2021/11/19

番外:独断的歌舞伎感想文 吉例顔見世大歌舞伎 第3部 花競忠臣顔見勢

日記:2021年11月某日
歌舞伎座で「吉例顔見世大歌舞伎 第3部」を見る.2111kabukiza_hh1000_e8d42fca71b22da9d810 河竹黙阿弥 作,渡辺霞亭 作,戸部和久 補綴,石川耕士 構成・演出,市川猿之助 演出.「花競忠臣顔見勢(はなくらべぎしのかおみせ) 序幕:第一場 鶴ヶ岡八幡社頭の場 第二場 桃井館奥書院の場 第三場 稲瀬川々端の場 第四場 芸州侯下屋敷の場 第五場 同 門外の場,大詰:第一場 槌谷邸奥座敷の場 第二場 高家奥庭泉水の場 第三場 元の槌谷邸の場  第四場 花水橋引揚げの場」.出演:顔世御前後に葉泉院/大鷲文吾(尾上右近),河瀬六弥(歌之助),源蔵姉おさみ(笑也),高師直/戸田の局/河雲松柳亭(猿之助),晋其角(猿弥),大星由良之助(歌昇),井浪伴左衛門(錦吾),桃井若狭之助/清水大学(幸四郎),足利直義/お園(新悟),寺岡平右衛門(宗之助),大星力弥(鷹之資),塩冶判官/槌谷主税(隼人),龍田新左衛門(廣太郎),赤垣源蔵(中村福之助),小浪(米吉).
若手中心に黙阿弥の「十二時忠臣蔵」を編集した,忠臣蔵の外伝.討ち入りの前4日間の出来事を5つのエピソードにまとめ,クライマックスに討ち入りと引き揚げを配した.若手が伸び伸びと忠臣蔵のお役を務めて,なかなか楽しい舞台.
中でも序幕第四場,右近の葉泉院と歌昇の由良助の芝居が,双方寡黙な演技ながら気持ちがよく伝わり,感銘を受けた.右近は5月の三人吉三や10月の八百屋お七の好調が続いている感じ.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/11/12

番外:独断的歌舞伎感想文 国立劇場令和3年11月歌舞伎公演 一谷嫩軍記

日記:2021年11月某日
国立劇場で,令和3年11月歌舞伎公演『一谷嫩軍記』を見る.2021_11kabuki_hon_f_rev
並木宗輔=作,国立劇場美術係=美術.「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき) 二幕:序幕 御影浜浜辺の場,二幕目 生田森熊谷陣屋の場」.出演:熊谷次郎直実(中村芝翫),源義経(中村錦之助),梶原平次景高(中村松江),経盛室藤の方(中村児太郎),堤軍次(中村橋之助),亀井六郎(市村竹松),片岡八郎(市川男寅),伊勢三郎(中村玉太郎),駿河次郎(中村吉之丞),庄屋孫右衛門(中村寿治郎),番場の忠太(中村亀鶴),熊谷妻相模(片岡孝太郎),白毫の弥陀六実ハ弥平兵衛宗清(中村鴈治郎).
芝翫襲名時の熊谷陣屋は残念ながら見ていない.今回は序幕に御影浜浜辺の場を加え,熊谷陣屋の場も冒頭から演じる.芝翫型の熊谷陣屋を堪能した.2021_11kabuki_hon_f_rev3
いつも思うのだが,この芝居で熊谷妻相模ほど気の毒な人はいない.はるばる戦場まで尋ね来て,息子小次郎は息災と聞かされたのに,敦盛として出された首はなんと小次郎,それのみならず夫は世をはかなんでさっさと出家し去っていく.残された相模はたまったものではない.
しかしこの芝翫型では小次郎の首を抱え嘆き悲しむ相模に,熊谷が寄り添いその肩を抱える場面がある.この場面に感銘を受けた.芝翫の熊谷は迫力充分,見応えある舞台だった.鴈治郎の弥陀六も素晴らしい.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/11/05

番外:独断的歌舞伎感想文 吉例顔見世大歌舞伎 第二部 寿曽我対面/連獅子

日記:2021年11月某日
歌舞伎座で「吉例顔見世大歌舞伎 第二部」を見る.2111kabukiza_soganotaimen_poster-1635477
十世 坂東三津五郎七回忌追善狂言.「一、寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」.出演:工藤左衛門祐経(菊五郎),曽我五郎時致(巳之助),曽我十郎祐成(時蔵),小林朝比奈(松緑),八幡三郎(彦三郎),梶原平次景高(坂東亀蔵),化粧坂少将(梅枝),秦野四郎(萬太郎),近江小藤太(権十郎),梶原平三景時(團蔵),大磯の虎(雀右衛門),鬼王新左衛門(左團次),後見(秀調).河竹黙阿弥 作.「二、連獅子(れんじし)」.出演:狂言師右近後に親獅子の精(仁左衛門),狂言師左近後に仔獅子の精(千之助),浄土僧専念(門之助),法華僧日門(又五郎).
寿曽我対面は,巳之助の颯爽たる曽我五郎ぶりが目に焼き付く.巳之助ももう32歳,そうそうたるお歴々と渡り合っての堂々たる舞台は感慨深い.松緑の朝比奈は初めて見たがこれも素敵.2111kabukiza_renjishi_poster163574917674
一方の連獅子も,仁左衛門・千之助の踊りからにじみ出る親獅子・子獅子の情愛が理屈抜きに感じられて感銘的だった.仁左衛門の奮闘はもとより,20歳になった千之助のきりっとした子獅子が誠に美しい.このところ見ている連獅子(猿之助・團子,勘九郎・勘太郎ら)にはずれなし.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/10/21

番外:独断的歌舞伎感想文 十月大歌舞伎 第一部 小平次外伝/俄獅子

日記:2021年10月某日
歌舞伎座で十月大歌舞伎第1部を見る.2110kabukiza_h_0ccd5a8a9ca3c7f24e3294fdd 
四世鶴屋南北 作「彩入御伽草」より.奈河彰輔 脚本,石川耕士 補綴・演出,市川猿翁 演出.三代猿之助四十八撰の内.「一、天竺徳兵衛新噺(てんじくとくべえいまようばなし) 小平次外伝」.出演:小平次/女房おとわ(猿之助),馬士多九郎(巳之助),妹おまき(米吉),奴磯平(男寅),百姓正作(橘三郎),庄屋満寿兵衛(寿猿),尾形十郎(松也).「二、俄獅子(にわかじし)」.出演:鳶頭(松也),芸者(新悟),芸者(笑也).
小平次外伝はコンパクトにまとまった怪談物.旅先から戻った小平次が不倫した女房と間男の多九郎に殺され,幽霊となって恨みを晴らすというメインに,かっての主筋の侍尾形十郎と彼に一目ぼれした小平次の妹おまきが絡む.話としては食い足りない部分があるが,猿之助の早変わりと幽霊の空中浮遊はなかなか見もの.でも天竺徳兵衛という登場人物はいない,どうなっているのか.
俄獅子は鳶頭が芸者2人ときらびやかに踊る.こちらも松也がもててもててという楽しい踊りで,第1部の松也は持てっぱなし.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/10/15

番外:独断的歌舞伎感想文 十月大歌舞伎 第三部

日記:2021年10月某日
歌舞伎座で「10月大歌舞伎」第3部を見る.Img_20211015_200312
福森久助 作.「一、松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく) 吉祥院お土砂の場,四ツ木戸火の見櫓の場 浄瑠璃『伊達娘恋緋鹿子』」.出演:紅屋長兵衛(菊五郎),八百屋お七(尾上右近),小姓吉三郎(隼人),丁稚長太(寺嶋眞秀),下女お杉(梅花),長沼六郎(片岡亀蔵),釜屋武兵衛(権十郎),月和上人(團蔵),母おたけ(魁春).六歌仙容彩「二、喜撰(きせん)」.出演:喜撰法師(芝翫),所化(片岡亀蔵),同(松江),同(坂東亀蔵),同(竹松),同(玉太郎),同(橘太郎),同(吉之丞),祇園のお梶(孝太郎).
松竹梅湯島掛額はお土砂の場が今一つ,お土砂を振りかけて出来する爆発的な笑いがもっと欲しかった.一方火の見櫓の場の八百屋お七は息を呑む素晴らしさ.人形振りは動きはブレイクダンスの様でいかにも今風だが,表情の官能的なことはどうだろう.雪の中,真紅の衣装で吉三郎のもとに駆けていく幕切れは圧巻.先日の三人吉三といい,右近の舞台は魅力にあふれている.
喜撰は丁寧な踊りで最後まで飽きずに見た.でも喜撰てこんなにおとなしかったかしら,お梶の方が美しさでも踊りの面白さでも上を行っていた様で,芝翫的にはちょっと残念.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/09/25

番外:独断的歌舞伎感想文 九月大歌舞伎 第二部

日記:2021年9月某日
歌舞伎座で「九月大歌舞伎 第2部」を見る.Img_20210907_103106
「一、近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた) 盛綱陣屋」.出演:佐々木盛綱(幸四郎),高綱妻篝火(雀右衛門),和田兵衛秀盛(錦之助),盛綱妻早瀬(米吉),信楽太郎(隼人),高綱一子小四郎(丑之助),盛綱一子小三郎(亀三郎),北條の臣(吉之丞),北條の臣(宗之助),竹下孫八(廣太郎), 古郡新左衛門( 錦吾), 伊吹藤太(歌昇) , 北條時政(又五郎) , 盛綱母微妙(歌六).「二、女伊達(おんなだて)」.出演:木崎のお光(時蔵),男伊達中之島鳴平(萬太郎),同  淀川の千蔵(種之助).
盛綱陣屋は型通りの進行.幸四郎はこの長い一場を型通り熱演,特に演技の節目に長い間を取っていたのが印象的.この芝居の悲劇性が伝わってくる.歌舞伎界のユーティリティープレイヤー:中村錦之助が和田兵衛を好演,隼人休演中は加えて隼人の役:信楽太郎まで受け持っていたというから吃驚.丑之助はこの子役の難役を好演,歌六の微妙も良かった.
女伊達は時蔵が若手二人を従えて自在の踊り,短いが楽しかった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/09/15

番外:独断的歌舞伎感想文 九月大歌舞伎 第三部 東海道四谷怪談

日記:2021年9月某日
歌舞伎座で「九月大歌舞伎 第三部」を見る.2109kabukiza_yotsuyakaidan_poster1631610 四世鶴屋南北 作.「東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん) 四谷町伊右衛門浪宅の場/伊藤喜兵衛内の場/元の浪宅の場/本所砂村隠亡堀の場」.
出演:お岩/お花(玉三郎),直助権兵衛(松緑),小仏小平/佐藤与茂七(橋之助),お梅(千之助),按摩宅悦(松之助),乳母おまき(歌女之丞),伊藤喜兵衛(片岡亀蔵),後家お弓(萬次郎),民谷伊右衛門(仁左衛門).仁左衛門・玉三郎の四谷怪談.
2013年に通しで見た四谷怪談は染五郎(現幸四郎)・菊之助で,菊之助の美しさが際立った.今回の玉三郎も素晴らしい.薬を飲もうと立った時のその立ち姿,宅悦に抱きすくめられた時の女形ならではの繊細な体の線,さらには毒薬を飲んで顔貌が崩れた後の凄惨さが目に残る.
宅悦から事の真相を聞かされて,次第に人間ではなくなっていく様なその変化の恐ろしさも印象的.一方仁左衛門の,そんなお岩にひるまずに立ち向かう悪の美しさも素晴らしい.
隠亡堀で戸板にくくられたお岩・小平が流された後,お花・与茂七に早変わりして伊右衛門・直助と見得を切る幕切れは,錦絵のような美しさだった.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/09/07

番外:独断的歌舞伎感想文 九月大歌舞伎 第一部 お江戸みやげ/須磨の写絵

日記:2021年9月某日
歌舞伎座で「九月大歌舞伎 第一部」を見る.Kabukiza2109_h_608b3602708538409eb7d3043 六世中村歌右衛門二十年祭/七世中村芝翫十年祭.川口松太郎 作・大場正昭 演出.「一、お江戸みやげ(おえどみやげ)」.出演:お辻(芝翫),おゆう(勘九郎),阪東栄紫(七之助),角兵衛獅子兄(中村福之助),角兵衛獅子弟(歌之助),小女みの(玉太郎),女中お長(梅花),お紺(莟玉),鳶頭六三郎(松江),常磐津文字福(福助),常磐津文字辰(東蔵).「二、須磨の写絵(すまのうつしえ) 行平名残の巻」.出演:在原行平(梅玉),海女村雨(児太郎),海女松風(魁春).
お江戸みやげは10年前に三津五郎/翫雀で見たことがある.今回は芝翫/勘九郎のコンビだが,周りを歌右衛門・先代芝翫ゆかりの役者で固め,充実した配役.幕が上がると,脳出血後養生中の福助が床几に腰かけ,茶屋の女中や角兵衛獅子とやり取りした後,歩いて上手にはける.元気な足取りで拍手が起こる.芝翫系のベテラン梅花・芝のぶが良い味で好演,歌右衛門系の東蔵・松江・玉太郎の3代も活躍し,見応えのある舞台だった.
須磨の写絵は2年前に見た梅枝・児太郎の汐汲と同じ趣向.在原行平が加わってきらびやかな踊りだった.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/24

番外:独断的歌舞伎感想文 八月花形歌舞伎 第一部 加賀見山再岩藤

日記:2021年8月某日
「八月花形歌舞伎 第一部」を見る.Img_20210824_104801
河竹黙阿弥 作.奈河彰輔 補綴,石川耕士 補綴・演出,市川猿翁 補綴・演出,市川猿之助 演出.三代猿之助四十八撰の内.「加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ) 岩藤怪異篇 市川猿之助六役早替り相勤め申し候」.出演:多賀大領,御台梅の方,奴伊達平,望月弾正,安田隼人,岩藤の霊(猿之助),鳥居又助(巳之助),安田帯刀(男女蔵),蟹江一角(亀鶴),花園姫(男寅),蟹江主税(鷹之資),局浦風(笑三郎),お柳の方(笑也),花房求女(門之助),二代目中老尾上(雀右衛門).2021_20210903143701
通し狂言・加賀見山再岩藤を見るのは3回目だが,今回は切り詰めたダイジェスト版,筋も演出もかなり変わっている.物語の焦点を岩藤の亡霊とお家騒動に合わせているのに,岩藤がなぜ化けて出るのかが良く判らない.それでも猿之助の鮮やかな早変わりと,それぞれの役の性根を十分表現した演技,スピーディーな展開ながら落ち着いた演出で,見応えのある芝居だった.芝のぶも7月に続き見られてうれしかった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/20

番外:独断的歌舞伎感想文 八月花形歌舞伎 第三部 義賢最期/伊達競曲輪鞘當/三社祭

日記:2021年8月某日
歌舞伎座で「八月花形歌舞伎 第3部」を見る.2108kabukiza_specialposter1629446254206 「一、源平布引滝 義賢最期(よしかたさいご)」.出演:木曽先生義賢(幸四郎),九郎助娘小万(梅枝),下部折平実は多田蔵人(隼人),待宵姫(米吉),太郎吉(小川大晴(奇数日)小川綜真(偶数日)),進野次郎(廣太郎),九郎助(錦吾),矢走兵内(片岡亀蔵),葵御前(高麗蔵).「二、伊達競曲輪鞘當(だてくらべくるわのさやあて)/三社祭(さんじゃまつり)」.出演〈鞘當〉:不破伴左衛門(歌昇),名古屋山三(隼人),茶屋女房お新(新悟).〈三社祭〉:悪玉(染五郎),善玉(團子).2021_20210903142501 義賢最期は幸四郎が大奮闘,幕切れの階段落ちまで,感銘的な舞台.梅枝の小万も魅力的で,小万と言えば新悟,七之助,菊之助,壱太郎,門之助などで見てきたが,梅枝の小万がいちばん記憶に残っている.小万は6年前に姿を消した夫・折平を尋ね当てて来てみたら,折平は実は多田蔵人で,義賢の命で待宵姫と一緒に逃げてしまい,行きがかり上義賢の傍らで獅子奮迅の働きをするという,何とも不思議な役.梅枝が演じるとなぜか腑に落ちる.伊達競曲輪鞘當は題名通りの踊り,3人とも良いが,最後のいいところを新悟が持って行ってしまった.團子(17歳)・染五郎(16歳)の三社祭が楽しい.この若さでなければできない溌剌とした踊りで痛快.舞台を観たときは團子=悪玉,染五郎=善玉と思ったが実は逆だった.21082 にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

より以前の記事一覧