2020/04/22

番外:独断的歌舞伎感想文:3月大歌舞伎昼の部 雛祭り/新薄雪物語

日記:2020年4月某日
3月大歌舞伎の公開映像を見る.Kabukiza2003_hh_be174c89a061c987c89368ab 「一、雛祭り(ひなまつり)」.出演:女雛(福助),男雛(芝翫),五人囃子(歌昇),同(廣太郎),同(種之助),同(虎之介),同(吉之丞),官女(梅花),右大臣(彌十郎),左大臣(東蔵).通し狂言「二、新薄雪物語(しんうすゆきものがたり) 花見 詮議 広間 合腹」.出演:幸崎伊賀守(吉右衛門),葛城民部(梅玉),秋月大膳(歌六),腰元籬(扇雀),奴妻平(芝翫),薄雪姫(孝太郎),園部左衛門(幸四郎),茶道珍才(種之助),花山艶之丞(松之助),渋川藤馬(吉之丞),役僧雲念(橘三郎),清水寺住職(錦吾),来国行(家橘),刎川兵蔵(錦之助),団九郎(又五郎),松ヶ枝(雀右衛門),梅の方(魁春),園部兵衛(仁左衛門).
「雛祭り」は飾られた雛人形達が,桃の節句の夜に内裏雛が引っ込んだ後白酒を飲んで大騒ぎとなるという,群舞を交えた踊り.福助が左手一つの動きながら芝翫と踊り元気な笑顔を見せていた.官女では久しぶりに見た柴のぶちゃんが相変わらずきれいでうまい.
「花見」では孝太郎が世間知らずだが一途な薄雪姫を演じ素敵.芝翫の奴妻平が手馴れた所作で大立ち回りを捌くのもさすがだった.「詮議」では左衛門と薄雪姫の錯乱ぶりが良い(この二人は「年端もいかぬ」年齢同士ということになっている).吉右衛門と仁左衛門の息が合い,呼応してかわす台詞の応酬も味わい深い.
「広間」では兵衛が薄雪を落としてやる場面での仁左衛門の情愛溢れる芝居に泣かされた.「合腹」での吉右衛門は重厚な芝居といい左衛門を叱責する大音声の台詞といい,実に印象的.
仁左衛門が登場して,魁春と3人揃う幕切れの笑いは,全てを失った後の心の平安を感じさせて,感動的であった.吉右衛門仁左衛門共に,無観客という異常な状況ながら素晴らしい演技を映像に残してくれたことに,感謝するのみ.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

 

| コメント (0)

2020/04/19

番外:独断的歌舞伎感想文:3月国立劇場 義経千本桜(映像)

日記:2020年4月某日
国立劇場3月公演の筈だった義経千本桜のAプロ・BプロをU-TUBE公開映像で見る.Flyer_v21
主な配役:佐藤忠信実ハ源九郎狐/渡海屋銀平実ハ新中納言知盛/いがみの権太/佐藤忠信(尾上菊之助),源義経(中村鴈治郎),武蔵坊弁慶/逸見藤太(坂東亀蔵),銀平女房お柳実ハ典侍の局/弥助実ハ三位中将維盛/静御前(河連法眼館)(中村梅枝),主馬小金吾/駿河次郎(河連法眼館)(中村萬太郎),片岡八郎(市村竹松),静御前(鳥居前)/弥左衛門娘お里(中村米吉),梶原の臣(市村光),銀平娘お安実ハ安徳帝(尾上丑之助),庄屋作兵衛(中村寿治郎,相模五郎/弥左衛門女房おくら(市村橘太郎),若葉の内侍(上村吉弥),梶原平三景時/河連法眼(河原崎権十郎),法眼妻飛鳥(市村萬次郎),鮓屋弥左衛門(市川團蔵),静御前(道行)(中村時蔵)ほか.
渡海屋・大物浦の場は菊之助の知盛が素晴らしい.2015年に同役を演じたときはまだ線の細い小顔の印象があったが,今回は身体もつくり声も鍛えたのではないかと思われる,堂々たる知盛であった.
すし屋は,2014年に見た菊五郎のイガミの権太が良かった記憶がある.昨年の松緑のすし屋も良かった.今回の菊之助はこの難しい役を堂々と演じ印象的,お客の前で演じその経験を糧にさせてあげたかったと思う.
萬太郎の小錦吾も出来が良い.梅枝が沢山の役を演じて大活躍だった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/02/23

番外:独断的歌舞伎感想文:二月大歌舞伎夜の部 八陣守護城/羽衣/人情噺文七元結/道行故郷の初雪

日記:2020年2月某日
歌舞伎座 夜の部:八陣守護城/羽衣/人情噺文七元結/道行故郷の初雪を見る.2002kabukiza_h_f11d97cc58aaf8786548df929 「一、八陣守護城(はちじんしゅごのほんじょう)湖水御座船の場」.出演:佐藤正清(我當),斑鳩平次(進之介),鞠川玄蕃(松之助),正木大介(萬太郎),雛衣(魁春).「二、羽衣(はごろも)」.出演:天女(玉三郎),伯竜(勘九郎).「三、人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)」.左官長兵衛(菊五郎),和泉屋清兵衛(左團次),女房お兼(雀右衛門),和泉屋手代文七(梅枝),娘お久(莟玉),小じょくお豆(寺嶋眞秀),家主甚八(片岡亀蔵),角海老手代藤助(團蔵),角海老女房お駒(時蔵),鳶頭伊兵衛(梅玉).「十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言 四、道行故郷の初雪(みちゆきこきょうのはつゆき)」.出演:忠兵衛(梅玉),万才(松緑),梅川(秀太郎).
夜の部は,高齢の役者達が懸命に勤める舞台の所作・口跡が心に残り,時の流れを感じさせた.その中で文七元結の菊五郎が立派な素足を見せ,大川端をすたすたと歩く動きも軽快に元気一杯.梅枝の文七・莟玉のお久も良く,見応えある舞台だった.

| コメント (0)

2020/02/16

番外:独断的歌舞伎感想文:二月大歌舞伎昼の部 加茂堤/筆法伝授/道明寺

日記:2020年2月某日
歌舞伎座で「二月大歌舞伎昼の部 菅原伝授手習鑑 加茂堤/筆法伝授/道明寺」を見る.Kabukiza2002poster1579838363797 十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言.出演:加茂堤 桜丸(勘九郎),斎世親王(米吉),三善清行(橘三郎),苅屋姫(千之助),八重(孝太郎).筆法伝授 菅丞相(仁左衛門),園生の前(秀太郎),梅王丸(橋之助),腰元勝野(莟玉),左中弁希世(橘太郎),荒島主税(吉之丞),三善清行(橘三郎),水無瀬(秀調),戸浪(時蔵),武部源蔵(梅玉).道明寺 菅丞相(仁左衛門),判官代輝国(芝翫),立田の前(孝太郎),奴宅内(勘九郎),苅屋姫(千之助),贋迎い弥藤次(片岡亀蔵),宿禰太郎(彌十郎),土師兵衛(歌六),覚寿(玉三郎).
仁左衛門のこの芝居を見たのはは5年ぶり2回目.仁左衛門演じる菅丞相の静謐で威厳ある佇まいは素晴らしい.これに対し,表情と動きのある玉三郎演の覚寿の演技も印象的.永く淡々と続いた芝居が,最後に花道で親子の別れとなる終幕が心に残る.ここに付き合う芝翫の判官代も良かった.
筆法伝授では梅玉・時蔵の武部源蔵・戸浪の夫婦,秀太郎の園生の前,橘太郎の希世がうまい.見応えある昼の部だった.

| コメント (0)

2020/01/19

番外:独断的歌舞伎感想文:新橋演舞場 新春歌舞伎公演 昼の部 金閣寺/鈴ヶ森/雪蛍恋乃滝

日記:2020年1月某日
新橋演舞場で「新春歌舞伎公演 昼の部」を見る.Shinbashi2001_hh_f75e0e0436c933a757a7514
「一、祇園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき) 金閣寺」.出演:雪姫(片岡孝太郎),此下東吉実は筑前守久吉(市川右團次),松永大膳(中村獅童).四世鶴屋南北 作.「二、御存 鈴ヶ森 (ごぞんじすずがもり)」.出演:幡随院長兵衛(市川海老蔵),白井権八(中村莟玉).新作歌舞伎.秋元 康 作・演出,田尾下哲 演出.NINJA KABUKI.「三、雪蛍恋乃滝(ゆきぼたるこいのたき)」.出演:稲妻(市川海老蔵),月姫(中村児太郎),政虎(市川右團次),主君(中村獅童).
海老蔵公演,昼の部のNINJA KABUKIには堀越勸玄が,夜の部には勸玄・ぼたんが出るという一家総出の出演である.
但しこちらの目当ては中村莟玉・鈴ヶ森の白井権八である.若衆姿の容赦ない剣戟はなかなか素敵.
一方秋元康 作・演出のNINJA KABUKIは筋が良く判らず,(従って)演出意図もよく判らず,せっかくの海老蔵・児太郎の悲恋物語だがつまらない.いっそタッキーのように宙を飛んだりした方がNINJA KABUKIとしては良かったのでは.
金閣寺は孝太郎の雪姫が熱演でした.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/01/15

番外:独断的歌舞伎感想文 新春浅草歌舞伎 第1部・第2部

日記:2020年1月某日
浅草公会堂で「新春浅草歌舞伎」第1部・第2部を見る.Asakusa2001_hh_2737e5e0e2096106bf5fdddc2
第1部  お年玉(年始ご挨拶).「一、花の蘭平(はなのらんぺい)」.出演:蘭平(中村橋之助).「二、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ) 寺子屋」.出演:松王丸(尾上松也),武部源蔵(中村隼人),戸浪(中村米吉),園生の前(中村梅花),春藤玄蕃(中村歌昇),千代(坂東新悟).岡村柿紅 作.「三、茶壺(ちゃつぼ)」.出演:熊鷹太郎(坂東(巳之助),田舎者麻胡六(中村歌昇),目代某(中村錦之助).
第2部 お年玉(年始ご挨拶):橋之助.「一、絵本太功記(えほんたいこうき) 尼ヶ崎閑居の場」.出演:武智光秀(中村歌昇),武智十次郎(中村隼人),初菊(中村米吉),皐月(中村梅花),佐藤正清(中村橋之助),操(坂東新悟),真柴久吉(中村錦之助).「二、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら) 祇園一力茶屋の場」.出演:大星由良之助(尾上松也),寺岡平右衛門(坂東巳之助),お軽(中村米吉),大星力弥(中村橋之助),矢間重太郎(中村吉之丞),富森助右衛門(中村隼人),赤垣源蔵(中村歌昇),斧九太夫(大谷桂三).
今春の浅草歌舞伎には重要な狂言が3つある.「寺子屋」「尼崎閑居の場(十段目)」「祇園一力茶屋の場(七段目)」の三つ.個人的感想で良かった順に言うと「七段目」「十段目」「寺子屋」の順になる.
七段目の巳之助が素晴らしい.寺岡平右衛門の誠心誠意朴訥純情が,巳之助の身体から迸っていると言ったら良いだろうか.冒頭の由良之助への直訴,後段のお軽とのやり取りにそれが見えて,涙を禁じ得ない.対するお軽の米吉も素敵.実兄に甘えるしぐさ,父も勘平も死んだと聞かされた時の絶望,これにも泣かされる.
「十段目」は歌昇の光秀が素晴らしい.光秀は難しい役だと思うけれど,母を誤って殺害し,子息十次郎が瀕死で戻って来るという武智家崩壊の中で,殆ど動かず表情も変えずに舞台を支配し続けるのは立派.台詞の口跡も素敵.
この2つが面白かったが,ダブルヘッダーで歌舞伎を見るのはさすがに疲れた.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2020/01/11

番外:独断的歌舞伎感想文 壽新春大歌舞伎 夜の部 五斗三番叟/連獅子/鰯賣戀曳網

日記:2020年1月某日
歌舞伎座で「壽新春大歌舞伎 夜の部」を見る.Kabukiza2001_h_614c492558101d4af9fcbda1c 「一、義経腰越状(よしつねこしごえじょう) 五斗三番叟」.出演:五斗兵衛盛次(白鸚),九郎判官義経(芝翫),亀井六郎(猿之助),伊達次郎(男女蔵),錦戸太郎(錦吾),泉三郎忠衡(歌六).河竹黙阿弥 作.「二、澤瀉十種の内 連獅子(れんじし)」.出演:狂言師右近後に親獅子の精(猿之助),狂言師左近後に仔獅子の精(團子),僧蓮念(中村福之助),僧遍念(男女蔵).三島由紀夫 作,二世 藤間勘祖 演出・振付.「三、鰯賣戀曳網(いわしうりこいのひきあみ)」.出演:鰯賣猿源氏(勘九郎),傾城蛍火実は丹鶴城の姫(七之助),博労六郎左衛門(男女蔵),庭男実は藪熊次郎太(種之助),傾城春雨(笑三郎).傾城薄雲(笑也),亭主(門之助),海老名なあみだぶつ(東蔵).
團子の「連獅子」に圧倒された.夏に見た弥次喜多道中から大きく成長した團子,猿之助を向こうに回し澤瀉屋の連獅子を荒々しく猛々しく演じ一歩も引かず,感動した.澤瀉屋の連獅子は洋舞を思わせる浮揚感,バランス感覚等見どころは充分だが,更に後半に至っての野生的な展開は素晴らしい.猿之助・團子とも,空中にありながらシンクロするその跳躍はどうだ.團子の今後の成長が楽しみだ.Https___imgixproxyn8sjp_dsxmzo5341620016
「鰯賣戀曳網」は,原作の特徴と勘九郎・七之助の個性が生かされ,素敵な舞台.勘九郎がこの芝居を自分のものとして把握したという実感が伝わってきてうれしい.禿の長三郎が達者な子役で(目つきが良い)面白かった.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

 

| コメント (0)

2020/01/03

番外:独断的歌舞伎感想文 国立劇場 通し狂言 菊一座令和仇討

日記:2020年1月某日
国立劇場で「通し狂言 菊一座令和仇討(きくいちざれいわのあだうち) 四幕十場」を見る.2020_01kabuki_hon2_chirashi_omote
四世鶴屋南北=作『御国入曽我中村』より,尾上菊五郎=監修.国立劇場文芸研究会=補綴.国立劇場美術係=美術.「序 幕  鎌倉金沢瀬戸明神の場 飛石山古寺客殿の場 六浦川堤の場,二幕目  朝比奈切通し福寿湯の場 鈴ヶ森の場,三幕目  下谷山崎町寺西閑心宅の場 大音寺前三浦屋寮の場 元の寺西閑心宅の場,大 詰  東海道戸塚宿境木の場 同 三島宿敵討の場」.出演:幡随院長兵衛/寺西閑心実ハ蒲冠者範頼(尾上菊五郎),三日月おせん実ハ佐々木の娘風折/頼朝御台政子御前(中村時蔵),笹野権三(尾上松緑),白井権八(尾上菊之助),大江志摩五郎/梶原源太景季(坂東彦三郎),江間小四郎義時/おせんの手下長蔵(坂東亀蔵),権八妹おさい(中村梅枝),大江千島之助/笹野の家来・岩木甚平(中村萬太郎),安西弥七郎景益(市村竹松),権三妹八重梅(尾上右近),新貝荒次郎実重(市村光),万寿君源頼家(尾上左近),茶道順斎/湯屋番頭三ぶ六(市村橘太郎),同宿残月/判人さぼてんの源六/和田左衛門尉義盛(片岡亀蔵),今市屋善右衛門/秩父庄司重忠(河原崎権十郎),白井兵左衛門(坂東秀調),遣手おくら(市村萬次郎),笹野三太夫/大江因幡守広元(市川團蔵),家主甚兵衛(坂東楽善).
白井権八,鑓の権三,曽我仇討ち物をまとめた復活通し狂言.筋は複雑だがところを得た配役で華やかな舞台.主役の菊五郎,菊之助,時蔵,松緑等と共に,板東亀蔵・市村橘太郎の手馴れた演技,右近・梅枝等若手女形の美しさが印象的.
お正月らしい豪華な舞台で歌舞伎らしさを楽しんだ.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/12/26

番外:独断的歌舞伎感想文 十二月大歌舞伎 昼の部 たぬき/村松風二人汐汲/阿古屋

日記:2019年12月某日
「十二月大歌舞伎 昼の部」を見る.As20181122003020_comm
大佛次郎 作,石川耕士 演出.「一、たぬき」.出演:柏屋金兵衛(中車),妾お染(児太郎),太鼓持蝶作(彦三郎),狭山三五郎(坂東亀蔵),隠亡平助(萬太郎),芸者お駒(笑也),女中お島(弘太郎),松村屋才助(松江),門木屋新三郎(桂三),隠亡多吉(市蔵),芝居茶屋女房おはま(齊入),備後屋宗右衛門(家橘).女房おせき(門之助).「二、村松風二人汐汲(むらのまつかぜににんしおくみ)」.出演:村雨(梅枝),松風(児太郎).「三、壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき) 阿古屋」.出演:遊君阿古屋(玉三郎),秩父庄司重忠(彦三郎),榛沢六郎(功一),岩永左衛門(松緑).
たぬきは,2014年の三津五郎最後の舞台が印象深い.この時はせがれを演じたのは勘三郎の遺児・波野七緒八(現・勘太郎)だった.中車の金兵衛は流石に見応えあり.お染の児太郎が野太い声で,したたかな妾っぽい.
汐汲は児太郎・梅枝が美しく夢のよう.
最後は阿古屋で,玉三郎の演奏はやはり絶品.今回は特に胡弓が印象的で,様々な音色を奏で掉尾を飾った.彦三郎の重忠も口跡良く素敵.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2019/12/24

番外:独断的歌舞伎感想文 風の谷のナウシカ 昼の部

日記:2019年12月某日
新作歌舞伎「風の谷のナウシカ 昼の部」を見る.Dxao3mmad15utj0dwglpgmgignpp1y2dkb3fhztj
脚本 丹羽圭子,脚本 戸部和久,演出 G2.新作歌舞伎:「風の谷のナウシカ 昼の部.序幕:青き衣の者、金色の野に立つ,二幕目:悪魔の法の復活,三幕目:白き魔女、血の道を征く」.出演:ナウシカ(尾上菊之助),クシャナ(中村七之助),ユパ(尾上松也),ミラルパ(坂東巳之助),アスベル(尾上右近),ケチャ(中村米吉),ミト/トルメキアの将軍(市村橘太郎),クロトワ(片岡亀蔵),ジル(河原崎権十郎),城ババ(市村萬次郎),チャルカ(中村錦之助),マニ族僧正(中村又五郎).3_20191231225001
ナウシカ昼の部は,序幕がほぼアニメ映画に相当し,その後の展開もユパ・アスベルの剣戟シーンや,ナウシカの飛翔シーン等判り易い見せ場が続く.
クシャナがナウシカに心を開き,兄弟等との確執に決着を付けるべく出陣するシーンに続き,ナウシカの宙乗りで終了.1_20191231225001
テンポが良く,本水を使った舞台を中断無しで次に繋げていく等,素敵な展開だ.ナウシカの子ども時代や,オームの幼虫の精で現れる子役が,いずれも印象強く効果的.歌舞伎の引き出しを存分に使いながらの新作への挑戦は,素晴らしい.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

より以前の記事一覧