2021/08/24

番外:独断的歌舞伎感想文 八月花形歌舞伎 第一部 加賀見山再岩藤

日記:2021年8月某日
「八月花形歌舞伎 第一部」を見る.Img_20210824_104801
河竹黙阿弥 作.奈河彰輔 補綴,石川耕士 補綴・演出,市川猿翁 補綴・演出,市川猿之助 演出.三代猿之助四十八撰の内.「加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ) 岩藤怪異篇 市川猿之助六役早替り相勤め申し候」.出演:多賀大領,御台梅の方,奴伊達平,望月弾正,安田隼人,岩藤の霊(猿之助),鳥居又助(巳之助),安田帯刀(男女蔵),蟹江一角(亀鶴),花園姫(男寅),蟹江主税(鷹之資),局浦風(笑三郎),お柳の方(笑也),花房求女(門之助),二代目中老尾上(雀右衛門).2021_20210903143701
通し狂言・加賀見山再岩藤を見るのは3回目だが,今回は切り詰めたダイジェスト版,筋も演出もかなり変わっている.物語の焦点を岩藤の亡霊とお家騒動に合わせているのに,岩藤がなぜ化けて出るのかが良く判らない.それでも猿之助の鮮やかな早変わりと,それぞれの役の性根を十分表現した演技,スピーディーな展開ながら落ち着いた演出で,見応えのある芝居だった.芝のぶも7月に続き見られてうれしかった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/20

番外:独断的歌舞伎感想文 八月花形歌舞伎 第三部 義賢最期/伊達競曲輪鞘當/三社祭

日記:2021年8月某日
歌舞伎座で「八月花形歌舞伎 第3部」を見る.2108kabukiza_specialposter1629446254206 「一、源平布引滝 義賢最期(よしかたさいご)」.出演:木曽先生義賢(幸四郎),九郎助娘小万(梅枝),下部折平実は多田蔵人(隼人),待宵姫(米吉),太郎吉(小川大晴(奇数日)小川綜真(偶数日)),進野次郎(廣太郎),九郎助(錦吾),矢走兵内(片岡亀蔵),葵御前(高麗蔵).「二、伊達競曲輪鞘當(だてくらべくるわのさやあて)/三社祭(さんじゃまつり)」.出演〈鞘當〉:不破伴左衛門(歌昇),名古屋山三(隼人),茶屋女房お新(新悟).〈三社祭〉:悪玉(染五郎),善玉(團子).2021_20210903142501 義賢最期は幸四郎が大奮闘,幕切れの階段落ちまで,感銘的な舞台.梅枝の小万も魅力的で,小万と言えば新悟,七之助,菊之助,壱太郎,門之助などで見てきたが,梅枝の小万がいちばん記憶に残っている.小万は6年前に姿を消した夫・折平を尋ね当てて来てみたら,折平は実は多田蔵人で,義賢の命で待宵姫と一緒に逃げてしまい,行きがかり上義賢の傍らで獅子奮迅の働きをするという,何とも不思議な役.梅枝が演じるとなぜか腑に落ちる.伊達競曲輪鞘當は題名通りの踊り,3人とも良いが,最後のいいところを新悟が持って行ってしまった.團子(17歳)・染五郎(16歳)の三社祭が楽しい.この若さでなければできない溌剌とした踊りで痛快.舞台を観たときは團子=悪玉,染五郎=善玉と思ったが実は逆だった.21082 にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/13

番外:独断的歌舞伎感想文 八月花形歌舞伎 第二部 真景累ヶ淵/仇ゆめ

日記:2021年8月某日
歌舞伎座で「八月花形歌舞伎 第二部」を見る.2108kabukiza_hh_7debd075550aaf42b3a70f9f
三遊亭円朝 口演より.「一、真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち) 豊志賀の死」.出演:豊志賀(七之助),お久(児太郎),新吉(鶴松),噺家さん蝶(勘九郎),伯父勘蔵(扇雀).北條秀司 作・演出.「二、仇ゆめ(あだゆめ)」.出演:狸(勘九郎),深雪太夫(七之助),舞の師匠(虎之介),揚屋の亭主(扇雀).2021
真景累ヶ淵,原作はおどろおどろしい三代にわたる殺し合いの因縁話.富本節の師匠・豊志賀は,若い恋人の新吉と弟子のお久ができているとの妄想に苦しんで顔に腫物ができている.それで死んでしまうのだから,新吉・お久はいい迷惑.実は新吉は豊志賀にとって父の仇の息子だが,観客はもちろん,新吉さえそれを知らないので,唐突に表れる豊志賀の幽霊が,怪談風コントになってしまう.コロナ禍の気散じにはこれで面白いけど.勘九郎の噺家が豊志賀の最後を仕方話で伝える場面が,鶴松との掛け合いがおかしくて傑作.
仇ゆめは,太夫に恋したタヌキを描く舞踊劇.こちらも勘九郎の,表情豊かな中村屋らしいひょうきんな踊りが楽しい.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/27

番外:独断的歌舞伎感想文 七月大歌舞伎 第一部 あんまと泥棒/蜘蛛の絲宿直噺

日記:2021年7月某日
歌舞伎座で「七月大歌舞伎 第一部」を見る.Kabukiza2107_h_5f5344b8c4ea89b989e583e1d 村上元三 作・演出,石川耕士 演出.「一、あんまと泥棒(あんまとどろぼう)」.出演:あんま秀の市(中車),泥棒権太郎(松緑).「二、蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし) 市川猿之助六変化相勤め申し候」.出演:女童熨斗美,小姓澤瀉,番新八重里,太鼓持彦平,傾城薄雲実は女郎蜘蛛の精(猿之助),平井保昌(松緑),坂田金時(坂東亀蔵),碓井貞光(中村福之助),卜部季武(弘太郎),金時女房八重菊(笑三郎),貞光女房桐の谷(笑也),渡辺綱(中車),源頼光(梅玉).
あんまと泥棒は中車では3回目,松緑では2回目.純情な泥棒が,口八丁のあんまに手玉に取られる物語.渡辺保評で「芝居が一つ足りない」というのは,例えば客の誰もがあんまが嘘をついているのが判っているのに,泥棒だけが判っていないという構造を示すことだろう.それ以外は双方達者な芝居で面白かった.
蜘蛛の絲宿直噺は昨年11月の再演.猿之助が5人6役を早変わりで演じる.今回は亀蔵・福之助の踊りはややもたもたしていたが,笑三郎・笑也の太鼓持ちとの踊りや,梅玉以下の四天王と蜘蛛の精との踊りが素敵.松緑の押し戻しがさすがに立派で,舞台は華やかに終わり,昼前の第一部ながら見応え十分だった.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/15

番外:独断的歌舞伎感想文 七月大歌舞伎第三部 雷神不動北山櫻

日記:2021年7月某日
歌舞伎座で「七月大歌舞伎第三部」を見る.20210715
安田蛙文 作,中田万助 作,奈河彰輔 演出,藤間勘十郎 演出・振付.「通し狂言:雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら) 市川海老蔵五役並びに空中浮遊相勤め申し候」.出演:鳴神上人/粂寺弾正/早雲王子/安倍清行/不動明王(海老蔵),八剣玄蕃(右團次),秦民部(男女蔵,雲の絶間姫(児太郎),八剣数馬/制多迦童子(九團次),小野春風/矜羯羅童子(廣松),錦の前(男寅),小原万兵衛実は石原瀬平/黒雲坊(市蔵),秦秀太郎(門之助),白雲坊(齊入),小野春道(友右衛門),腰元巻絹(雀右衛門),後見(家橘).
歌舞伎座の海老蔵は丸2年ぶり,2年前のこの月,海老蔵は義経千本桜の通しを13役早変わりでやるという奮闘を演じたが,今回は5役.大雑把に言えば序幕を2役の早変わりで演じ,毛抜き・鳴神上人をしっかりやり,大詰めで早雲王子で大暴れの殺陣の後,不動明王になるという構成.
海老蔵の毛抜きと鳴神上人を堪能した.特に大詰めでの早雲王子の殺陣は,加わる黒四天の意気込みも並々ならないものがあって圧巻.花道に立てた梯子上の見得が素晴らしかった.Fireshot-capture-319-wwwkabukibitojp
久しぶりの児太郎と芝のぶ(去年8月のお富さん以来)も出ていてうれしい.しかし全体のバランスは悪く,特に殺陣の後不動明王になる間は長すぎて興醒め.不動明王の空中浮遊もちゃちい.研究の余地あり.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/11

番外:独断的歌舞伎感想文 六月大歌舞伎第二部 桜姫東文章下の巻

日記:2021年6月某日
歌舞伎座で「六月大歌舞伎第二部」を見る.
四世鶴屋南北 作,郡司正勝 補綴.「2106kabukiza_h_51b54e0ef783fb69492b23d40」.出演:清玄/釣鐘権助(仁左衛門),粟津七郎(錦之助),葛飾のお十(孝太郎),奴軍助(中村福之助),吉田松若(千之助),判人勘六(橘三郎),長浦(吉弥,残月(歌六),桜姫(玉三郎).
不義の罪に問われた清玄の弟子・残月と桜姫の局・長浦のわび住まい:地蔵堂.清玄はここで病を得て寝込んでいる.残月は金を得ようと青蜥蜴の毒で顔にあざのできた清玄を殺す.その墓堀に頼まれてきた釣鐘権助,女衒の手で地蔵堂に預けられた桜姫と再会する.桜姫は自分の妻だと名乗りを上げた権助,人妻を売ろうとしたとして残月・長浦を追い出し,一方で桜姫を売る算段に出かけていく.一人地蔵堂に残る桜姫,雷鳴で蘇った清玄は桜姫にまとわりつくが,誤って包丁で自身を刺し息絶える.帰ってきた権助は桜姫を廓に売るため共に出かけるが,その顔には清玄と同じあざが浮かんでいた….Img_20210611_130535
四世鶴屋南北の傑作の後半.運命に翻弄される桜姫,一方で自身の求めるものをそのまま追及する清玄・権助.その両者が桜姫のために命を落とし,迎える意外な大団円.長い物語を演じてきた玉三郎・仁左衛門に熱い拍手を送られずにいられない.玉三郎,仁左衛門はともに自身の揺るぎない世界を歌舞伎界に持っている.その二人が,南北描くところの数奇な運命をたどる役に取り組んだ充実した舞台に,深い感銘を持った.長く語り継がれるであろう稀有な舞台に,敬礼.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/08

番外:独断的歌舞伎感想文 六月大歌舞伎第一部 御摂(ごひいき)勧進帳/夕顔棚

日記:2021年6月某日
歌舞伎座で,「六月大歌舞伎第一部」を見る.Img_20210608_103031
「一、御摂勧進帳(ごひいきかんじんちょう) 加賀国安宅の関の場」.出演:武蔵坊弁慶(芝翫),富樫左衛門(鴈治郎),斎藤次祐家(亀鶴),駿河次郎(歌昇),近江三郎(男寅),山城四郎(歌之助),出羽運藤太(吉之丞),新庄鈍藤太(松江),常陸坊海尊(桂三),源義経(雀右衛門).川尻清潭 作.「二、夕顔棚(ゆうがおだな)」.出演:婆(菊五郎),里の男(巳之助),里の女(米吉),爺(左團次).
御摂勧進帳は別名芋洗い勧進帳,本家の勧進帳と筋は同じだが,本来は顔見世狂言の荒事だ.義経一行を無事に通過させた代わり人質となってぐるぐる巻きに縛られた弁慶が,頃は良しと縄をぶち切って大暴れ,番卒やら役人やらの首を捥いでは桶に投げ込み,金剛杖でかき混ぜ洗うというスプラッター喜劇.これは10年前にやはり芝翫(当時は橋之助)主演で見ている.確かに芝翫はこういう荒事にうってつけだ.
夕顔棚は6年前にも見たが,配役はほぼ今回と一緒(違いは今回米吉が前回は梅枝だったのみ).楽しくほのぼのとした踊りの演目だが,年を取った分,見ていて切なくなってくる.80を越した左團次と2年後輩の菊五郎の爺婆が,何とも言えない良い雰囲気だ.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/04

番外:独断的歌舞伎感想文 国立劇場委歌舞伎鑑賞教室:人情噺文七元結

日記:2021年6月某日
国立劇場へ.6月歌舞伎鑑賞教室を見る.R0306kabuki_flyer1_f
「解説 歌舞伎のみかた」.解説:中村種之助.三遊亭円朝=口演,竹柴金作=脚色,尾上菊五郎=監修,国立劇場美術係=美術.「人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)二幕四場」.序幕:第一場 本所割下水長兵衛内の場,第二場 吉原角海老内証の場.二幕目:第一場 本所大川端の場,第二場 元の長兵衛内の場.出演:左官長兵衛(尾上松緑),女房お兼(中村扇雀),和泉屋手代文七(坂東亀蔵),鳶頭伊兵衛(中村種之助),娘お久(坂東新悟),和泉屋清兵衛(市川團蔵),角海老女房お駒(中村魁春).R0306kabuki_flyer2_f
悪役の出てこない人情噺.それぞれ色合いのはっきりした役を相応しい役者が演じて,明快で楽しいお芝居だった.松緑の長兵衛は初役だそうだが,吉原角海老内証の場でのお久と長兵衛のやり取りが泣かせる.お兼・長兵衛のぽんぽんとした応酬も面白い.亀蔵の文七,團蔵の和泉屋もいい味だが,自分と同い年の團蔵が足取りが少し覚束なくなったようで心配.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/05/25

番外:独断的歌舞伎感想文 五月大歌舞伎第一部 三人吉三/土蜘

日記:2021年5月某日
歌舞伎座で「五月大歌舞伎 第一部」を見る.Img_20210525_102150
河竹黙阿弥 作.「一、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ) 大川端庚申塚の場」.出演:お嬢吉三(尾上右近),お坊吉三(隼人),夜鷹おとせ(莟玉),和尚吉三(巳之助).河竹黙阿弥 作.「二、新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)」.出演:叡山の僧智籌実は土蜘の精(松緑),平井保昌(坂東亀蔵),渡辺源次綱(中村福之助),坂田公時(鷹之資),碓井貞光(左近),ト部季武(弘太郎),太刀持音若(寺嶋眞秀),侍女胡蝶(新悟),源頼光(猿之助).
黙阿弥の特集のような第一部.「三人吉三」は,右近の「月も朧に白魚の…」に始まる名文句の朗々たるセリフ回しが痛快.隼人,巳之助の演技も含め,この物語の本来である,粋がった若い不良少年達の悲哀の顛末という側面がうかがえて,面白かった.
一方「土蜘蛛」は松緑のものを見るのは2回目,今回は猿之助とのがっぷり組んだ舞台が緊張感にあふれ,素晴らしい出来.前半花道に音もなく現れ,「如何に,頼光」と呼びかけるセリフが何ともスリリングだ.その後の踊りも技巧的に素晴らしいだけでなく,土気色の顔とらんらんたる眼光の醸し出す異様な雰囲気に引き込まれる.正体を現した後ジテの舞台も,長唄囃子連中のテンポアップした音楽と相まって,誠に魅力的.8歳の寺島眞秀の太刀持ちも素敵で,見ごたえある舞台だった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/25

番外:独断的歌舞伎感想文 猿若江戸の初櫓/戻駕色相肩

日記:2021年3月某日
三月大歌舞伎第1部を見る.Photo_20210805143401
田中青滋 作.「一、猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら)」.出演:猿若(勘九郎),出雲の阿国(七之助),若衆(宗之助),若衆(男寅),若衆(虎之介),若衆(千之助),若衆(玉太郎),若衆(鶴松),福富屋女房ふく(高麗蔵),福富屋万兵衛(彌十郎),奉行板倉勝重(扇雀).「二、戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)」.出演:浪花の次郎作(松緑),禿たより(莟玉),吾妻の与四郎(愛之助).
猿若江戸の初櫓は,一座が京の都から江戸に来て旗揚げをする物語の舞踊,勘九郎の表桁踊りは健在,若衆を踊る若手の男寅,虎之介,千之助,玉太郎,鶴松を見比べるのが楽しい,みな踊りが達者で何より.
戻駕色相肩は,過去歌舞伎座で2回見ているがいずれも松緑が出ている.一昨年は浅草公会堂で見て,禿は今回と同じ莟玉(当時は梅丸).踊りも素敵だが,駕籠かきの両名が実は石川五右衛門と真柴久吉というオチがつき,第3部の楼門五三桐と呼応する趣向も面白い.楽しかった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

より以前の記事一覧