2017/03/13

番外:独断的歌舞伎感想文 壽 初春大歌舞伎 夜の部/松浦の太鼓

日記:2017年1月某日
歌舞伎座の「壽 初春大歌舞伎 夜の部」「三、秀山十種の内 松浦の太鼓(まつうらのたいこ)」を幕見で見る.Kabukiza_201701fff_fa61d689087e5559
出演:松浦鎮信(染五郎),大高源吾(愛之助),お縫(壱太郎),宝井其角(左團次).
忠臣蔵外伝の一つ,吉良家に隣接する松浦の殿様と大高源吾の交流の経緯を俳句の宗匠宝井其角を仲立ちに描く.
外伝ものは御浜御殿の様なのは大嫌いで,本作もその系列になりかねないのだが,松浦の殿様が無類の好人物の馬鹿殿だというところで芝居が面白い.
その馬鹿殿を染五郎が気持良く演じている.
壱太郎はずっと平伏した芝居のせいか,台詞が通らず何を言っているか判らない.浅草と掛け持ちで大変だろうが,頑張って欲しいところ.
左團次奮闘,愛之助かっこいい.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

番外:独断的歌舞伎感想文 新春浅草歌舞伎 第2部 角力場/御存鈴ヶ森/棒しばり

日記:2017年1月某日
浅草公会堂で「新春浅草歌舞伎 第2部」を見る.2017
お年玉〈年始ご挨拶〉:隼人.「一、双蝶々曲輪日記 角力場(すもうば)」.出演:放駒長吉(尾上松也),山崎屋与五郎(中村隼人),藤屋吾妻(中村梅丸),濡髪長五郎(中村錦之助).「二、四世鶴屋南北作 御存 鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)」.出演:白井権八(中村隼人),幡随院長兵衛(中村錦之助).「三、岡村柿紅作 棒しばり(ぼうしばり)」.出演:次郎冠者(尾上松也),曽根松兵衛(中村隼人),太郎冠者(坂東巳之助).
角力場は梅丸の吾妻・隼人の与五郎は面白かったが,松也・錦之助の対決は一本調子でつまらない.爆睡してしまった.
鈴ヶ森は雲助達が見せ場を作って楽しく見た.隼人・錦之助もこちらは見応え有り.
棒しばりは,松也・巳之助の両名とも,達者だが若さ溢れる踊り.暴れ過ぎくらいだが,この若さならそれで丁度良い.
終盤では隼人にどうも本当に棒が当たってしまったらしく,思わぬ笑いも取っていた.楽しい踊りで幕となる.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/05

番外:独断的歌舞伎感想文 国立劇場平成29年初春歌舞伎公演 通し狂言 しらぬい譚

日記:2017年1月某日
平成29年初春歌舞伎公演「通し狂言 しらぬい譚」を見る.H29hatsuharukabukiomote1
出演:上菊五郎,中村時蔵,尾上松緑,尾上菊之助,坂東亀三郎,坂東亀寿,中村梅枝,中村萬太郎,市村竹松,尾上右近,尾上左近,市村橘太郎,片岡亀蔵,河原崎権十郎,坂東秀調,市村萬次郎,市川團蔵,坂東彦三郎.
大友宗麟の娘・若菜が妖術使いとなり,讒言により大友家を滅ぼした菊池家に復讐するのを,菊池の忠臣・鳥山親子が迎え撃つというまあどっちもどっちの物語.
宙乗り・屋台崩し・化け猫等の見せ場が豊富で,4幕目以降は快調なテンポに乗り面白く見た.
しかし初日ということもあり,皆台詞は噛むは,立ち回りは噛み合わないは,大道具はひっかかるはで大変な騒ぎ.ちょっと締め直さなきゃいけないんじゃないかしら.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

番外:独断的歌舞伎感想文 十二月大歌舞伎 第三部 二人椀久/京鹿子娘五人道成寺

日記:2016年12月某日
歌舞伎座幕見で「十二月大歌舞伎 第三部」を見る.Kabukiza_201712ffl_748ca14fba3ef98c
「一、二人椀久(ににんわんきゅう)」.出演:松山太夫(玉三郎),椀屋久兵衛(勘九郎).
「二、京鹿子娘五人道成寺(きょうかのこむすめごにんどうじょうじ) 道行より鐘入りまで」.出演:白拍子花子(玉三郎),白拍子花子(勘九郎),白拍子花子(七之助),白拍子花子(梅枝),白拍子花子(児太郎),所化(亀三郎),同(萬太郎),同(橘太郎),同(吉之丞).
二人椀久は高い緊張感が維持され,誠に美しい舞台.青ざめた色調の舞台が後半一瞬明るく彩られるが,それがうたかたの夢だったことが判る終幕は,哀切極まりない.
花子が5人登場する娘五人道成寺は,バランス良く統制された5人の踊り手の組み合わせが,それぞれに魅力的で楽しい舞台となった.
途中の引き抜きも見事,ぱっと花が広がったようだ.鈴太鼓の所は5人の娘達が顔つき合わせて楽しいおしゃべりの様.
花笠踊りが短くて物足りないが,フィナーレの5人揃った鐘入りは絵になった.
若手4人はいずれも将来娘道成寺を単独で演じることを期待される逸材揃い,渡辺保劇評での「この「五人道成寺」は歴史の一瞬を切り取る面白さ」とは至言である.
ところで児太郎は国立劇場での九段目・小浪との掛け持ち,頑張っています.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/03

番外:独断的歌舞伎感想文 国立劇場12月歌舞伎公演 通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)第三部

日記:2016年12月某日
歌舞伎「通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」第三部を見る.H2812kanadehonhonomote
八段目 道行旅路の嫁入,九段目 山科閑居の場,十段目 天川屋義平内の場,十一段目 高家表門討入りの場,同 広間の場,同 奥庭泉水の場,同 柴部屋本懐焼香の場,花水橋引揚げの場.
出演:【八段目】本蔵妻戸無瀬(中村魁春),娘小浪(中村児太郎).【九段目】加古川本蔵(松本幸四郎),妻戸無瀬(中村魁春),娘小浪(中村児太郎),一力女房お品(中村歌女之丞),由良之助妻お石(市川笑也),大星力弥(中村錦之助),大星由良之助(中村梅玉).【十段目】天川屋義平(中村歌六),女房お園(市川高麗蔵),大鷲文吾(中村松江),竹森喜多八(坂東亀寿),千崎弥五郎(中村種之助),矢間重太郎(中村隼人),丁稚伊吾(澤村宗之助),医者太田了竹(松本錦吾),大星由良之助(中村梅玉).【十一段目】大星由良之助(中村梅玉),大星力弥(中村米吉),寺岡平右衛門(中村錦之助),大鷲文吾(中村松江),竹森喜多八(坂東亀寿),千崎弥五郎(中村種之助),矢間重太郎(中村隼人),赤垣源蔵(市川男寅),茶道春斎(中村玉太郎),矢間喜兵衛(中村寿治郎),織部弥次兵衛(嵐橘三郎),織部安兵衛(澤村宗之助),高師泰(市川男女蔵),和久半太夫(片岡亀蔵),原郷右衛門(市川團蔵),小林平八郎(尾上松緑),桃井若狭之助(市川左團次)ほか.
壮大な物語のフィナーレ,丁寧に造り込まれた通し狂言に素直に感動した.
梅玉,歌六,團蔵,魁春といったベテランが好演,九段目では児太郎・笑也の両女形が良かった.
山科閑居がこれほど長いとは思わなかったが,どの段も面白く見られた.天川義平の10段目は初めて見る.
幸四郎は相変わらず何を言っているのか判らない.松緑は熱演だがやはり切られて死んでしまった.
梅丸が佐藤輿茂七,中村柴のぶも出ている.
花水橋の場は,太鼓橋の天辺から46士が端座して銘々名乗るがそのセットが立派.46人の体重と衣装合わせて4トンは超えると思うが,重さにもよく耐えていると感心した.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/11

番外:独断的歌舞伎感想文 吉例顔見せ大歌舞伎 昼の部 四季三葉草/毛抜/祝勢揃壽連獅子/加賀鳶

日記:2016年11月某日
歌舞伎座で「吉例顔見せ大歌舞伎 昼の部」を見る.Img_32472
「一、四季三葉草(しきさんばそう)」.出演:翁(梅玉),千歳(扇雀),三番叟(鴈治郎).「二、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)」.出演:粂寺弾正(染五郎),秦秀太郎(松也),腰元巻絹(梅枝),小野春風(萬太郎),八剣数馬(廣太郎),錦の前(児太郎),小原万兵衛(亀鶴),小野左衛門春道(門之助),秦民部(高麗蔵),八剣玄蕃(彌十郎).河竹黙阿弥 原作より 今井豊茂 脚本「三、祝勢揃壽連獅子(せいぞろいことぶきれんじし)」.出演:狂言師後に親獅子の精(橋之助改め芝翫),狂言師後に仔獅子の精(国生改め橋之助),狂言師後に仔獅子の精(宗生改め福之助),狂言師後に仔獅子の精(宜生改め歌之助),長楽坊(萬太郎),萬年坊(尾上右近),昌光上人(梅玉),慶雲阿闍梨(仁左衛門),文殊菩薩(藤十郎). 河竹黙阿弥 作「四、盲長屋梅加賀鳶(加賀鳶(かがとび)) 本郷木戸前勢揃いより 赤門捕物まで」.出演:天神町梅吉/竹垣道玄(幸四郎),女按摩お兼(秀太郎),春木町巳之助(染五郎),魁勇次(松也),虎屋竹五郎(巳之助),磐石石松(尾上右近),お朝(児太郎),数珠玉房吉(国生改め橋之助),御守殿門次(宗生改め福之助),昼ッ子尾之吉(宜生改め歌之助),道玄女房おせつ(芝喜松改め梅花),おつめ婆(歌女之丞),伊勢屋与兵衛(錦吾),金助町兼五郎(男女蔵),妻恋音吉(松江),天狗杉松(亀蔵),御神輿弥太郎(友右衛門),雷五郎次(左團次),日蔭町松蔵(梅玉).
三葉草はベテランによる格調高い舞踊,中でも鴈次郎の三番叟がダイナミックな踊りで印象的だった.
毛抜きは染五郎,正月に見た巳之助の方が荒々しく清新であった.
連獅子はさすがに4名の成駒屋の踊りが群舞の様相となり大迫力,またその間をつなぐ右近・萬太郎の踊りが達者で素晴らしい.この部で一番の出来.
加賀鳶は勢揃いでの染五郎始め鳶たちの名乗りが,巳之助以外は声が小さくかつ江戸っ子らしからぬもごもごしたもので全く良くない.劇の殆どを爆睡して過ごす.
という訳で今回は芝居より踊りが素敵だった,僕にとっては珍しい歌舞伎.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/27

番外:独断的歌舞伎感想文 吉例顔見世大歌舞伎 夜の部:御浜御殿綱豊卿/口上/盛綱陣屋/芝翫奴

日記:2016年11月某日
「吉例顔見世大歌舞伎」を見る.Kabukiza_201611_moritsuna_big
夜の部 真山青果 作・真山美保 演出「一、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら) 御浜御殿綱豊卿」.出演:徳川綱豊卿(仁左衛門),富森助右衛門(染五郎),中臈お喜世(梅枝),中臈お古宇(宗之助),津久井九太夫(橘太郎),小谷甚内(松之助),上臈浦尾(竹三郎),御祐筆江島(時蔵),新井勘解由(左團次).「八代目中村芝翫 四代目中村橋之助 三代目中村福之助 四代目中村歌之助 襲名披露 口上(こうじょう)」.橋之助改め芝翫,国生改め橋之助,宗生改め福之助,宜生改め歌之助.藤十郎,幹部俳優出演.「三、近江源氏先陣館 盛綱陣屋(もりつなじんや)」.出演:佐々木盛綱(橋之助改め芝翫),篝火(時蔵),伊吹藤太(鴈治郎),早瀬(扇雀),信楽太郎(染五郎),四天王(萬太郎),同(竹松),同(尾上右近),同(廣太郎),小四郎(左近),古郡新左衛門(秀調),竹下孫八(彌十郎),北條時政(彦三郎),微妙(秀太郎),和田兵衛秀盛(幸四郎).「四、芝翫奴(しかんやっこ)」.出演:奴駒平(国生改め橋之助).
4時過ぎに歌舞伎座に着いた時にはどっと昼の部の客がはき出されているところ.4時半には夜の部開始である.
この夜の部は役者は素晴らしいが芝居は気にくわない.
まず真山青果の元禄忠臣蔵・御浜御殿は,武士はこうあるべし・大石と赤穂浪士はこうあるべしとの説教が鬱陶しい.
しかしその説教をするのが片岡仁左衛門となると話は別,最後まで魅了されたが,真山の説教は到底受け入れられない.
口上(彌十郎,左團次等が味を出している)をはさんで盛綱陣屋.こちらは二時間の上演はいささか冗長,もう少しテンポを上げられないものか.終盤の盛綱が小四郎,微妙,篝火,早瀬に対し心情を吐露する場面が,さすがに新芝翫の迫力がうかがわれ素晴らしかった.
両方とも役者は良いが芝居はいまいちという印象.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

番外:独断的歌舞伎感想文 八代目中村芝翫襲名披露 十月大歌舞伎:初帆上成駒宝船/女暫/浮塒鷗/幡随長兵衛

日記:2016年10月某日
歌舞伎座で「八代目中村芝翫襲名披露 芸術祭十月大歌舞伎」を見る.Banzuichobei_poster1
「一、初帆上成駒宝船(ほあげていおうたからぶね)」.出演:橋彦(国生改め橋之助),福彦(宗生改め福之助),歌彦(宜生改め歌之助).「二、女暫(おんなしばらく)」.出演:巴御前(七之助),舞台番(松緑),轟坊震斎(松也),手塚太郎(歌昇),紅梅姫(尾上右近),女鯰若菜(児太郎),局唐糸(芝喜松改め梅花),東条八郎(吉之丞),江田源三(亀寿),猪俣平六(亀三郎),成田五郎(男女蔵),清水冠者義高(権十郎),蒲冠者範頼(又五郎).「三、お染 久松 浮塒鷗(うきねのともどり)」.出演:女猿曳(菊之助),お染(児太郎).久松(松也).河竹黙阿弥 作「四、極付 幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)「公平法問諍」」.出演:幡随院長兵衛(橋之助改め芝翫),女房お時(雀右衛門),唐犬権兵衛(又五郎),伊予守源頼義(七之助),極楽十三(国生改め橋之助),雷重五郎(宗生改め福之助),神田弥吉(宜生改め歌之助),下女およし(芝喜松改め梅花),坂田公平(亀三郎),出尻清兵衛(松緑),近藤登之助(東蔵),水野十郎左衛門(菊五郎).
最初の踊りは清新な若者3名の溌剌とした踊り,見て爽やかな達者な踊りだった.
女暫は七之助の思いがけない大音声にまずは吃驚,松也の轟坊は意外な配役,舞台番の松緑が,これは難しい役なのだそうだがうまくこなして儲け役.
浮塒鷗は熟睡して何も判らず.舞台の緊張感が伝わりませんでした.
芝翫の幡随長兵衛はさすがに迫力ある舞台,この人のべらんめえは何言っているか判らないのだが,気迫でカバー.
いつも思うのだが,この芝居終盤は,水野の屋敷を十重二十重に取り囲む無言の町衆(全員松明持っていたらなお良いね)というシーンでは如何であろうか?
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/08

番外:独断的歌舞伎感想文 9月大歌舞伎秀山祭昼の部 碁盤忠信/太刀盗人/一條大蔵譚

日記:2016年9月某日
歌舞伎座で「9月大歌舞伎秀山祭昼の部」を見る.Ichijoohkura_poster
演目は,「右田寅彦 作 松岡亮 補綴 一、碁盤忠信(ごばんただのぶ)」.出演:佐藤忠信(染五郎),塩梅よしのお勘実は呉羽の内侍(菊之助),右平太(歌昇),左源次(萬太郎),万寿姫(新悟),三郎吾(隼人),小車の霊(児太郎),浮橋(宗之助),壬生の小猿(桂三),摺針太郎(由次郎),宇都宮弾正(亀鶴),江間義時(松江),番場の忠太(亀蔵),横川覚範(松緑),小柴入道浄雲(歌六).「岡村柿紅 作 二、太刀盗人(たちぬすびと)」.出演:すっぱの九郎兵衛(又五郎),田舎者万兵衛(錦之助),従者藤内(種之助),目代丁字左衛門(彌十郎).「三、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり) 檜垣 奥殿」.三代目中村吉之丞襲名披露.出演:一條大蔵長成(吉右衛門),吉岡鬼次郎(菊之助),お京(梅枝),八剣勘解由(吉之助改め吉之丞),鳴瀬(京妙),茶亭与一(橘三郎),常盤御前(魁春).
碁盤忠信は話が滅茶苦茶で良く判らない.
冒頭の黙りなどは,出てくる8名ほどのうち物語に関係するのは染五郎・隼人・菊之助くらいなもので,その菊之助の塩梅よしのお勘も,話の本筋には何の関わりもない人物.
染五郎の荒事もいまいちであった.
太刀盗人はいずれも踊りの達者で,見て気持ちが良い.最後にまんまとすっぱが太刀を持ち逃げしていくのも傑作.錦之助も又五郎も良い感じに年を重ねている.
一条大蔵譚は吉右衛門が至芸の演技,前半でお京の舞を見る場面での天真爛漫な阿呆ぶりが,終盤で勘解由を誅殺した後またもとの阿呆に戻る時には,悲哀に満ちた阿呆ぶりに見えてくるのが印象的である.
魁春の常磐御前,京妙の鳴瀬も味わい深かった.中村柴のぶも久しぶりに見て満足.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

番外:独断的歌舞伎感想文 秀山祭9月大歌舞伎 妹背川婦女庭訓 吉野川

日記:2016年9月某日
歌舞伎「妹背川婦女庭訓 吉野川」を見る.Yoshinogawa_poster
出演:大判事清澄(吉右衛門),久我之助(染五郎),腰元桔梗(梅枝),腰元小菊(萬太郎),雛鳥(菊之助),太宰後室定高(玉三郎).
上手・背山の大判事別邸と下手・妹山の定高の家が,交互に障子が開けられそこでのドラマを進めて行く.
また両花道を吉右衛門・玉三郎が進んできて客席越しに声を掛け合う.
こういう構成で舞台が進行するが,途中からは上手・下手はシンクロして共に進行するようになり,最後には声を掛け合い同時進行の舞台となって終了する.観客は吉野川の両岸を俯瞰する立場で舞台を眺めるという,独特な舞台構成が面白い.
大悲劇であり,愛し合う若い男女を,それぞれの父と母が片や切腹させ片や首を打つという,凄惨な結末に終わる物語だが,その悲哀の表現が素晴らしい.
台詞の途切れる場が多く無言の芝居が続くが,張り詰めた緊張感で隙を感じさせない.
最後の場面,今や息子・娘を(死後とは言え)結婚させた大判事と定高が,二人の首を手に見据えるのは,これから共に向かおうとする蘇我入鹿邸への道であろう.
吉右衛門・玉三郎の渾身の演技を満喫した.演ずるのは非常に難しいだろうと思うが,見て良かった.
腰元を演じた梅枝も素晴らしかった.体型から言って,玉三郎の定高には梅枝の雛鳥を当ててはどうだったのだろう.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧