介),籬姫(鶴松),狸/大内義弘(彌十郎),雪女郎(扇雀).
第二部:十返舎一九 原作より.杉原邦生 構成,戸部和久 脚本,石川耕士 脚本・演出,市川猿之助 脚本・演出.「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ) 松本幸四郎・市川猿之助 宙乗り相勤め申し候」.出演:喜多八/黒船風珍(猿之助),七化けお七(七之助),鎌川霧蔵(中車),貝蔵(巳之助),お富(新悟),兼松(廣太郎),河内屋与三郎(隼人),娘お千代(児太郎),熊木虎右衛門(橋之助),博労安蔵(福之助),猫爪艶之丞(虎之介),森の石松(鷹之資),追分の三五郎(千之助),雲助染松実は伊月梵太郎(染五郎),雲助團市実は五代政之助(團子),飯盛女郎お蔦(鶴松),藪玄磧(弘太郎),船頭寿吉(寿猿),女房おふつ(宗之助),荒海の鰐蔵(錦吾),登喜和屋おかめ(笑三郎),天照大神(笑也),猿田彦/娘義太夫豊竹円昇(猿弥),帆下田の久六(片岡亀蔵),乳母奥の井(門之助),弥次郎兵衛/獅子戸乱武(幸四郎).Senndaihagi
伽羅先代萩は若手中心の配役.七之助初役の政岡をまま炊きの場面から演じるのと,千松と鶴千代を勘九郎の息子兄弟が演じるのが話題.4年前の玉三郎の政岡・菊之助の沖の井が何と言っても良かった.七之助はその玉三郎に比べれば動きはちょっと早い印象はあったが,政岡の情感が伝わってくるすばらしい芝居.
闇梅百物語は妖怪お化けの舞踊芝居.
2部の膝栗毛は,猿之助・幸四郎のシリーズ物.今年は昨年までの荒唐無稽な設定とひと味違い,一応東海道を進む中で歌舞伎定番の舞台のパロディを繰り広げるという趣向.お富・与三郎(与話情浮名横櫛)がとろろ汁まみれの台所で大喧嘩になり(女殺し油地獄)弥次喜多が巻き込まれるシーンや,弥次喜多が雲助に襲われる(鈴ヶ森)シーンなど,抱腹絶倒.七化けお七の七之助が5役しかやっていないじゃないかと弥次喜多に突っ込まれ,1部の政岡と3部の秋空星三郎も勘定に入れるんですとやり返す楽屋落ちもおかしい.歌舞伎らしいコメディで楽しかった.Img_20190812_174847
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/07/21

番外:独断的歌舞伎感想文 7月大歌舞伎夜の部 通し狂言星合世十三團

日記:2019年7月某日
歌舞伎座で「7月大歌舞伎 夜の部」を見る.July_special_poster
竹田出雲 作,三好松洛 作,並木千柳 作,織田紘二 補綴・演出,石川耕士 補綴・演出,川崎哲男 補綴・演出,藤間勘十郎 補綴・演出:「通し狂言星合世十三團(ほしあわせじゅうさんだん). 成田千本桜. 市川海老蔵十三役早替り宙乗り相勤め申し候. 発端 福原平家御殿跡の場.序幕 第一場 大内の場,第二場 堀川御所の場,第三場 同 塀外の場.二幕目 第一場 伏見稲荷鳥居前の場,第二場 渡海屋の場,第三場 同 奥座敷の場,第四場 大物浦の場.三幕目 第一場 北嵯峨庵室の場,第二場 下市村椎の木の場,第三場 同 竹薮小金吾討死の場,第四場 同 釣瓶鮨屋の場.大詰 第一場 吉野山の場 第二場 川連法眼館の場」.
出演:左大臣藤原朝方,卿の君,川越太郎,武蔵坊弁慶,渡海屋銀平実は新中納言知盛,入江丹蔵,主馬小金吾,いがみの権太,鮨屋弥左衛門,弥助実は三位中将維盛,佐藤忠信,佐藤忠信実は源九郎狐 ,横川覚範実は能登守教,以上13役 海老蔵),静御前(雀右衛門),相模五郎(右團次),若葉の内侍/小せん(児太郎),伊勢三郎(男寅),亀井六郎(鷹之資),お里(梅丸),鷲尾十郎(市川福太郎),土佐坊昌俊(新十郎),逸見藤太(猿四郎),横川覚範(新蔵),片岡八郎(廣松),駿河次郎(九團次),猪熊大之進(市蔵),お米(齊入),百姓吾作(家橘),尼妙林(萬次郎),お柳実は典侍の局(魁春),梶原平三景時(左團次),源義経(梅玉).
義経千本桜を通しでやってその間に海老蔵が13役の早替わりをやろうという,海老蔵奮闘の通し狂言.13役の早替わりはめまぐるしく,時には舞台上に3~4人の海老蔵がいることになったりして,なかなか面白い.
通しを夜の部の実質四時間でやるので内容はダイジェスト版,そこかしこに無理もあるのだが,それでも碇知盛の悲劇性や,狐忠信の愛らしさは素敵だった.
特に碇知盛が海に没した後,早替わりの弁慶が六方を踏んで花道を引っ込み,更に再度知盛の亡霊が現れて宙乗りで消えていく場面は秀逸.
鮓屋の権太手負いの場面,大詰め川連法眼館の場での動き回る金襖をかいくぐって4役が争闘するスペクタクルは,共に早替わりの妙味を堪能できる.
最後は劇場を埋め尽くす桜吹雪に圧倒されて劇場を出た.見応え充分である.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/07/15

番外:独断的歌舞伎感想文 国立劇場歌舞伎鑑賞教室 車引/棒しばり

日記:2019年7月某日
国立劇場歌舞伎鑑賞教室「菅原伝授手習鑑 車引」「棒しばり」を見る.20197kabukiomote2-1
竹田出雲・三好松洛・並木千柳=作.「菅原伝授手習鑑 (すがわらでんじゅてならいかがみ) 一幕」.出演:舎人松王丸(尾上松緑),舎人梅王丸(坂東亀蔵),舎人桜丸(坂東新悟),舎人杉王丸(尾上左近),藤原時平(中村松江).岡村柿紅=作.「棒しばり(ぼうしばり) 長唄囃子連中)」.出演:次郎冠者(尾上松緑),太郎冠者(坂東亀蔵),曽根松兵衛(中村松江).
車引は,この様式的荒事が若い出演者では舞台が支配できないのか,いささか退屈,何度か爆睡した.一方棒しばりは松緑・亀蔵の踊りが達者で伸びやか,間断することなく最後まで踊りきって,まことに見応えあり.
公演後のアフタートークもなかなか良い雰囲気で実に楽しかった.終演17時半頃.Img_20190715_172723 Img_20190715_170213

| コメント (0)

2019/07/14

番外:独断的歌舞伎感想文 七月大歌舞伎 昼の部 高時/西郷と豚姫/素襖落/外郎売り

日記:2019年7月某日
歌舞伎座で「七月大歌舞伎 昼の部」を見る.Kabukiza201907h_517d6d1345c796d525d57e36
河竹黙阿弥 作.「一、新歌舞伎十八番の内 高時(たかとき)」.出演:北条高時(右團次),愛妾衣笠(児太郎),安達三郎(九團次),渚(梅花),秋田入道(寿猿),大佛陸奥守(市蔵).池田大伍 作,久保田万太郎 演出,今井豊茂 演出.「二、西郷と豚姫(さいごうとぶたひめ)」.出演:お玉(獅童),大久保市助(権十郎),芸妓岸野(児太郎),舞妓雛勇(梅丸),同心新蔵(國矢),同心兵馬(左升),仲居頭おふく(歌女之丞),廻しの男留吉(橘三郎),中村半次郎(歌昇),西郷吉之助(錦之助).福地桜痴 作.「三、新歌舞伎十八番の内 素襖落(すおうおとし)」.出演:太郎冠者(海老蔵),次郎冠者(友右衛門),姫御寮(児太郎),鈍太郎(市蔵),三郎吾(権十郎),大名某(獅童).野口達二 改訂.「四、歌舞伎十八番の内 外郎売(ういろううり) 堀越勸玄早口言立て相勤め申し候」.出演:外郎売実は曽我五郎(海老蔵),貴甘坊(堀越勸玄),小林朝比奈(獅童),小林妹舞鶴(児太郎),遊君亀菊(梅丸),遊君喜瀬川(廣松),梶原平次景高(九團次),茶道珍斎(市蔵),梶原平三景時(家橘),化粧坂少将(雀右衛門),大磯の虎(魁春),工藤祐経(梅玉).
高時は鎌倉幕府最後の執権・高時の物語.高時が,右團次の特有の台詞回しでなかなか似合っているのと,天狗の群舞が舞台を圧するスペクタクルで,面白く見た.
「西郷と豚姫」は,獅童の豚姫が好演.西郷が共に死のうと言ってくれる場面では涙を禁じ得ない.久光公の勘気がとけ西郷が勇躍立っていく別れのシーンも良い.この2編は初見だが印象に残った.
素襖落は海老蔵の踊りで判り易い.
外郎売りは堀越勸玄の独壇場で,この年で本格的な台詞回しで早口言い立てをやってのけるのだから大手柄.1907kabukiza_tokubetsu_uirou_abz 1907kabukiza_tokubetsu_uirou_kag
出ずっぱりの児太郎(愛妾,芸者,姫御寮,舞鶴)もそれぞれに美しく素敵.演目の組み合わせも面白く,楽しい昼の部だった.

| コメント (0)

2019/07/02

番外:独断的歌舞伎感想文 巡業東コース松竹大歌舞伎 引き窓/かさね

日記:2019年7月某日
北とぴあで巡業東コース松竹大歌舞伎を見る.Jungyo_h_f537663a062c478a4711ec18e708c00
「一、二代目松本白鸚,十代目松本幸四郎 襲名披露 口上(こうじょう)」.幸四郎改め松本白鸚,染五郎改め松本四郎,幹部俳優出演.「二、双蝶々曲輪日記 引窓(ひきまど)」.出演:南与兵衛後に南方十次兵衛(染五郎改め松本幸四郎),女房お早(市川高麗蔵),三原伝造(大谷廣太郎),母お幸(松本幸雀),平岡丹平(松本錦吾),濡髪長五郎(幸四郎改め松本白鸚).「三、色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)かさね」.出演:かさね(市川猿之助),与右衛門(染五郎改め松本幸四郎).
白鸚・幸四郎の襲名興行もこれが最終か.口上もすっかりくつろいだ調子で,「ご当地王子の皆様」を持ち上げ楽しい雰囲気.引き窓は親子共演,かさねは同世代共演で,どちらも見応えあり.特に猿之助・幸四郎のかさねは,美しい男女の色模様から凄惨な殺しのシーンまで,息のあった踊りで素敵だった.
ところで両狂言とも,花道からむしろにくるまって主人公が出てくるという出だしで始まる.片方は白鸚(濡髪)で,片方は幸四郎(与右衛門).これもなんだか可笑しい.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/06/23

番外:独断的歌舞伎感想文:6月大歌舞伎 昼の部 壽式三番叟/女車引/石切梶原/封印切り

日記:2019年6月某日
歌舞伎座で「6月大歌舞伎 昼の部」を見る.Kabukiza_1906_h_078892e47b8b1d9b7fb605e2
「一、寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう) 松本幸四郎・尾上松也 三番叟相勤め申し候」.出演:三番叟(幸四郎),三番叟(松也),千歳(松江),翁(東蔵).「二、女車引(おんなくるまびき)」.出演:千代(魁春),八重(児太郎),春(雀右衛門).「三、梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり) 鶴ヶ岡八幡社頭の場」.出演:梶原平三景時(吉右衛門),大庭三郎(又五郎),俣野五郎(歌昇),梢(米吉),大名山口十郎(桂三),同 川島八平(松江),同 岡崎将監(種之助),同 森村兵衛(鷹之資),囚人剣菱呑助(吉之丞),奴萬平(錦之助),青貝師六郎太夫(歌六).「四、恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい) 封印切」.出演:亀屋忠兵衛(仁左衛門),傾城梅川(孝太郎),丹波屋八右衛門(愛之助),阿波の大尽(由次郎),槌屋治右衛門(彌十郎),井筒屋おえん(秀太郎).
式三番叟は男性の,女車引は女性のそれぞれ短い踊り.松也・幸四郎の三番叟が豪快で素晴らしい.
石切梶原は吉右衛門の定番を堪能,俣野五郎をピシッと決めつける貫禄や,六郎太夫・梢親子に対する情愛など,いちいち決まるべきところが決まって気持ちが良い.
仁左衛門の封印義理は東京では30年ぶりの出演だそうで,無論見るのは初めて.忠兵衛のおかしみに満ちた登場シーンから,八右衛門の執拗な挑発に耐えかねて封印切りに至る場面まで,目が離せない.静まりかえった場内に忠兵衛の懐から落ちる小判の音が響く,緊張感に溢れたシーンが素敵.見応えある昼の部だった.

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/06/16

番外:独断的歌舞伎感想文 歌舞伎鑑賞教室「神霊矢口渡」

日記:2019年6月某日
歌舞伎鑑賞教室「神霊矢口渡」を見る.201906kabukikanshoukyoushituomote
福内鬼外(平賀源内)作.「神霊矢口渡 (しんれいやぐちのわたし)  一幕 国立劇場美術係=美術 頓兵衛住家の場」.主な配役:渡し守頓兵衛(中村鴈治郎),娘お舟(中村壱太郎),船頭八助(中村寿治郎),傾城うてな(上村吉太朗),新田義峰(中村虎之介),下男六蔵(中村亀鶴).
神霊矢口渡の頓兵衛・お舟は,以前歌六・芝雀,橋吾・柴のぶで見た.今回は鴈治郎・壱太郎.
今回の趣向である人形振りは,無表情にきっと正面を向いた壱太郎の顔が情念を湛え,まことに魅力的.ここからクライマックスまで魅了された.
解説・歌舞伎のみかたは中村虎之助担当.Img_20190616_145429_burst001_cover

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/05/11

番外:独断的歌舞伎感想文 團菊祭5月大歌舞伎 夜の部 鶴寿千歳/絵本牛若丸/京鹿子娘道成寺/御所五郎蔵

日記:2019年5月某日
歌舞伎座で「團菊祭5月大歌舞伎 夜の部」を見る.Img_2895
岡鬼太郎 作.「一、鶴寿千歳(かくじゅせんざい)」.出演:雌鶴(時蔵),雄鶴(松緑).
村上元三 脚本,今井豊茂 補綴.「二、絵本牛若丸(えほんうしわかまる) 七代目尾上丑之助初舞台」.出演:牛若丸(初舞台丑之助),御厩鬼三太(菊之助),鬼一法眼(吉右衛門),吉岡鬼次郎(菊五郎),左團次,片岡亀蔵,時蔵,雀右衛門,松緑,海老蔵,菊五郎劇団出演.
「三、京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ) 道行より鐘入りまで」.出演:白拍子花子(菊之助).
河竹黙阿弥作.「四、曽我綉俠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ) 御所五郎蔵」.出演:御所五郎蔵(松也),傾城皐月(梅枝),傾城逢州(尾上右近),星影土右衛門(彦三郎).
鶴寿千歳は昭和天皇即位を祝った舞踊の再演.
絵本牛若丸は,菊五郎劇団の御曹司の襲名初舞台とあって,父親はもとより祖父2名もにこやかに出張って,微笑ましい舞台.丑之助は5歳ながら殺陣や六方をこなして将来が楽しみ.といってもこの子が成人したときはこちらは83,4だもんな.Img_2894
娘道成寺は菊之助が大曲を艶やかに美しく踊り,満喫した.所化が若手御曹司達で,こちらの品定めも面白い.
御所五郎蔵は,若手中心.五郎蔵の松也が役に合って共感できる.仁左衛門で以前見たときはそのあまりの格好良さに引き込まれたが,松也は悲愴美が前面に出て印象的だった.梅枝の皐月,右近の逢州も素敵.見応えある狂言であった.

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

より以前の記事一覧